なんでこんなに苦しいの?既卒就活の苦しさの原因はコレ

苦しい表情の就活生

作成

学生時代に就職先が見つからず既卒になってしまって就活を続ける人の中には、苦しい気持ちを持っている人が多くいるようです。

なかなか内定をもらえない辛さに加えて、学生ではないが社会人とは堂々と言えない宙ぶらりんな状態からくる心細さや、すでに働いている同級生においていかれるような不安など、少し考えるだけでも様々な苦しさが想像されます。

おいていかれているという幻想

新卒で就職できなかったことで人生に後れを取ってしまったと考えていませんか?それは全くの幻想です。

先に入社して、早く課長になった方が何かいいことがあるのでしょうか?

中間管理職って大変ですし、どんな上司や部下をもって、経済情勢のどのタイミングでどんなポジションで仕事をしているかによって、状況は色々変わります。先のほうがいいなんていう保証はありません。

人生のゴール
そもそも、人生のゴールは、「先」にはありません。
なので、人生のイベントをミスなくこなして、生き急ぐ必要はないのです。

同級生に負けないようにとか、よくある社会人像を目指しているなら、そんなものは亡霊です。

そんな実態のないものと競走をしていては、「追いついた」と思っても、給料・恋人・持ち物・家などのくだらないステータスで勝っただの負けただのを永遠に繰り返すことが目に見えています。

おいていかれているようで苦しいと感じているなら、就職が決まっても別の何かを理由に、また引け目を感じて苦しくなる時が訪れます。

そうならない為には、今、苦しさを感じないように、考え方を変えていく必要があります。

一足早く企業で働くこともよいですが、考え方を変化させることも同じように大事な事だと思います。

就職が決まらない人は駄目人間であるという勘違い

内定をもらえた人は企業から認められた優秀な人材のような気がしてしまいます。

となると、内定をもらえず既卒で就活を続けることは、誰からも認められない価値のない人間だと・・・。これは全くの勘違いです。

企業が採用を決める理由は、社風にあってる人や言う事をきいて指示通り働いてくれそうな人です。
あとは、英語力とか学部の種類など、たまたまその時必要なスキルや基礎知識を持っている人です。

優劣の差とか価値があるかないとということではなく、単なる、特徴が合致したというだけです。

内定が決まった人の中には、内気な人、頑固な人、自分勝手な人など、色々な特徴や性格を持った人がいます。

彼らは、たまたま、そういう人に働いてほしいという企業と出会ったのです。あなたと比べて彼らが優秀だったわけではありません。

既卒就活の苦しさを軽減させる考え方

落ち込んでいる男性
どこかの会社に属していないと「社会人」としての後ろめたさを感じる人は多いかもしれません。

でも、買物などで消費をすれば、(それが親からもらったお金であっても)立派な社会参加です。税金などは、納付している意識がなくても天引きされていたり、支払い料金に含まれていたりします。知らないうちに社会参加しているのです。近所を歩いて知り合いに挨拶したり、SNSに書きこんだり・・・働いていなくても、存在しているだけで立派な社会人です。

社会人というのは、学生と違って多種多様です。年代も幅広く、毎日の生活スタイルも人それぞれです。

学校を卒業して多くの人と同じように会社に就職するというスタイルをとると、それがスタンダードが気がしますが、実は、世界はもっと多様なのです。

働き出してしばらくすると、仕事内容の違い、待遇の違いや私生活における変化など、「人それぞれ」であることに、徐々に気が付きます。

既卒の就活をする人は、そういう違いに、いち早く直面してしまったというだけのことなのです。

また、人生における苦しさは、人それぞれ訪れる時期が違います。苦しさの種類も大きさも違います。就活に悩まない人もいれば、新卒で就活する人・既卒で就活する人・就活しない人・それぞれです。

だから、人と比べたり、自分の思ったようにならないことを「苦しい」と感じて、落ち込んだり悩んだりしすぎることはナンセンスではないでしょうか?

「あー自分は既卒就活パターンかぁ」と、他人事のように、自分の人生の成り行きを眺め、身をゆだねるような気持ちで楽しむのもいいかもしれません。

こんな感じで、力を抜いて、目の前のことにシンプルに取り組むことができれば、自然体のあなたの良さを、就活で伝えられるでしょう。

頑張る原動力としての「多少の苦しさ」は薬になりますが、悲観して、精神が萎えてしまうような苦しさは毒薬になってしまいます。

苦しさは、自分の想像力でどんどん増強させることができてしまうので、それは止めて、ほろ苦いビターチョコレート位に、甘さはたもっていきましょう。

お気軽に共有してください

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
ハタラクティブ
20代・未経験の人に最適!

若年層専門の「就活アドバイザー」がいるので相談しやすい就職支援会社「ハタラクティブ」。
厚生労働省認定サービスです。安心して会社選びや将来の不安について相談できます。
ノルマをこなすためにエントリー数を増やそうとする支援会社もありますが、ハタラクティブは、無理な就活はすすめません。人に寄り添って親身にサポートしてくれるので、不安の多い20代に特におすすめです。

  • 支援実績6万人以上
  • 営業求人は3割程度、事務・エンジニアなどまんべんなく多様な職種をご用意
  • 東京、神奈川、埼玉、千葉の求人を扱っている
  • 地方在住でも、東京近郊で働きたい人なら相談に乗ってくれる
  • 未経験OKの求人が1000件以上。しかも、研修制度のある企業が9割なので安心
  • カウンセリングと内定率が1.2倍になる面接対策が無料で受けられる
  • 正社員成功率80.4%の実績
  • 最短で約2週間。平均で約1か月のスピード決定ですぐに正社員になれる
公式サイトを見てみる↓
いい就職.com
質の高い求人情報を探すなら!

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」は、国内最大級の既卒・第二新卒の就職支援会社です。幅広いサポートが受けられ、セミナーなどのサービスも充実しています。離職率の高い企業や募集背景が明確でない求人は掲載していないので、安心感がもてます。

  • 正社員応募できる求人が2000社以上
  • 既卒で就職した人の数は5000人以上という実績あり
  • 東京だけでなく、大阪、名古屋、沖縄にも拠点がある
  • リクルート出身でアジアでも活躍している秋庭氏が設立
  • 就職ガイダンスや就職活動マナー講座で基礎も身につけられる
  • 模擬面接大会、自己アピール完璧セミナーなどでスキルアップできる
公式サイトを見てみる↓
JAIC(ジェイック)
バリバリ働ける仕事!

「ガイアの夜明け」「ワールドビジネスサテライト」などメディアで何回も紹介されている注目の就職支援会社の「ジェイック」。厳選された優良企業を紹介してくれるため、長く安心して働きたい人におすすめです。

  • 就職成功率80.3%
  • 正社員就職支援実績14000人以上
  • 東京、千葉、神奈川、埼玉、愛知、大阪、福岡にて説明会が開催
  • 社会人経験なしでOKの求人あり
  • 書類選考なしで紹介してくれる
  • 就職支援講座が受けられる
  • アフターフォローもあるので入社後の定着率が高い
公式サイトを見てみる↓
既卒の就活トップ > なんでこんなに苦しいの?既卒就活の苦しさの原因はコレ

こちらの記事も既卒の就活の参考になります