HOME > 既卒でも英語を使った仕事がしたい!英語を活かすキャリアパス

既卒でも英語を使った仕事がしたい!英語を活かすキャリアパス

英字新聞

作成

既卒になってしまったけれど英語を使った仕事をしたい気持ちは変わらない。

そんな人に向けて、求人情報の探し方と、仕事で英語を使うことについてまとめてみました。

英語を使える人はたくさんいる

英語の成績が良かった人、留学経験のある人、帰国子女、TOEICの点が良い人、外国人の友達がたくさんいる人などなど・・・英語が使える人はたくさんいます。

あなたの“英語が得意”というのは、どのレベルでしょうか?

英語を使った仕事においても、求められるレベルが様々ですので、自分にあった求人を探す必要があります。

ちなみに、外国人に道を聞かれて教えることができるなどの英語力では、仕事においては話にならないと考えておくとよいでしょう。

町中をみても、その程度の英語が話せる人はゴロゴロいますよね。

英語力とビジネススキル

外国人上司と働く
海外と英語で交渉をするような仕事は英語力の前にビジネスにおけるかなりのスキルが必要です。

商品の専門知識、日本と世界の経済や文化、駆け引きや相手を説得することなど・・・当然、新人ができるような内容ではありません。

この様な形で英語を使った仕事がしたいのであれば、まずは“仕事ができる人”にならなければなりません。

つまり、英語はツールであって、仕事内容として、どの業界で何の専門になるのか?ということが重要なので、それができるようになる人は、“英語を活かしたい”なんてことは思ってもいなくて、“英語を使えるのは当然のこと”と思っているでしょう。

英語を使った仕事の種類

通訳、翻訳、英会話教室、英語教材など、などの語学力そのものの高いスキルを必要とする分野を希望することは危険です。

日本語のが話せるからといって、ライターや編集、日本語講師になる人ばかりではないですよね。

英語は少しおいておいて、仕事として何をしたいのか?という方向で考える必要があります。

食べ物、美容、健康・医療、エンタメなど、興味のある業界を探しましょう。その中で、海外展開している企業や取引先に海外が多い企業などを選べば、仕事において英語を使う場面があるかもしれません。

日常生活で英語が必要な場面は増える

海外の大学キャンパス
今後も国際化が進んでいくと思われますので、仕事で直接英語を使わなくとも、日常生活の中で英語を使う場面は増えていくでしょう。インターネットを使えば、外国人の友達を作ることも簡単にできます。

求人情報に「英語力が活かせます!」というものを探しても、数は限られてきますが、自分で使う気になれば英語を使って楽しむことも、英語力を磨くこともできるでしょう。

英語を使った仕事の探し方

学生レベルの英語力は仕事においては強みになりませんので、まずは仕事として何やりたいかを考えて求人情報を探すとよいです。

英語を使って仕事をする為には、“仕事ができること”が必要なので、プライベートなどで英語力は強化しつつ、まずは仕事で一人前になりましょう。

その先に、英語力を生かしてより高度なことにチャレンジしたり、仕事の幅を広げたりするというキャリアパスが描けるのではないでしょうか。

既卒の場合、「ハタラクティブ」などの既卒専門の就活支援サービスに登録すると、自分に合った仕事を紹介してもらえます。英語を使った仕事がしたいといった希望や、英語力に関する不安なども相談してみるとよいでしょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 既卒でも英語を使った仕事がしたい!英語を活かすキャリアパス

こちらの記事も既卒の就活の参考になります