HOME > 業界研究を極める!既卒者がやるべき業界の選び方

業界研究を極める!既卒者がやるべき業界の選び方

PCを見て悩む女性

作成

就活の業界研究って難しいものです。

中の人にどれだけ話をきいても、インターンで働いてみても、実際に自分が時間をかけてそこで働いてみないと分からないことがたくさんあります。

数年働いたって、同業他社とは全然違う事があったりして・・・業界全体のことなんて分からないものです。

それでも、就活において業界研究は欠かせません。

「これくらい、うちの業界では当たり前!そんなことも知らないで入社したの?」

とか、

「こんなに充実感が得られるのは、うちの業界ならではだよね~」

なんて、業界ごとの特徴や傾向はあるので、よくよく業界研究をして、志望先を選びましょう。

でも、「業界にこだわりすぎて就活に失敗してしまった」というのは、既卒あるあるです。

そこで、既卒者目線での業界研究のポイントと業界の選び方についてご紹介します。

既卒は業界にこだわりすぎない

結論から言うと、既卒は業界にこだわらない就活をおすすめします。理由は単純で、絶対数としての求人が少ないからです。

希望の業界があることは悪いことではありませんが、就活だけを長く続けることはあまりよいことではないでしょう。

実際に働いてこそ、スキルが身に就いたり、業界の良し悪しが見えてきたりするものなので、働きい始めないことには始まらないのです。

どうしても業界にこだわりがある場合は、アルバイトや派遣社員としてチャレンジしてみるなど、その業界に入り込む形もあります。

もしくは、これからお伝えする方法で、業界研究をゆるく広げて、職種を軸にした志望先の拡張をしてみるのがよいです。

業界をゆるくとらえる

パソコンで調べ物をするスーツの男性
例えば、広告業界を希望している場合、電通や博報堂など、その業界のトップ企業・有名企業ばかりを見ていませんか?

広告業界の中には、地方の広告代理店もたくさんありますし、建築や工業などカテゴリーに特化した広告代理店もあります。

またタウン誌やフリーペーパー発行関連、印刷会社、デザイン会社、インターネット関連企業、WEB制作会社なども広告関連企業といえるでしょう。

広告業界というと、幅広い人脈で様々な企業と取引をして、社会の中でも目立つ存在の大企業という印象がありますが、実は、中小企業や地方の企業も多いものです。

そして、中小企業の方が広告の仕事全体に関わることができたり、より高いスキルを求められたりして、やりがいがあることもよくあります。

業界選びの際に、業界のなかでも中心的な企業ばかりでなく、そこに関わる様々な仕事を想像して、関連する企業にも興味を広げていくと、就職のチャンスを高めることができます。

業界を掘り下げてとらえる

例えば、食品業界を希望している場合、味の素や森永製菓などが人気企業ですが、食品業界のどこに興味を持っているのか掘り下げて考えてみましょう。

食に関わりたいのであれば、給食や幼児教育、介護業界においても、食が重要なキーワードとなっています。スーパーや宅配食材、外食産業もありますね。

食だけではなく、生活に密着したものに親近感を持っているのかもしれません。

食べたことが健康な体づくりにつながるということで、人が気持ちよく生きていくことのサポートがしたいのかもしれません。

このように考えていくと、生活用品に関わるものの業界から、健康やサービス全般など、かなり幅広い業界において、希望している仕事に関われることがわかります。

ある業界に興味を持ったことはご縁

赤い糸の運命
人間の興味は変わるものです。たまたま就職活動をしている時期に興味をもった業界というのは、「ご縁」のようなものです。

時代の要因や知り合いが働いているなどが理由でその業界の情報が多く耳に入ってきたために、気になるようになっていったというケースもよくあります。

なので、あまりこだわりすぎる必要は、本当にないと思います。どんな業界にいても、人はそれぞれ自分に合った強みを活かして仕事をするようになるものです。

ただし、興味のあることだから頑張れるという側面もあるので、こだわりを持つことも大切です。

業界・業種選びは、このバランスをとることがポイントです。特に、既卒者は柔軟的な姿勢が求められますので、広い視野を持ち、希望を捨てずに前進しましょう。

業界研究はプロの力を借りよう

自分一人で業界研究をしても、知りえる情報はネットに書かれている事や自分で行ける何社かの企業のことに限られます。自力で探せられる「ご縁」は、限られた数です。

また、ある特定の会社が良いとか悪いとかでその業界全体を判断することは大変偏りがあり、危険です。

正しい業界判断をするには、やはり、就活のプロの力を借りることが一番です。

ハタラクティブ」など既卒者向けの就職支援サービスを利用すれば、既卒者のことをよく理解してくれているキャリアコンサルタントが、各業界のリアルな情報を踏まえてアドバイスをしてくれます。

特に、既卒となって、新卒の時とは違う業界にも興味が出てきたりとか、違う業界にチャレンジしてみようと気持ちが変わってきた人は、スピーディな業界研究が必須です。

自分一人で就活をするのは、時間もかかりますし、独りよがりになりがちです。就活支援サービスは無料で利用できるので、上手に活用して、納得のいく就職先探しをしましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 業界研究を極める!既卒者がやるべき業界の選び方

こちらの記事も既卒の就活の参考になります