HOME > 28歳職歴なしのフリーターが就職するための4つのポイント

28歳職歴なしのフリーターが就職するための4つのポイント

ポイント

作成

28歳フリーターで職歴なしの人は、そろそろ周りの視線が痛くなってきているのではないでしょうか。

SNSなどをみると、正社員で働き続けてきた同級生が活躍している様子が飛び込んできて、辛い気持ちになったりしていませんか?

確かに、28歳フリーターは、楽観視できない状況ですね。でも、まだ20代という見方もできます。正社員として就職することは決して不可能ではありません。

今の状況をいくら嘆いていても始まらないので、前を向いて、今できることをやるしかありませんね。

そこで、私が採用活動をしてきた経験から、28歳職歴なしフリーターが就職するためのポイントについてご紹介します。

心を入れ替えて就活にのぞもう

生まれ変わるぐらいの気合を入れて、本気で就職成功を目指しましょう。

だらだらとフリーターを続けてきてしまったのであれば、過去の自分が間違っていたと認めて、もうあんな思いは嫌だから後がない状況であると、決意表明しましょう。

頑張ってきたことはあるが上手くいかなかったのであれば、その原因が何であるかはっきりとさせましょう。二度と同じ過ちを繰り返さないためにどうするのかを具体的に示せればよいのです。

過去の失敗は変えられませんが、過去の失敗から学びがあって、今後に活かすことができるならば、その人は期待が持てる人物だと映るでしょう。

例えば、寝坊癖が治せなくて、遅刻の常習犯だったとします。「今後、絶対に遅刻をしないようにしよう」と口で言うことは簡単ですが、具体的にどうするのか決まっていなければ、同じ過ちを繰り返す心配があります。

その場合、「アラームを3つ用意する習慣にして1か月実行しており、今のところ寝坊をしたことは一度もありません」という実行実績を言えたならば、失敗を克服して改善できる人であることが分かります。

28歳の今まで、あなたの良くなかった点はどのようなところでしょうか?

振り返ってその原因を探り、心を入れ替えて、今後どうしていくのかの具体的な行動を考えましょう。

失敗の内容によっては、そう簡単に信用してもらえない場合もありますが、それは仕方ありません。28歳までフリーターを続けてしまったという結果ですので、受け止めるしかないです。

でも、本気で変わろうと努力する姿勢を続けてそれをアピールすれば、期待をかけてくれる人が現れるでしょう。簡単に、状況がよくなることではないですが、意志をもって諦めない姿勢を貫くことが大切です。

選り好みすぎない

スマホで調べる男性
自分に合う仕事につかないと、入社できてもすぐに辞めたくなってしまうかもしれません、それでは意味がないですよね。

なので、理想の働き方をもつことは大切です。自分の特技が活かせることや・興味のある分野など、こだわりを持って仕事探しをすることは大事です。

でも、何一つ嫌のことのない仕事なんてありません。お客様からお叱りを受けたり・ダメ出しをされた何回もやり直したり・納期に振り回されて忙しかったり・・・マイナス面を見つけては、「この仕事はちょっと」と経験していたら、どんな仕事も嫌なことに感じてしまうでしょう。

営業は辛いとか、介護は疲れるなどと選り好みしすぎると、応募してみようと思える求人がどれか分からなくなってしまいます。こだわりは程々にしておきましょう。

例えば、「業界にはこだわるけれど、職種は経験を積むつもりで希望でない仕事にもチャレンジしてみよう」という感じです。

28歳フリーターは、ギリギリ20代ですが、引く手あまたで就職は楽勝という訳ではありません。すでに働いていて成果を上げている年下の正社員もたくさんいるのですから、わがまま言っていないで、目の前にあるチャンスを逃さないように、しっかりとつかみ取りましょう。

未経験OKの求人を狙おう

電話連絡をする女性
できるそぶりを見せて経験者に準ずる形で内定をもらえたとしても、現場に配置されたときに、実際に実務経験がないとその差は歴然です。

嘘にウソを重ねなければいけなくなったり、素直に教えてくださいと言いにくくなってしまったりして、長く働き続けられないと困ります。

また、「飲食店のアルバイト経験しかないから接客業しかできそうにない・・・」というような消極的な理由で選択肢を狭めてしまうこともおすすめできません。

未経験でも応募できる正規社員の仕事はありますので、しっかりと自己分析をして、ずっと働ける仕事として何を頑張っていきたいのかよく考えてみましょう。

どんな仕事でも10年くらい携わっていればそれなりの専門家にはなれます。そう考えると、まだ20代なのですから、10年経っても30代。その先に、40代、50代、とバリバリと働ける時間はたっぷりとあります。

それに、未経験OKという仕事や業界は、一般的に人手不足やこれから発展するのでたくさんの人材を確保しておきたいという、将来のニーズが見込める仕事であることが多いです。

なんとか成長して一人前の仕事ができるようになってほしいと企業から歓迎されて入社できるので、きちんと頑張れば、いい環境で働ける可能性が高いかと思います。

人気の仕事についてしまうと、やりたい人が他にもいるので、競争に勝ち続けて自分のポジションをとられないようにしなければなりませんし、仕事内容の割に給料も割安になりがちです。

このような意味で、将来的な展望も視野に入れながら、仕事探しをすると、未経験OKの求人は、職歴なしの28歳フリーターにおすすめなのです。仕事選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

今すぐ本気で行動しよう

スタートを切る
28歳フリーターで職歴なしの人が就職するためのポイントとして、「心を入れ替えて就活にのぞもう」「選り好みすぎない」「未経験OKの求人を狙おう」の3つをご紹介しましたが、4つ目は、「今すぐ本気で行動しよう」ということに尽きます。

30歳が目前となった今、一日でも早く本気になって、積極的に行動することが大切です。

極端な話、今日より明日のほうが、明日より明後日のほうが就活は難しくなります。

ただし、焦ってとにかく目についた求人に応募するのは逆効果です。

繰り返しになりますが、しっかりと自分に合った仕事探しを考えて、慎重に行動する必要もあります。ブラック企業に引っかかって時間を無駄にするようなミスはしたくないですよね?

そこで、おすすめしたいのが、就活支援サービスを活用した就職方法です。求職者は無料で利用できるものが多く、就活アドバイザーが仕事に対する希望や就職に対する悩みなどをしっかり聞いてくれたうえであなたに合った仕事を紹介してくれます。

一人で就活していたらはまってしまいそうな落とし穴でも、就活のプロがついていれば、未然に防ぐこともできるでしょう。

履歴書の書き方や面接対策も行ってくれるので、うまくいくと数週間で内定をもらえるケースもあるので、自分の強みはコレでこういう会社に就職したい!ということがはっきりとすれば、すぐに就職できるのではないでしょうか。

つまり、就活支援サービスを利用すれば、安心して、しっかりと調べたり考えたりできて、質の高い就活ができるのです。

焦ることはありません。今から本気を出して、自分に合った良い就職先をみつけましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 28歳職歴なしのフリーターが就職するための4つのポイント

こちらの記事も既卒の就活の参考になります