HOME > 既卒が県外で就職する方法!地方と都心の感覚の違いにびっくり

既卒が県外で就職する方法!地方と都心の感覚の違いにびっくり

東京の会社へ向かう駅

作成

既卒になってしまい、田舎に帰ってフリーターを続けてしまった。
県外で就職をしたいけどどうしたらいいのだろう・・・。
そんな風に悩んでいますか?

田舎って、いちど引きこもってしまうと、交通の便の悪さや周囲の目が気になることからフットワークが重くなり、田舎の人の考え方や常識に染まっていくので、閉鎖的になってしまいがちです。わたしも、田舎出身なので、よくわかります。

田舎では、「新卒ですんなりといい就職先につく」以外の生き方が否定されている気がしてしまい、希望が持てなくなってしまうんですよね。

でも、既卒でも、田舎を出て県外へ就職する方法はあります。フリーターから正社員になって活躍している人なんて、世の中にはたくさんいるんです。

しかも、以前に比べると、様々なサービスの登場によって、フリーターや既卒の就活は、環境的にも整ってきています。やる気があれば、方法はたくさん見えてくるのです。

パソコンでの情報収集は必須

パソコン
地方に在住しながら都心の求人情報を探すには、パソコンでインターネットを使っての情報収集が力を発揮してくれます。

ネットでみれる情報は田舎でも都会でも同じです。検索方法を駆使すれば、田舎にいながら、深い情報を得ることもできるのです。

求人情報だけでなく、都心で一人暮らしをしながら働いている人たちの様子が分かる様なブログやfacebookなどについても、イメージを膨らませる意味で読んでみるといいですね。

都会では、色々な人が生活をしているので、既卒はめずらしいことではありませんし、夢の為に超貧乏暮らしをしている人もたくさんいます。

まずは、田舎の常識に縛られた「精神的田舎ブロック」を外すために、情報収集をして、自分が、都会でバリバリと働いている姿をイメージしましょう。

求人情報サイトの中でも、既卒専門の ハタラクティブ では、地方在住の旨を伝えることで、上京時の面接日程を調節してくれたりします。

企業の都心集中が進んでいるので、地方出身者が東京近郊で働きたいのはごく当然のことですし、実際に働いている人たちの中には地方出身者がたくさんいますので、まったく気にすることはありません。

同郷の人がいると、いっそう、親身になって面倒を見てもらえる可能性があることも地方出身の強みです。勇気を出して行動してみてくださいね。

東京と東京近郊はまた違う

東京というと、新宿・渋谷・銀座・赤坂・六本木・青山等の地名を連想することも多いでしょう。

これらの一等地にある会社は、一流会社も多く、正攻法でみると、新卒しか募集をしていないような企業も多くあります。

しかし、都心にも中小企業もありますし、都心から1~2時間電車で離れると、東京郊外や、神奈川県、千葉県、埼玉県などに企業はたくさんあります。

この東京近郊エリアは、都心に比べるとだいぶのどかな雰囲気で、社宅を用意するような土地の余裕があったり、畑が広がる環境で、生活費がそれほど高くないところもあります。

「東京で一人暮らしをして働いている!」と言っている人の多くが、実は東京近郊だったりすることは、有名な話です。

東京郊外の賃貸住宅のワンルームなら、家賃3~4万円で借りられるところもたくさんあります。若くて健康であれば、全然暮らしていけますね。

ただし、なんの当てもなく上京して、フリーターや日雇いの仕事でつなぎながら就活をすることは、なかなか厳しい道と思われます。

無計画な上京をすることは、就活ではあまりいい印象を持たれないので、出来る限りの情報収集や、地方在住でもできるネットでの就活をやり切ったうえで、マンスリーマンションや高速バスなどを使って、コストを抑えながら上手に就活するのがよいでしょう。

隣人が何者かは知らない

知らない男性
田舎で暮らすことの辛さのひとつは、周囲の目ではないでしょうか?

近所のおじさんやおばさん、同級生や親せきなど、知り合いがいることは心強くもありますが、既卒で就職先が決まっていない身としては、存在を知られていること自体が辛い気持ちになるものです。

「〇〇さんちの長男、まだアルバイトしているらしいわよ~」などと言われているような気がして、息苦しさを感じることもあるでしょう。

近所の人の目が気になって、引きこもりになってしまったり、うつ病など精神的ダメージによって、外出ができなくなってしまっても困ります。

しかし、都会に出てくると、周りは自分のことを知らない人だらけです。

いろいろな生活スタイルの人が生活をしているので、平日にふらっと出歩いていても、おかしな目で見てくる人はほとんどいません。

また、隣に住んでいる人がどんな仕事をしているかなんて知らないものなので、引け目を感じる必要はありません。

人間関係が希薄な社会とも言われますが、既卒の就活で再スタートを切りたいならば、思い切って、田舎から都会に出てきて、人目を気にせず頑張って、会社でしっかりと新しい人間関係を作っていくのも一つの方法です。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 既卒が県外で就職する方法!地方と都心の感覚の違いにびっくり

こちらの記事も既卒の就活の参考になります