HOME > 留学後に既卒で就活を成功させるには?

留学後に既卒で就活を成功させるには?

世界の国旗

作成

大学卒業後に就職をせずに留学をし、帰国後に就活をする場合、既卒者として扱われることが多いです。

在学中の留学とも、一般的な既卒とも少しタイプが違う留学して既卒の人が就活を成功させるためのポイントをまとめてみました。

留学時期を武器に変える

「なぜ在学中に留学をしなかったの?」という質問はよくされるでしょう。

なんとなく学生時代を過ごしてしまって、就職を考えた時に留学しようと思ったというのであれば、なんとなく過ごしてしまったというミスは認めて、留学期間に取り組んだことをアピールするとよいでしょう。

一方、大学時代にも、勉強なり、バイトなり、打ち込んだことがあるのならば、学生時代と留学時代の二つの強みを持っている事となります。

身につけた経験がしっかりと仕事につながることであれば、留学したこと自体は全くマイナスポイントにはなりません。自分を伝えることができれば問題ないでしょう。

就職から逃げて留学した場合

留学に対して目的意識がなく、就職したくなくてとりあえず語学留学をしたというような場合は、気持ちを切り替えて既卒就活に臨む必要があります。

お金を払って留学することはお客様の立場でサービスが受けられます。会社員になることは働いてお金を頂く事なので、立場が全く違い、違う大変さがあります。

国外に出ることは、勇気と行動力が必要な事ですが、学生から社会人になるということもまた、大きく違うことを意識する必要があります。

英語力について

海外の大学キャンパス
グローバル化が進んでいる現代では、帰国子女、バイリンガル、トリリンガルもめずらしい存在ではありません。日本語が完璧な外国人もたくさんいます。

そんな中で、数年の留学経験があることは大したアドバンテージにはならないという事は心にとめておきましょう。

中小企業など、英語を話せる人がほとんどいない会社もたくさんあるので、企業の選び方においては、短期の留学経験が採用の決め手になることもあり得ますが、英語が話せる事と英語で仕事ができることはまた別物です。

留学して身につけた語学力を活かしたいならば、今後の勉強法や、業界・業種選びなどもよく考えて就活をすすめていきましょう。

コミュニケーション力・行動力について

特に短期の留学の場合、英語力よりも、異文化の人とのコミュニケーションや海外での活動内容に基づいた行動力が評価の対象になることがあります。

今どきの英語はパソコンの翻訳ツールを活用することなどで、英語自体が分からなくても経済活動やコミュニケーションが取れるように進んできています。

英語という語学力にこだわるのではなく、留学が自分にとってどのような経験値になったのかをよく振り返ってみると、新たな強みに気づくことがあるかもしれません。

いずれにしても、既卒の就活は狭き門ですので、なるべく多くの企業にアプローチして、希望に合う就職先を探しましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 留学後に既卒で就活を成功させるには?

こちらの記事も既卒の就活の参考になります