HOME > 既卒で就職できない人の4つの理由と既卒就活を成功させる方法

既卒で就職できない人の4つの理由と既卒就活を成功させる方法

並んでいる大勢の会社員

作成

「既卒で就職できない人って何が悪いんだろう?自分は失敗したくない・・・。どうしたら既卒でも就職できるの?」

こういった、悩み・不安がある人に向けて、徹底解説します。

この記事を読めば、

「既卒で就職できない人の理由・特徴と既卒が就活を成功させる方法」

が分かります。

就職できない既卒ってどのくらいいるの?

2016年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」によると、16年度既卒者の内定率は45.0%と前年比で1.8pt増加しています。

既卒者内定率の推移
年度内定率
14年度既卒者30.7%
15年度既卒者43.2%
16年度既卒者45.0%

「既卒者でも就職しやすくなってきている」いえる側面はあります。

しかし、既卒でも簡単に就職できるようになってきているとみるのは楽観視しすぎでしょう。

既卒の内定率が上がっていることの理由が、「一度就職したけれど、退職もしくは在職しながら、再度就職活動を行っている」という第二新卒者が、在学中とは志望業界を変えて内定を勝ち取っているという背景があるからです。

かれらの多くは、在学中に内定をもらっていたなど、就職活動の基本をマスターしており、自分のレベルアップのためにあえて既卒の就活をしている場合があります。

思うように内定がもらえず、就活自体に苦戦している既卒者とは、考え方や行動に違う面が多いでしょう。

つまり、大まかに考えると、既卒就活者の半数から3分の2位は、内定がもらえないとも考えられます。

結論として、既卒で就職できない人もいるので、就活を成功させるためには悪い原因をつぶし、正しい就活方法を知ることが大切です。

既卒で就職できない人の理由


既卒で就活をして、100社以上応募しても就職できない人っていますね。

ある程度の活動はしているのに、手ごたえを感じられない人は、勘違いしていることがある場合が多いように思います。

結論から言うと、既卒が就職できない理由は以下の4つです。

  • 就職は能力や経歴で決まると思っている
  • 会社に要求する事ばかりを考えている
  • 見た目を良くする努力をしていない
  • なぜ既卒になったのか?自分なりの解釈ができていない

それぞれについて詳しくみていきましょう。

就職は能力や経歴で決まると思っている

落ちこぼれ学生
聞かれたことは答えて、ミスなく当たり障りのない履歴書を提出すけれど、自己PRも紋切型。質問があるかとたずねても特に話すことがない。

「ここで働きたい!」という気持ちがない人がいます。おそらく、とりあえず応募したのだと思いますが・・・。

この様な人の特徴としては、学歴や経験を自慢する・態度がデカイ・自信満々・自信がまったくない・目を合わさないなどの印象があります。

両極端の特徴がありますが、根本原因は、就職が能力や経歴で決まると考えているところにあるのではないでしょうか。

就職は受験のように、一定のラインをクリアしたら合格というものではなく、人柄ややる気も判断基準となる複雑なものです。

“審査してくれ”的なものではなく、会話をしてお互いを確認するようなイメージがあるとよいですね。

会社に要求する事ばかりを考えている

要求してばかりの女性
人を採用をすることはお金がかかります。給料・教育にかかる費用・税金・厚生保険など・・・。毎月数十万円はかかります。

採用した人が会社の利益に貢献できなくても、ずーっと働き続ければ、費用は掛かるので、たとえ数年だとしても、数百万円はかかると覚悟をして採用を決めるのです。

正社員で働きたいと思っているならば、今は何もできなくても、「数年の間に会社の役に立つような仕事をできるようになるぞ!」という気持ちを持っていますか?

これが分かっていない人の特徴としては、残業はどれくらいですか?ボーナスはもらえますか?など要求する事ばかりをきいてくることです。

これは、正社員になりたい人ではなく、空いた時間にバイトをしたい人の考えですね。

どれだけ優秀な人でも最初は、先輩に助けられて先輩たちの生み出した利益から給料をもらうようなものです。

働くことに対する重要度をしっかりあげて、一日でもはやく、役立つことができるようになろうという気持ちがあるとよいですね。

見た目を良くする努力をしていない

太り過ぎの男性
美男美女であるか?という問題ではなく、隣のデスクに座ったり、営業先に同行したりする人として、周りに不快感を与えない見た目であることが重要です。

ブサイクでも、それほどお金をかけなくても、かなりの不快感を取り除くことはできます。

完璧にはできていなくとも、周りのために見た目を良くしていこうという気持ちが感じられる人であれば、高いレベルでの外見を要求するものではないのでクリアできるはずです。

ポイントとしては以下です。

  • スーツがヨレヨレではないこと
  • 髪がボサボサではないこと
  • ひげをきちんと剃っていること(男性)
  • メイクをきちんとしていること(女性)
  • くつがキレイであること
  • 体臭、口臭がひどくないこと
  • 姿勢が正しい事
  • 適度な緊張感をもって礼儀正しいこと

見た目は、入社して「△△社の〇〇さん」となった時に、会社の看板として恥ずかしくないかという意味があります。

どのような服装が良いかについてはこちらの記事に書きました。
既卒就活の印象戦略!リクルートスーツを着こなせていますか?

イケメンであっても、個性を出すためにおしゃれが行き過ぎていれば、見た目としては問題ありと評価されることもあります。

なぜ既卒になったのか?自分なりの解釈ができていない

分からない
既卒になってしまった理由や、就職をせずに過ごした空白の期間について自分なりの考えを持っていない人がいます。

この状態だと、ほとんどの人は就活をしても採用されないでしょう。かなり、最悪な状態だからです。

こういう人に限って、「既卒だから就職できない」「あの会社は、既卒というだけで落とす」なんて、被害妄想を抱きがちなのですが、それは間違っています。

なんとなく既卒になって、なんとなく就活しているから、どこにも採用されないのです。

当然ですが、嘘の理由をでっちあげて、自分は悪くないが既卒になってしまったようにとりつくろっても、大抵はバレています。

嘘をつく人は、仕事でミスをしたときも嘘でごまかすことが想定されるので、絶対に採用したくない人ですね。

後で嘘がバレて取り返しのつかないことになったりするものですし、嘘をつくことは、自己保身からくる視野の狭い幼稚な行動です。

就職をして社会で働いていくことには、様々な人とのかかわりあいの中で信頼関係を作り上げながら働く必要があります。もっと広い視野で大人の考え方が必要です。

過去の自分の判断ミスで既卒になってしまったとしても、なぜそうなってしまったか?今度そうならないためのどうするのか?これからどうしたいのか?について考えがまとまっていればよいのです。ミスしたことは問題ではありません。

失敗をばねにして大きく成長することはよくあるので、既卒の就活者は、むしろ、大きな期待をもって「採用したい」と思われる人材になることだってできます。

20代やそこらの失敗は誰にだってつきものです。

失敗からどう軌道修正していくのか?失敗を糧にして将来どのようになりたいのか?

自分の過去から未来を自己プロデュースする感じで、しっかりと先のことを考えることが大切です。

就職は能力や経歴で決まると思っている
  • 会社に要求する事ばかりを考えている
  • 見た目を良くする努力をしていない
  • なぜ既卒になったのか?自分なりの解釈ができていない

    就職できない既卒の特徴

    残念な「既卒で就職できない人」によくみられる特徴は以下のとおり

    • 人の就職先を聞いて喜んだり悲しんだりしている
    • 会社のブランドや評判ばかりを気にしている
    • 聞いたこともない会社に入るのは絶対に嫌だと心に決めている
    • 求人情報では、給料額や休日日数・福利厚生などにばかり目が行く
    • リクルートスーツはダサくて興味がないので適当に着ている
    • 身だしなみや印象をよくすることに興味がない
    • 自分は絶対に正しい。自分の良さを分からない企業は間違っていると思っている。
    • スキルや経歴などが足りないので自分を大きく見せようと必死

    これらの特徴に心当たりがある人は、このままでは就職先を見つけることは難しいでしょう。

    どうしたら就職できるのか?就活成功させる方法

    OKポーズ
    就職できない既卒にならないために、どういう就活をすれば、就職できるのでしょうか?ポイントは以下の2点です。

    • 正しい就活方法を知る
    • 必要な活動量を確保する

    正しい就活方法を知る

    就職できずにいる人の原因は、本人が間違いに気づいていないことがほとんどです。

    自分では頑張っているつもりでも、やり方が悪かったり活動量が少なかったりするのは、「わかっていないこと」が原因です。能力がないとか、できないという種類のものではないので、悲観する必要はありません。間違いを正せばいいだけです。

    でも、正しい就活方法は自分ではなかなか分からないもの。

    そこで、有効なのが、就活支援サイトを使った就活方法です。

    ハタラクティブ」「就職・転職ならDYM就職 」等の既卒専門の就活支援サイトに登録すれば、就活アドバイザーが履歴書の書き方や面接対策をしてくれます。

    どうすればよいかが分かるので、成功に向かって正しい努力をすればいいだけの状態になれるのです。

    必要な活動量を確保する

    就活はタイミングや運も必要です。就活アドバイザーとの相性が悪かったり、良さそうに思った企業と面接をしてみたら違和感を感じることもあるでしょう。

    一発で最高の企業に出会えるとは限りません。

    でも、正しい方法で何回かチャレンジを続けてみれば、必ず、気に入る就職先が見つかります。

    あと少し頑張ればいいのに、残念ながら活動量が足りていない人は意外といるものです。

    成功する人は、人よりちょっと多めに・人よりちょっと積極的に行動しています。

    諦めずに、勇気を出して行動することが成功のカギです。




    人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

    既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
    就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
    既卒の就活トップ > 既卒で就職できない人の4つの理由と既卒就活を成功させる方法
  • こちらの記事も既卒の就活の参考になります