HOME > フリーターの将来はどうなるのか?男女別将来予想像

フリーターの将来はどうなるのか?男女別将来予想像

不安な表情の女性

作成

「フリーターの将来はどんな風になるのだろう?フリーターのままで大丈夫なの?」

こういった、不安を抱えている人に向けて、徹底解説します。

この記事を読めば、

「フリーターの将来予想される姿を知り、今何をすべきか」

ということが分かります。

男性フリーターの将来予想像

男女平等が言われるようになってからだいぶたちますが、社会で働くにはまだまだ男性のほうが有利なことが多く、「男性は結婚して女性を養うもの」という考えも根強いです。

そんな中で、フリーターとして生きていく男性には、どのような将来が予想されるのでしょうか。
男性フリーター

仕事や給料が減る

若い人のほうが体力もあり、年下なので指示を出しやすく、労働価値が高くなります。なので、歳を重ねると、高時給で条件のいい仕事が少なくなります。

もしくは、同じ職場で働き続けていても、外国人などもっと安い労働力に仕事を奪われ、勤務時間が減ったり、時給が下がったりすることもあるでしょう。

こうなると、フリーターにとっては、死活問題です。

ほかに働き口がある場合は、ダブルワークやトリプルワークなどバイトを掛け持ちして、労働時間を確保することで、乗り切れることもあります。

特技や人脈をいかして、別の高時給の仕事を見つけられれば、知事的に問題は解決します。

でも、労働時間の短縮や減給は、ある日突然やってきます。今日は大丈夫でも、明日言い渡されるかもしれないのです。この不安はずっとついてまわります。

結婚できるのか?

赤い糸の運命
高給取りの女性と結婚して主夫になるという人もいますが、かなり稀なケースです。

実際は、同年代か年下の女性と結婚することが多いのが実情です。また、相手の経済レベルでみると、自分と同じがそれ以下になる可能性が高いです。

結婚という共同生活をするには、似た様な境遇や価値観の人を選びやすいからです。

さらに、最近は、結婚すること自体難しくなってきています。収入が不安定なフリーターは婚活市場での人気が低いため、一生独身という人も少なくないでしょう。

フリーターが結婚をしたいなら・・・についてはこちらの記事に書きました。
フリーター婚活必勝法!フリーターが結婚したいなら婚活より就活をすべき3つの理由

働きづめの暗黒時代

50代までの健康な男性であれば、力仕事や体力が必要な仕事など、人が嫌がるような内容でも我慢すれば、アルバイト先は確保できるかもしれません。

しかし、一時的な作業要員は、職場を転々とするしかないので、ひたすら働き続けることが必要でしょう。休むとお金が無くなってしまうので、体を駆使しても働かざるをえません。

ストレスもたまるので、ちょっとお金が入ってくると飲みに行ったり、高級品を買ってしまったりして、散財する人が多いように思います。

無駄に高い革ジャンを着て、数週間飲み歩いておしまいです。すぐにお金がなくなって、働きづめの日々に舞い戻り・・・この繰り返し。そういう男性フリーターを何人か知っています。

その日働いてお金を得ることに必死なので、貯金をする思考や知識が身につける余裕もないでしょう。

月30万円位稼げるときがあっても、ずっとそれを維持することは難しいので、常に、仕事とお金の心配がつきない生活です。

孤独になっていく

フリーターは職場の中でも替えがきく要因で、腰掛け的に扱われがちです。仲間として認めてもらいにくいため、親密な人間関係は築きにくくなります。

また、20代のころは独身者も多く、一緒に遊ぶ同級生や地元の仲間がいても、30代、40代となると、結婚して家族をもったり、仕事に打ち込んで別の人間関係ができたりする人が増えます。

フリーターのまま、同じレベルでとどまっていると、気が付くと周りには誰もいない・・・という孤独に陥る不安があります。

恋人もできにくいため、結婚はできず、職場に居づらくなり、相談する相手もいない・・・。こんな状況に耐えられればよいですが、心が折れてしまうと、うつ病など精神疾患をわずらう不安もあります。

布団からでられないなどの重症であれば、先に述べた通り、国のお世話になるしかありません。

かろうじて働ける程度だとしても、孤独や寂しさをすぐに解消する方法はないので、基本的には、耐えるしかありません。

どうしようもなくて、死ぬに死ねず、必死でその日その日を生きるしかないという状況は、かなりつらいものがあるかと思います。

自分の都合で働けなくなる

フリーターに限ったことではありませんが、病気やケガ、家族の介護などは誰にでも起こりえます。
医師の診察

数日ですむものであれば、大した問題ではないでしょう。正社員であれば、有給をつかって、数日入院しても、毎月の給料は変わらずに同額もらえることもあります。

フリーターの場合、自分の都合で働けなければ、その分、もらえる給料は、いつもより少なってしまいます。

でも、ちゃんと貯金をしていれば、少しくらいであれば、何とかなるかもしれませんね。

また、復帰のめどが立たないような重症で、長期療養が必要な場合、正社員でもフリーターでも、職を辞めざるを得ないこともありえます。

この場合、十分に貯金を持っているか?助けてくれる家族がいるか?保険など頼れるサービスを利用できるか?などによって状況が変わってきます。

フリーターの場合、収入が少ないので、貯金や保険はむつかしそうですが、頼れる人がいるかどうかは日頃の人間関係などでカバーできることもありそうです。

ただし、助けてくれるような人がいるならば、もっと以前に、フリーターよりも将来性が安定的な仕事を紹介してくれたり、正社員になるように説教してくれたりしていそうですが・・・。

フリーターの老後の心配については、こちらの記事も参考にどうぞ

フリーターの老後生活予想!老後破産のリスクと不安解消方法

女性フリーターの将来予想像

女性であってもしっかりと働いて自立して生きていく人が増えています。結婚をしても3人に1人は離婚をする時代です。

そんな中で、フリーターとして生きていく女性は、どのような将来予想像が描けるのでしょうか。

見た目が良くてもフリーターはちょっと

うつ状態の女性
「婚活をしてもなかなか相手が見つからない」というのは、もはや、女性フリーターあるあるです。

夢を追いかけていて、一時的にフリーターとなっている人であれば、魅力的に見えて、人生を共に歩んでくれるパートナーが見つかるかもしれません。

しかし、ただなんとなくフリーターを続けている人は、「結婚して養ってもらえばいいや」という魂胆がみえみえです。人気がないのは当然ですね。

結婚するのが難しくなっていると言われていますが、仕事が不安定で定収入の人が人気がないのは、男性だけでなく、女性にも当てはまります。

自分は美人だからモテていると思っていても、寄ってくるのは、顔や体目当ての男性ばかりではありませんか?そういう男性は、歳をとると自然と若い女性に乗り換えていくものです。

どの時代にも絶世の美女はいるものですが、40代、50代になっても、キレイというだけでちやほやされている女性は、いませんよね。それが現実です。

共働きがあたりまえの時代

子供の笑顔
結婚して子供ができた場合、しばらくは育児に専念したとしても、妻も働きに出ることが当たり前となってきています。

夫が高収入ならがよいですが、子供がいてもアルバイトではなく正社員としてバリバリ働く人も珍しくありません。それぐらいしないと、家庭をもって普通の暮らしをしていくためには、お金が必要なのです。

バイトをするにしても、正社員経験のある人のほうが、時給の高い仕事につける可能性が高くなります。

これは、経歴があるからということではなく、仕事のスキルが違ってくるからです。

女性であっても年齢が高くなってくると、バイト内のリーダー的存在となってくれる人材が必要となります。

責任をもって仕事をやってきた経験を持つ人は、時短勤務であっても、パフォーマンスの良い仕事をしてくれることが期待できますので、企業に雇ってもらえる確率が高いでしょう。

しかし、フリーター経験しかない人は、単純作業などしかないなど、できる仕事が限られてきます。

当然、もらえる給料が少ないので、共働きをしても家庭の収入は厳しい状況になることが考えられます。

夫がリストラされる危険性

終身雇用制後は崩壊しています。正社員の男性と結婚できても、夫がいつリストラされるかわかりません。会社が倒産してなくなることもあるでしょう。

そんなときに、妻が簡単なアルバイト経験しかないと、家計は一気に困窮します。

正社員で働いた経験があるならば、いざという時にも就職活動をして、職探しができるでしょう。

しかし、本格的に働いた経験がないと、就職活動をすること自体が恐怖です。かといって、アルバイトを探しても、若い子や能力のある人が優先的に採用されるので、簡単には見つかりません。

働いて稼げないということは、ピンチの時に、愛する夫や子供を守れないということにつながるのです。

フリーター女性の生き方については、こちらに記事にも書きました。

フリーター女性の末路はどうなるの?結婚できる?独身で生きていける?

フリーターの数は年齢ごとに少なくなる?

「フリーターだから将来性が不安」と悩んでいる人は、20代が多いでしょう。

これは、この年代が最もフリーターが多く、今なら、正社員になる道が開けているため、このままでよいのかと迷う気持ちが大きくなるからです。

つまり、「最後のチャンスを、みすみす逃してよいのか?」という悩みですね。

実際、30代・40代となると、フリーターの数は減ります。

50代・60代になると、事業に失敗した人や会社をリストラされる人がフリーターになったりするので、少し増えてきますが、年齢を重ねると、体力の衰えや病気で働けなくなる人も増えてくるため、働いている人の数自体はだんだん減っていきます。

このことから、将来の不安を少なくするには、なるべく若い20代のうちに、自分の目指す方向性を決めることがポイントと言えます。

フリーターの将来性の不安を減らす方法

解決方法!

どんな働き方をしていても不安はありますが、フリーターの場合、困難が多く、誰にでも起こりうるちょっとしたつまずきで、すぐに生活破たんするリスクがあります。

フリーターが将来を不安に思うのは当然ですね。

では、その不安を少しでも軽くするためにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、「もっとお金を稼げるように、今できることを精いっぱいやる」ということです。

フリーターという働き方を選んでいる理由は、将来性のもしもに備えて、精いっぱいの努力をしている結果でしょうか?

自由な時間が欲しいとか、きつい仕事をしたくないなどを優先させてしまっていませんか?

「楽な今」と引き換えに、「将来性の不安」が大きくのしかかっているのです。

まずは、自分にできそうな正社員の仕事を探して、数年かけて理想的な働き方や給料を目指すという方法もあります。

例えば、フリーターの就活に強い「就職・転職ならDYM就職 」に無料登録すると、最短1週間で正社員の内定をもらうことも可能です。フリーターから正社員になることは、ここまで簡単になってきているのです。フリーターとしてある程度仕事ができている人であれば、本気になれば、誰でも正社員になることはできるはずです。

将来性の不安を変える(少なくする)には、自分の今を変える(不安の少ない働き方にする)しかありません。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > フリーターの将来はどうなるのか?男女別将来予想像

こちらの記事も既卒の就活の参考になります