HOME > フリーター何歳まで(いつまで)やりますか?「許される」の賞味期限

フリーター何歳まで(いつまで)やりますか?「許される」の賞味期限

たたずむおじさん

作成

フリーターは何歳まででも、いつまででも続けられます。

時給が安くなるとか、いい仕事がなくなることはありますが、人不足の現代社会では、「まったく仕事がない」ということはないでしょう。

一方、正社員には定年があります。60歳とか65歳までで辞める人が多いです。また、自分ではいつ(何歳)までと決めていなくても、体を壊したりすれば辞めなければいけないこともあるでしょう。

正社員を辞めた後、フリーターとして働く人もいますね。転職の間のつなぎとしてフリーターになる人もいます。

つまり、フリーターは仕事につきやすい簡単なポジションなのです。そのかわり、待遇や収入においては、正社員よりも劣る、割のよくない仕事といえます。

20代のフリーター

社会的に許されるかどうかの観点で見ると、20代のフリーターは、「20代で若いから」という見方もできますが、その言葉を鵜呑みにすると危険です。

年齢というよりも、フリーター歴が何年あるかということで、正社員へ脱出することの精神的難易度が上がってくるからです。

フリーターには、正社員の定年のような「いつまで」がないので、ずるずるとその働き方に慣れてしまうのです。

フリーター歴の長い人は、正社員になる気がないのかな?と思われますので、注意が必要です。

30代のフリーター

若いフリーター男性
30代でフリーターをしている人は、夢追い人で本業では食べでいけないため実質フリーターという人がよくいます。

この場合、一発逆転や夢がかなうことがあり得ますが、正社員に方向転換するならば、早めの決断が有効的です。

一方、フリーター生活に行き詰まりを感じている人の場合、引きこもりになったり、病気や介護をきっかけにどん底生活に陥ったりと、人生の波乱がおこるケースも見られるころです。

40代のフリーター

この年代になると、若いころからずっとフリーターを続けている人は少なくなります。

正社員になったことはあるけれど、フリーターに逆戻りしたとか、転職のつなぎ目でフリーターになってしまったとか、家庭の事情などでフルタイムの仕事ができなくなったなどのケースがよくみられます。

そうです。長いフリーター生活の中で、正社員へチャレンジする人は結構います。やはり、どうせ働くなら、待遇や収入のよい働き方をしたいのは当然です。

しかし、年齢を重ねるとむつかしくなるというのは、40代のフリーター事情によくあらわれています。

40代にもなると、フリーターから正社員になることはむつかしくなり、なりたくてもなれない状況になっていくのです。

50代以上のフリーター

中高年男性
50代ともなると、リストラ対象や早期退職勧告など正社員として働いてきた人がフリーターになるケースも見られます。

もはや、これから正社員になるというのは、かなりむつかしいといえますね。

正社員で働いてきて貯金や年金があるならば、フリーター生活は成り立つかもしれませんが、ハードな仕事が年齢的にできなくなると、ずっとフリータだけをしてきた人は、計画的に貯金をしていないと厳しい状況になってしまうかもしれません。

フリータは何歳まで(いつまで)続けるのがよいか?

「フリーターを辞めようかな?」そう思う気持ちが少しでもあるなら、なるべく早い段階で、正社員などほかの仕事にチャレンジすることがベストです。

フリーターでいるメリットは、「自由で気楽でいられること」です。

不安定で、条件も悪いというデメリットが大きいのですが、迷いがあるなら、とどまっている理由はありません。

20代でも、30代でも、40代でも、50代でも、正社員になれる可能性はゼロではありません。

ただし、本人が本当にやる気を持たなければ、うまくいかないでしょう。

「思い切って挑戦しよう!」そういう気持ちがあれば、大丈夫です。

一般的な就職活動では、新卒対象の求人募集しかありませんが、世の中に会社はたくさんあります。

既卒でフリーターをしている人を求めている企業もあるのです。

だから、そういう情報をキャッチして就活をすすめれば、フリーターから正社員になる道は、しっかりとあるのです。

別の人生にチャレンジしてみよう

フリーターにとって「いつまで」という期限はありません。

稼げるお金の範囲内で生活ができるのならば、いつまででもフリーターでいることは、理論的には可能です。

涙する男性
でも、不安・惨めさや楽しさの面から、心が限界を迎えるのではないでしょうか。

「ずっとフリーターのままでよいのだろうか・・・」という考えがでてきて、別の人生にチャレンジする人が多いように思います。

あなたも、こういう思いが少しはあるので、この記事にたどりついたのではないでしょうか?

家庭の事情や健康上の問題などで、どうしてもフリーターでいなければならない理由があるわけではないのに、なんとなくとか楽だからという理由で、ずーっとフリーターだけを続けるということは、あとで後悔することになります。

なぜなら、正社員になろうと思っても、年齢を重ねるほどなりにくくなるからです。

チャンスやきっかけは、いつでもすぐそこにいてくれるわけではありません。

少しでも、「正社員のほうがいいのかな?」「正社員ってどんな感じかな?」という興味があるならば、なるべく早いうちに挑戦してみることをおすすめします。

フリーター専門の就活支援サービスもあるので、登録すればあなたに合った仕事を紹介してもらえます。やる気を持って臨めば、フリーターから正社員になることもそこまで難しいことではありません。

それに、もし万が一、嫌になってしまったとしても、いつでもフリーターに戻れるのですから、失うものもないもありません。

時間に余裕があるならば、まずはできることから行動してみるとよいでしょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > フリーター何歳まで(いつまで)やりますか?「許される」の賞味期限

こちらの記事も既卒の就活の参考になります