HOME > フリーター婚活必勝法!フリーターが結婚したいなら婚活より就活をすべき3つの理由

フリーター婚活必勝法!フリーターが結婚したいなら婚活より就活をすべき3つの理由

相性が良い

作成

もうすぐ30代になる知人のフリーター女性が、「今、就活と婚活してるんです!」と言ってきました。

いい人がいたら紹介してほしいとのことでしたが、なぜ急に主勝と婚活の両方を始めたのか聞いてみたところ、メインのアルバイト先を辞めて収入が厳しくなり、日雇い労働をしてなんとか生活をしているが、これではまずいと思ったことがきっかけのようです。

将来が不安なので婚活をする気持ちは分かりますが、正直なところ、その生活状況だと、相手を紹介しにくいのです。

「仕事がないので誰か養ってください~」って言っているようなものですよね。

なので、「まずは、就活に専念するように!」と、はっきりと伝えました。

フリーターが同時進行で婚活と婚活をするよりも、まず就活をしたほうが、いい結果を期待できるからです。

フリーターは交際相手ができにくい現実

自分が交際したいと思う理想の相手を考えてみてください。

結婚を視野に入れた交際の場合、生活の安定は大事なことなので、収入が少なくて不安定なフリーターを理想の相手とすることはないでしょう。

「交際相手がどんな職業でもいい」と言えるためには、自分が相手を養えるか、自分一人は十分食べていける収入がないと言えることではありませんよね。

つまり、フリーターをしていると、交際をしてもいいと考えてくれる人が少ないため、交際相手ができにくいのです。

結婚してもお金は必要だから

給料袋からはみ出るお金

結婚してもお金は必要です。結婚したら100%養ってもらうつもりでいるなら、その考えは甘いです。

お金の問題を結婚では解決しようとするのは間違い

1990年頃のバブル崩壊以降、不景気が続いている今の時代は、男性でも一人が生きていく分の収入を得ることも大変で、専業主婦(夫)になれる結婚相手を見つけることはかなり難しいと言えます。

また、3組中1組は離婚するとも言われていますので、結婚できたとしてもいつ離婚する可能性はそこそこあります。離婚されたら生きていけない関係性であると、常に不安が消えず、結婚生活を続けることも難しいのではないでしょうか。

結婚していても独身でも、生活費が必要であることには変わりがないのですから、仕事が不安定なことや収入が低いことの解決策として結婚を考えるのは間違っています。それで結婚できたとしても、本質的なお金の問題解決にはなりません。

なので、金銭面で不安のあるフリーターは、婚活よりもまず就活をして収入を増やすことを考えたほうがいいです。

お金を理由に婚活をすると付け込まれる危険がある

「今の生活が厳しいから」「一人で生きていくのが不安だから」そういう逃げの理由で、結婚相手を探してもいい人に出会える可能性は低いです。

ぶら下がる気満々で交際相手探しをしていることは、相手から搾取しようとしているようにしか見えません。

奪うばかりで与えるものがない人は、同じように、奪おうとする人が寄ってくるものです。

都合の良いときだけ会えればいいという人、見た目や体目的だけで選ぶ人などなど。

一人では生きていけないから結婚したいという弱みは、結婚詐欺師のような悪い人につけ込まれる隙でもあるので、注意が必要です。

頑張っているものがある人は魅力的だから

結婚相手を選ぶ理由は、性格・容姿の好みや趣味が合うか・仕事への理解があるか・収入がどれくらいあるか等様々なポイントがあります。

でも、たくさんの人間がいる中からたった一人の相手を選ぶわけですから、なんとなく心惹かれる人間的な魅力は大事です。

人間的な魅力は、表面的にとりつくろうとしても、その人の考え方や行動があらわれてしまうものです。

つまり、「生活が厳しいから結婚相手助けてほしい」という下心があると魅力的な人と思ってもらいにくいです。

頑張って取り組んでいること・将来の目標は何か?・大事にしていることは何か?・困っている人がいたら何ができるのか?・社会において自立しているか?

男とか女という魅力ではなく、人として、どんな考えを持って、日々どのように生きているのか?という本質が、その人を魅力的にします。

魅力の低い自分でもいいと言ってくれる人を少ない確率の中から探すよりも、多くの人に魅力的だと思ってもらえるように自分の魅力を上げる努力をするほうが、結婚相手を見つけられる確率が上がるのではないでしょうか。

頑張るものの代表的なことが、「仕事」です。世の中のよく立ちたいとか、しっかりと自立した大人になりたいという気持ちをもって仕事をしている人は、それだけで魅力的にみえるものです。

婚活よりも就活のほうが簡単だから

嬉しそうな女性
結婚相手探しは、誰かのナンバーワンにならないと見つけられませんが、就職先探しは一つの企業が何人も採用してくれるので、そこまで難しくありません。

婚活をするよりも先に、まず就職先探しをすれば悩みが一つ減った状態で、心に余裕をもって婚活ができます。

しかも、正社員という立場になるだけで、結婚相手として選んでもらえる人がたくさん増えますので、婚活の成功確率も上がるのです。

二つの心配事を抱えて苦しい状態で活動することは、想像以上に大変なことです。精神的負担もありますが、時間的にもタイトなスケジュールとなり難易度は上がるばかりです。

それに、婚活は、残念ながら相手が見つからない可能性もあります。婚活も就活も失敗すると精神的ダメージも大きいですし、本当に生活に困窮してしまう危険性があります。

婚活に失敗しても、就職先があって働いていければ生きていけます。あきらめたころに結婚相手が見つかったりすることもありますし、婚活していなくてもアプローチされることもあります。

就活は、自分から動かなければ、突然企業から声をかけられることはありませんが、きちんと取り組めば就職先が見つかる人が大多数です。

年齢が若いほど就活しやすい状況もあるので、婚活も大事ですが、まずは就活の悩みを解決するほうが賢明です。

フリーターでもすぐに就職できる方法

フリーターから就職することは難しいと思っている人もいるようですが、働いてくれる人を探している企業はたくさんあるので、スムーズにいった場合、数週間で内定がもらえることもあります。

例えば、既卒・フリーターの就活に強いの就活支援サービス「就職・転職ならDYM就職 」なら、登録してから最短1週間で内定をもらうことも可能です。

早く正社員になりたいならば、就活支援サービスを利用するのが断然有利です。

就活コンサルタントが、合う仕事を紹介してくれますし、面接での振る舞い方や履歴書の書き方など、何を気をつければよいかについてもアドバイスしてくれます。

無駄な努力や間違ったことに時間を使って遠回りすることなく、必要なことに正しい方向で取り組めるので、結果が早くついてくるのです。

早く就職できれば、すぐに婚活もはじめられます。

フリーターが結婚したいならば、まずは就活に専念して仕事の不安をなくし、より魅力的な自分になって、素敵な結婚相手を探しましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > フリーター婚活必勝法!フリーターが結婚したいなら婚活より就活をすべき3つの理由

こちらの記事も既卒の就活の参考になります