HOME > フリーターで妻子持ちの人っている?とある家族の形

フリーターで妻子持ちの人っている?とある家族の形

夫と妻と子

作成

奥さんと子供がいて、旦那さんがフリーターやっているというケースを2つ紹介します。

奥さんが高給取り

家庭の収入は、必ずしも夫がメインで、妻がサブである必要はありません。

50代でながらくフリーターをしているAさんの奥さんは一流企業の正社員。都内にマンションを購入し、お子さんは大学生。

時々家族旅行に行ったりして仲良く暮らしています。

当面の生活費についての心配はないようですが、家の中でAさんの立場はあまりなく、精神的には辛いことも多いようです。

家事は手伝ってはいますが、料理のおいしさや掃除のきれいさで妻には勝てず、何をやっても自分はダメだ・・・という気持ちは拭い去れないとのこと。

妻に愛想をつかされなければ、幸せに生きていくことができそうですが、いつ離婚を切り出されやしないかと、常に不安が付きまとう毎日だそうです。

子供よりも夢を選んだ人生

音楽系フリーター
40代で様々な仕事をかけもって忙しく働くBさんは、フリーター同士のできちゃった結婚でしたが、子供ができてからも夢があきらめきれず、収入の良さや安定を重視した仕事には就かずに夢を追いかけていました。

「子供っぽい性格が治らなくて、お金の計算も苦手」と自己分析しており、仕事が長続きしないことと、入ってきたお金をすぐに自分のことのために使ってしまいます。

結局、奥さんから離婚を突き付けられ、別居生活へ・・・。

幸い、数か月に1回は子供と会える機会をもらえていますが、変わらない生活と、夢の実現もできない自分がみじめに感じるとのことです。

フリーターで妻子持ちは可能か?

はつらつと働くサラリーマン
物理的には、フリーターで妻子持ちは可能です。

奥さんに理解があったり、家庭単位で見たときに収入の確保ができていれば、子供を育てていくことはできます。

家事や子育て、子供の行事など、自由な時間が多いほうが取り組みやすいこともありますので、夫婦でうまく分担できれば、旦那さんがフリーターでもやっていけるでしょう。

しかし、今の日本は男社会です。「男は外で働くもの。正社員で働くことが普通。」という考え方が強くあります。

収入、世間の目、家庭の役割分担、子供との関係などなど・・・。プレッシャーやストレスになることがたくさんあります。

これに逆行することは、様々な苦労を伴いますが、男の人がちょっと頑張って正社員として就職すれば、多くの問題が簡単に解決することもあるのです。

家庭でよく話し合い、自分たちのスタイルでやっていけるのならば、妻子持ちフリーターも絶対に不可能ではないですが、先入観で、旦那さんが正社員になることを避けているのならば、正社員をやりながら家庭も両立できる方法がないか求人情報を探してみるほうが、幸せへの近道かもしれません。

就活を始めるならば、フリーター専門の就活支援サービスを利用することをおすすめします。
未経験でもOKの求人情報が多数ありますので、アルバイト経験しかない人でも、仕事がみつけやすいからです。

また、就活アドバイザーがあなたにあった仕事を紹介してくれるので、就活のやり方がよく分からなくても、相談しながら仕事探しができます。子育ての時間を確保するために、残業の少ない仕事や休みの取りやすい会社を探すこともできますので、まずは、無料登録してみるとよいでしょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > フリーターで妻子持ちの人っている?とある家族の形

こちらの記事も既卒の就活の参考になります