HOME > 26歳フリーターバンドマンの末路は?仕事をしながら続ける方法はないの?

26歳フリーターバンドマンの末路は?仕事をしながら続ける方法はないの?

音楽系フリーター

作成

26歳フリーターでバンド活動をしていて、将来の仕事について迷っていませんか?

ヒット曲を出せて成功したかにみえるミュージシャンでも、売れない時代はバンドを辞めようかどうか悩む人は少なくありません。音楽で成功することは厳しいことなのです。

それでも、フリーターとバンドを続けたならば、その先には厳しい現実が待っています。

しかし、少し考え方を変えてみると、音楽経験を活かしながら、夢を捨てずに、就職するという選択肢もあるのではないでしょうか。

実は、私もバンド活動をしていて、ギャラをもらってステージに立った経験もあります。でも、仕事もきちんとしたかったので、正社員や派遣社員など様々な働き方をしてきました。また、周りには、元バンドマンや現役バンドマンがたくさんいて、様々な仕事と音楽の両立スタイルがあることをみてきています。

そこで、26歳フリーターバンドマンが就職して仕事をしながら、音楽活動も続ける方法についてまとめてみました。

26歳フリーターバンドマンの末路

26歳フリーターが、この先バンド活動を続けることのリスクをピックアップしてみました。

  • 収入が低いので生活が常に苦しい
  • 30代になると、就職が難しくなる
  • 20代の普通の楽しみが満喫できない
  • 病気やけがで働けなくなったら、即、収入が途絶える
  • やりがいのあるアルバイトの仕事は少ない
  • 仕事で達成感や自信を持つことができない
  • 結婚生活や子供を持つことが金銭的に厳しい
  • 社会的信用がなくい
  • ローンを組みにくい
  • 高齢になるとアルバイト先が見つかりにくい
  • 国民年金だけの加入では老後の保障が足りないが、国民年金に加入してないフリーターも多い。その場合、老後も働かなくては収入がゼロになる。

バンド活動は、身体を使うため体力を消耗します。歳を取ると、バイトとの両立は厳しくなってくるでしょう。

自分が病気をしたリ、親の介護の必要ができたりすると、バンド活動はおろか、バイトもできなくなって、生活保護に頼るしかないような末路も容易に想像がつきます。

成功したバンドメンバーの26歳の状況

人気バンドの「シャ乱Q」がヒット曲「シングルベッド」でミリオンセールスを記録したのは、ヴォーカルのつんく♂さんが26歳の時でした。

同じく、人気バンドの「いきものがかり」が初の日本武道館ライブを行ったのは、ヴォーカルの吉岡聖恵さんが26歳の時でした。

音楽関係のブレイクは、10代後半から本格的活動を始めて10年近くが経つ26歳で迎える人も多くいます。

音楽は、一握りの人しか成功をつかめない厳しい世界です。26歳フリーターでバンド活動を続けている人は、このまま続けるかどうかを考えるタイミングかもしれません。

しかし、10代で人気絶頂を迎えるバンドマンもいれば、40代、50代になってブレイクするケースもあります。型にはまらない成功も多いので、自分と比べて落ち込む必要は必ずしもありません。

26歳フリーターから正社員になれるのか?

26歳という年齢は、20代の後半に差し掛かった頃です。高校や大学を卒業して就職した人たちは中堅のポジションになり、会社で活躍をしているでしょう。

しかし、中には、転職をして新しい仕事を始めたばかりの人や、数年勤めた会社を退職して休職中という人もちらほらといる年齢です。

なので、今なら、未経験から正社員に就職することは全然可能です。

けれども、すこし悩み続けてぐずぐずしていると、すぐに、27歳、28歳、29歳となり、30歳になるのはあっという間です。

30歳になると就職は少し難しくなるため、正社員になりたいならば、それまでに、行動しておきたいところです。

まして、バンドマンは、音楽活動に没頭していた分、一般社会の常識を知らない面があります。昼型の生活に慣れる時間も必要でしょう。

それを考えると、早めに就職活動をして正社員となり、30歳になるまでの数年間で、新しい生活スタイルになじめるようにするのがよいかと思います。

バンド活動と両立しやすい仕事とは

どや顔の会社員
バンドマンの就職先として向いている仕事は、音楽業界だけではありません。

例えば、営業職は、お客様のニーズをキャッチすることが仕事です。音楽は、自分の好きな曲を演奏するだけではダメで、聴く人が喜ぶニーズのある曲を演奏する必要があります。需要に合う音楽を供給できるとヒットするのです。

営業技術が身について世の中のニーズがよく分かるようになると、どのようなバンドが人気がでるとか?どのような楽曲が求められているか?ということが分かるかもしれません。

仕事に慣れてきてプライベートを楽しむ余裕もできれば、今とは違った音楽ができる可能性もあるのではないでしょうか?

人生において、無駄な経験はないのです。

また、どのような仕事に就いたとしても、チームで協力する場面はあるでしょう。

様々な考えや立場の人をまとめて一つのことをなしとげる経験は、バンドマスターとしてメンバーを引っ張っていく力を鍛えてくれるのではないでしょうか。

バンド仲が悪くて、練習がはかどらないことはよくありますが、リーダーシップの取り方が身についてきたら、効率よく、しかも各メンバーの良さを引き出す音楽ができるようになるかもしれません。

仕事の経験は、様々な場面において、意外と役に立つものです。

さらに、今の時代、動画をアップできる「youtube」・生配信ができる仮想ライブ空間「SHOWROOM」・音楽でつながるコミュニケーションアプリ「nana」など、発表の場もファンを獲得する方法も充実しています。CDをリリースするのもほんの少しのお金があれば個人で簡単にできます。
音楽サービス

不安定なフリーターをしながら生活を切りつめて音楽活動を続けるよりも、メリハリをつけた生活で仕事は仕事できちんとこなし、安心して音楽活動に取り組む方法も悪くないと思いませんか?

音楽家ではありませんが、ユーチューバーとして大成功しているヒカキンも、動画をアップし始めた最初の頃はスーパーマーケットの店員として働きながら両立させていました。

正社員として働きながら音楽活動をすることは、今や、成功へのスタイルの一つといえるのではないでしょうか。

26歳フリーターバンドマンが就活で気をつけること

26歳フリーターバンドマンが就職活動をする時に一つだけ注意してほしいのは、本気で仕事のことを考えるべきであるということです。

音楽一本で生活していけるような成功をしていないのに、音楽をやりたいから自由な時間を確保したいという考えを優先させて、仕事のことをおざなりにするのはよくありません。
さぼるベーシスト

かっこよく仕事をするために努力している人はたくさんいます。音楽とともにかっこよく生きたいのであれば、何事においても「手を抜く」のはかっこよくないですよね。

仕事と音楽の両方を成功させるように、どちらも本気で取り組まなければ、どちらも成功しない中途半端で最悪な状況に陥ります。

ゲームをしたリ、だらだら遊んだりする時間をなくして、効率的な時間の使い方をしましょう。成功する人は、あれもこれもうまくいきます。

まずは、今できる就活に一生懸命取り組み、正社員になれたら、仕事で一人前になることを目指しましょう。しばらくは、仕事が休みの日に音楽活動をすればいいのです。

音楽は、長時間練習すればいいというものでもありません。環境が変わると、また違った発見があるのではないでしょうか?

音楽が好きで、一生かかわっていきたいと思っているならば、ほんの少しの間音楽と距離を置くことが必要な時期もあるかと思います。活躍しているミュージシャンが充電期間をとって、一時、音楽活動を休止することはよくあります。

正社員をしながら、長く音楽を続けていき、音楽でどのような成功をしたいかは、形が見えてきてから考えればよいのではないでしょうか?そのためにも、安定した正社員の仕事を持つことはプラス要素が大きいです。

おすすめの就活方法

応援してくれるスーツの女性
26歳フリーターバンドマンが就活をする時におすすめしたいのが、就活支援サービスを利用することです。

ヒット曲に理由があるのと同じように、就活で成功するためにはコツをつかむことが必要です。でも、バンドマンにとって一般社会は、なじみのないことや分からないことだらけでしょう。

そんな中で就活をするには、一人で立ち向かうことは無謀すぎます。

就活アドバイザーにサポートしてもらいながら、自分に合った仕事を紹介してもらったり、履歴書の書き方や面接の振る舞い方を教えてもらったほうが、はるかに効率的で、クオリティの高い活動ができます。

例えば、フリーター専門の就活支援サービス「ハタラクティブ 」では、支援実績が6万人以上あり、20代の若者に寄り添ったサポートをしてくれると評判です。未経験でも応募できる求人情報も1000件以上あるので、興味の持てる仕事もいくつかは必ず見つけられるでしょう。しかも、無料で利用できるので安心です。

また、「休みを取りやすい仕事につきたい」などのこだわりも相談できます。

音楽・仕事・人生で成功したい人は、ぜひ相談してみるとよいでしょう。

20代は、人生まだまだこれからです。充実してカッコイイ人生を歩みましょう!

夢追いフリーターの末路はどうなる?夢を追うなら腹をくくれ!



人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 26歳フリーターバンドマンの末路は?仕事をしながら続ける方法はないの?

こちらの記事も既卒の就活の参考になります