HOME > 就職留年と既卒就活はどっちがいいの?

就職留年と既卒就活はどっちがいいの?

大学校舎

作成

在学中に就職先が見つからなかった場合、卒業して既卒として就活を続ける方法と、留年して学生として就活をする方法があります。

就職留年のメリットとデメリット

就職留年するメリットは、なんといっても、新卒募集の求人にエントリーできるという点です。

求人数が多く、入社できれば新入社員研修など、一般的な会社のレールに沿ってキャリアアップを目指せます。

1年の留年であれば、受験で1年浪人した人と歳も変わらないので年齢のギャップを感じることもありません。

しかし、これは、あくまでも、就職留年をしてうまくいけば・・・の話です。

一般的には、卒業できるのにわざわざ留学を選ぶことは、「親に甘えている。」「学生という立場でいたいのでは?」など、よいイメージがありません。学校に籍をおいておくためには、お金もかかります。

企業から見ると、この様な学生は逃げているように評価されるでしょう。仕事においても、ミスをしたら逃げたり隠したりしそうで信用できない印象をうけます。

また、前年に就職試験を受けて駄目だった企業に留年してもう一度エントリーすることは、基本的にはタブーとされています。

厳密には、昨年応募があった人物かどうかのチェックをかけている訳ではないと思いますが、仕事への適正などは、わずか1年でかわるものではないので、駄目なところは何度応募しても駄目という相性的な問題もあるでしょう。

就職留年してうまく就活を進めるポイント

怖い面接官
就職留年をした場合、面接などでは、「なぜ留年したのですか?」という質問は必ず聞かれるでしょう。

その答えとして、納得のできるものが用意できるのであれば、就活が上手くすすめられます。

例えば、学業に関わる研究や活動実績、インターンでの就業経験などです。卒業よりも大事な事として、学生という立場ならではの経験と、それによって得たものがあれば、留年すること自体はそれほどマイナスの要素にはなりません。

しかし、ただ単に、「新卒として就活をしたい」という考えのみで、それをうまく取り繕うために言い訳を並べるのであれば、簡単に見抜かれます。

なにか隠し事のある人は、なるべく避けたいと本能的に思うものです。なので、就活を有利にするための裏技的に留年を利用するのであれば、おすすめできません。

新卒の求人募集に応募できたとしても、いい印象を持たれないのであれば、応募するだけ無駄となってしまうかもしれません。

就職浪人して既卒で就活する

就活中の男性
自然な流れで考えると、在学中に就職先が見つからなくても卒業できるのであれば、卒業し、既卒として就職活動をすることです。就職浪人するともいいます。

卒業をしているので、当然学費は不要となる為、多くの人はこちらの方法で就活を続けることになるでしょう。就職留年に比べるとお金がかからないことはメリットといえますね。

既卒という言葉自体、広く知られるようになってきているので、偏見の目で見られることも減ってきています。

一方、デメリットとしては、求人の数が格段に少なくなることです。

また、面接などで「なぜ在学中に就活をしなかったの?」という質問をされることは避けられません。

しかし、希望通りの就職先を見つけることが厳しくなってきていることは周知の事実なので、在学中の就活に失敗したという評価をされるにしても、不信に思われることはありません。

失敗は誰にでもありますので、気持ちを切り替えてやる気を伝えれば、信じて採用してくれる人はいるものです。

さらに、既卒の採用は増加傾向にある為、既卒向けの就活サービスも増えてきています。自分の頑張り次第で、既卒でも十分就職先を見けられる環境が整ってきているといえるでしょう。

例えば、就活支援サービス「就職・転職ならDYM就職 」は、無料登録するとあなたに合った仕事を紹介してくれ、早ければ1週間で内定がもらえることもあります。

いずれにしても、就活は自分を見つめ直す作業がとても大事です。なぜ在学時の就活がうまくいかなかったかをきちんと受け止め、留年して隠すのではなく、本当の自分をよく理解して、前向きに就活をすることが、内定への一番の近道になると思います。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 就職留年と既卒就活はどっちがいいの?

こちらの記事も既卒の就活の参考になります