HOME > 大卒フリーターの末路と大卒フリーターが正社員になるコツ

大卒フリーターの末路と大卒フリーターが正社員になるコツ

大学

作成

大卒なのにフリーターになってしまった・・・。こんな人って少ないんじゃないか?どうしたらいいのか?と焦っていませんか?

そこで、大卒フリーターの現状や特徴についてまとめてみました。よくある末路について触れながら、大卒フリーターが正社員になるコツをご紹介します。

大卒フリーターって多いの?

大卒フリーターの数って多いのでしょうか?大学を卒業するような人は、みんな有名企業に就職して活躍しているイメージがありますが、実際はそんなことはありません。

私自身、大学を出ましたが、無職の期間もありましたし、有名大学卒でフリーターをしている知人が何人もいます。

そこで、統計データを調べて、学歴ごとにパート・アルバイトで働いている人の割合を示した表を作成してみました。

中学校卒高校卒大卒
男性15.0%10.6%5.9%
女性34.8%28.1%9.8%

参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状」有業・無業状況の学歴別構成比(15-34歳、在学者を除く)の図表

中卒より高卒、高卒より大卒と、学歴が高いほど、フリーターで働いている人の割合は少なくなっていますが、大卒フリーターは、決して珍しい存在ではなく、一定人数が存在していることが分かります。

大卒女性はフリーターになりがち

考え込む女性
先の表では、大卒女性フリーターは少ない印象を受けますが、私の体感としては、大卒女性でも、フリーターになってしまう人はそこそこ多いと思います。特に偏差値の高い大学にこの傾向があるようです。理由は、働くことよりも勉強することが好きな人が多いからでしょう。

私は、やや偏差値が高い大学に通っていたのですが、同級生の女友達には、確かに卒業後、フリーターになる人が多かったです。

具体的には、大学院に進んだり、旅に出たり、在学中から続けている活動に打ち込んだりなどで、就活はせずに、進路がはっきりとしない人がたくさんいました。普通に就活をしていた人のほうが少ないくらいだったかもしれません。

なんとなく、浮世離れしている人も多いのです。家が裕福な人もいたと思いますが、さくっとバイトして好きなことをして、のほほーんとしているように見える人もいました。地頭がいいと余裕があるのでしょうか?

大学に進学する人は、考えたり、自分の意見を持っていたりする人が多いです。なので、学校を卒業したら素直に就職するという考えになれずに、生きる意味とか、やりたいこととか、理想の生活スタイルなどを考えてしまうように思います。

私自身も、就活に苦労して、かなり遅い時期に小さな企業からやっと内定を貰えて就職した経緯があります。あと少しタイミングが遅れていたら、フリーターになるしかなかった状況です。

男社会の日本で、女性は、ただでさえ就職が難しいので、考えて答えが出せず、動けずにいると、大卒であっても就職できずにフリーターとなる人は少なくないでしょう。

大卒フリーターの末路

大学を卒業してフリーターになっても、若いうちは問題なく生きていけます。でも、かれらの人生の末路はどのような出来事が待ち構えているのでしょうか?

私の身の回りの経験談を含めて、ご紹介します。

安定した公務員と結婚する

結婚式
大学卒業後、大学院に進みたいとかで、とりあえずバイトをしながら勉強を続けていたAちゃん。

その後すっかり、音沙汰なかったのですが、10数年後、友人の結婚式で再会したときに、彼女は警察官の旦那さんを見つけていて、すでに子供までいて幸せそうにしていました。

大学院は行かなかったみたいですが、フリーター以前に、何をしていたのかも不明なグダグダっぷりです。

今思えば、当時はすごいと思っていた彼女の英語力も、社会に出れば珍しくありません。仕事として重宝されるスキルという訳ではなかったんですよね。

勉強が好きで、成績優秀な人が、必ずしも社会で必要とされて活躍できるとは限らないのです。

それでも、早めに結婚相手を見つけられたことが吉と出たのでしょうか?さすがに高学歴なので、したたかに、人生設計は考えていたんだろうなぁと思いました。とりあえず、幸せそうだったので何よりです。

零細企業を起業して多忙な日々をおくる

小さな会社内風景
ビジネスアイデアと仲間がいれば起業はそれほど難しいことではありません。大卒ならちょっと考えればひらめくことはあるでしょうし、学生時代のつながりから考えの近い仲間も集めやすいでしょう。サークルのノリで会社を起業する人もよくいます。

元予備校講師でタレントの林修さんも、就職した銀行を5か月で退社し、フリーターのような生活を続ける中で、IT会社を起業して失敗したりしています。

起業をするひとはたくさんいますが、起業成功率は6%とか、創業して3年で90%が倒産するなどの数字がいわれています。起業しても、その後ずっと会社を続けられる人はごくわずかなので、厳しい選択であることは確かでしょう。

奨学金の返済に追われる

逃げられないサラリーマン
大卒者限定で心配されるのが、多額の奨学金の存在です。人によっては1000万円近い返済額になることもあり、4割以上の人が利用していて、平均返済額は300万円近いというデータもあります。
参考:4割以上の人が活用した奨学金、返済額は平均288万、完済までは約16年(マイナビ)

奨学金とは、聞こえのいい言葉ですが、内容は借金と同じです。数百万円の借金を返済しなくてはならないのならば、なるべく安定した職業を得て、地道に返していくしかありません。

フリーターになってしまうと、お金のねん出に苦労しますので、生活破たん・生活保護など、暗い未来がちらつきます。

参考ブログ:大卒フリーターの独り言
国立大学(旧帝大)を卒業したくせに就職も進学もしなかった残念な人間のブログ。とりあえず夢を追ってみている。 大卒後、ニートからフリーターになり、お金貯めて留学してみた。海外に来た今でも基本的にはひきこもり。 バイト歴→インストラクター、薬局店員、家庭教師、WEBデザイナー、ホスト、カフェ店員、配送業、AD、フリーランス・・・

今は正社員として働いていらっしゃるようです。

大卒フリーターから正社員になるには?

大卒フリーターの末路には、悲惨な将来の影も見えます。

大学で勉強をしていた分、年も取っているのですから、早くフリーターから脱出して正社員になれるとよいですよね。

そこで、大卒フリーターが正社員にいなる為のポイントをまとめました。

引け目を感じるのは辞めよう

頭を抱える男性
大卒フリーターは、「大学を卒業したのにフリーターなんて・・・」という引け目を感じていたり、人として問題があるから就職できなかったのでは・・・?と必要以上に身構えてしまうことがあるでしょう。

でも、いまどき、大卒フリーターは珍しくもないので、前向きに考えましょう。

そして、とにかく、生活を安定させることは大事ですので、早めに就職活動に取り組むことをおすすめします。年齢が若いほど就職はしやすいからです。

正社員になっても、自分の時間が全く取れないわけではありません。趣味を充実させたり、ステップアップして様々な生き方をしている人もたくさんいるので、まずは働いてみるのがよいと思います。

大卒というプライドは捨てよう

どや顔の男
大卒フリーターは高卒や中卒とは違う。自分は仕事ができるはずだから、フリーターをしていてもいい話が舞い込んでくるはずだ!そんな風に思っているなら、くだらないプライドは捨てたほうが得策です。

確かに、大卒という価値はありますが、世の中は学歴だけで成功が決まるわけではありません。

中卒でも大会社の社長になる人もいますし、高卒でも世界で活躍してい人もいます。

他人の姿を見て、学んだり参考にすることはあっても、見下したりしているならば、その人のほうがよっぽど馬鹿です。

社会で働いて生きていくことの本質が分かっていません。

有能な人ほど謙虚でどんなことからも学ぼうとします。

どんな仕事を始めるにしても、一番下っ端から始めるのです。

頭角をあらわせる人は、そういう仕事にもいかに真剣に取り組めるかで分かります。

アルバイトのままだと、お手伝い仕事しかできず、一番下っ端の仕事すらできません。

まずは、プライドを捨てて、一からスタートを切れる正社員になりましょう。

大卒らしい謙虚で誠実な仕事ができれば、活躍の場はどんどん広げられるはずです。

勉強経験を活かして上手に就活しよう

勉強中
転職するのも当たり前の世の中です。嫌だったら辞めればいいですし、やめたら今の生活に戻るだけです。そこからまたいい会社を探して選べばいいだけですから、何も怖いものはないはずです。どんな経験でも、ないよりはあるほうが役に立ちます。

受験勉強を乗り切った経験がある大卒者ならわかると思いますが、就活は、テスト勉強と同じで、やり方があります。

企業選び・履歴書の書き方・志望動機のまとめかたなどには、就活独特の癖があるので、コツがつかめないと、高学歴の人でも苦労するのです。

つまり、コツさえつかめば、就活はそれほど難しいものではないともいえます。

なので、上手に就活をするには、就活支援サービスを利用するとよいです。

フリーター専門の就活支援サービスであれば、大卒フリーターのこともよくわかってくれているアドバイザーが在籍しています。

大卒フリーターにも幸せな末路がある

はつらつと働くサラリーマン
大卒者は、理解力や読み書きなどの基本的なポテンシャルが高いので、うまくかみ合えば、重宝されて、楽しく仕事ができる会社が見つけられるでしょう。

正社員経験があれば、起業したり、専門知識を身につけてフリーランスになる将来も開けてきます。

人目を気にしてカッコイイ人生に見せかけようとして、一足飛びに起業しようとすると、失敗して余計落ち込んでしまうこともありえます。

いずれ起業するにしても、フリーターからすぐに、華々しい業績を上げることは難易度が高すぎます。会社を興すなら、会社のことをまず知るために会社員経験を積んでおくことも必要でしょう。

なので、就活を頑張ってみることは、決して無駄にはならない経験です。

大学で勉強するまで行った人なのですから、いろんな能力・可能性をもっているはずです。まずは就職してしっかりと働いていみるのがよいでしょう。自分らしい能力が活かせる場所は必ず見つけられるはずです。

お気軽に共有してください

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 大卒フリーターの末路と大卒フリーターが正社員になるコツ

こちらの記事も既卒の就活の参考になります