HOME > 入りやすい業界なんてあるの?!既卒が就活で受かりやすい職種は何?

入りやすい業界なんてあるの?!既卒が就活で受かりやすい職種は何?

男性社員

作成

どこを受けてもお祈りメールばかり!自分の就活方法は間違っているのではないか?他の人は知っていて、自分だけが知らない、入りやすい業界や受かりやすい職種があるのではないか?

既卒の就活が上手くいかない場合は、どこかに問題点があるのかもしれませんね。

職業は人によって向き不向き・合う合わないがありますので、一般的な既卒でも入りやすい業界や受かりやすい職種が、誰にでも当てはまるわけではありません。

しかし、なぜ受かりやすいのか?入りやすいのか?が分かると、就活のヒントになるのかもしれません。

そこで、採用する側の目線も踏まえて、既卒でも入りやすい業界と受かりやすい職種についてまとめてみました。

既卒が入りやすい業界は?

都会の会社
慢性的な人材不足の業界、若い価値観を必要とする業界、未経験でも始めやすい作業のある業界などは、既卒にとっても入りやすい業界といえるでしょう。

具体的には、IT系、飲食、アパレル、介護、不動産、小売り、ホテル・旅館、運輸・倉庫、警備、旅行・観光などです。

ただし、業界の中でも企業ごとに特色があり、昔からのやり方を守っている企業、体育会的な縦社会の雰囲気が強い企業、出身校や身内などコネや一族意識が強い企業などは、イレギュラーの既卒に慣れていないかもしれません。

企業としては、どれだけ優秀な人材であっても、短い就活の時間内で、応募者の人物を見極めることは難しく思っています。

雇用すると、仕事の適性がなくても簡単にやめてもらうことはできないので、なるべく安全策として、新卒で書類上の優秀そうな人を採用したい傾向はあります。

これは、企業ごとの考え方の問題なので、やる気さえあれば歓迎してくれるような、未来志向の業界を選ぶとよいでしょう。

既卒でも受かりやすい職種は?

よく言われるのが営業職です。実は、営業という仕事が教えることよりも個人で実践することが多いため、新人研修の手間があまりかからないのです。

しかも、根性があれば成果を出すことができ、合わない人は辞めたいと思っていくので、短期間で適性がよくわかるのです。

厳しい仕事と考えられがちですが、仕事ができる人や将来起業を考えている人等は率先して営業職を選ぶくらいなので、悲惨な仕事ではありません。

むしろ、新人の大事な吸収期間に、楽な単純作業しかやらせてもらえないことの方が悲惨です。いつまでたってもスキルが身につかず、後々に困ったことになります。

それに、営業職の経験は、転職をする際にもプラスポイントとなります。また、売上や利益をあげるというすべての企業や職種に必要な、基本的な考え方が身につくので、経験値としても無駄になることはありません。

既卒がアピールすべきことは

アピールする女性の就活生
既卒は「就職活動で失敗した」イメージがマイナス点としてあります。これをカバーするためには、とにかく、やる気は120%は見せておきたいところです。

その“やる気”がマッチするのが、入りやすい業界や受かりやすい職種に共通している「不人気で敬遠される」ものです。

でも、大変だと思い込んでいる職業観は、半分は当たらないと考えるくらいで、丁度良いでしょう。

実際にやってみると思っていたのと違うことはたくさんあります。必ずしも、自分がやりたいと思っている職業が適職とは限りません。

つまり、職業経験がないうちは、どんな仕事もやってみないと分からないのだから、「何でもやってみます!」という気持ちを持っていることが最大の武器なのです。

既卒が就活するなら、既卒OKの求人に確実に応募することが大前提です。既卒専門の就活支援サービスの「ハタラクティブ」には、業界や職種を問わず、既卒者を歓迎する様々な企業が集まっています。営業職ばかりとか厳しい職場ばかりではないので、まだ志望の業界が決まっていない人が就職先探しをするのにおすすめです。

ハタラクティブに無料登録すれば、あなたに合った仕事を紹介してくれるので、自分だとよく分からない人も、やりたい仕事を見つけやすいでしょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 入りやすい業界なんてあるの?!既卒が就活で受かりやすい職種は何?

こちらの記事も既卒の就活の参考になります