HOME > 既卒扱いされる年齢は何歳まで?年齢があがった既卒者の就活方法

既卒扱いされる年齢は何歳まで?年齢があがった既卒者の就活方法

指で数字の3をあらわす男性

作成

「就活で既卒扱いしてくれるのは何歳までなの?既卒者可と記載のある求人には年齢が何歳までであれば応募してよいのだろうか?」

こういった、年齢に関する疑問がある既卒の就活者に向けて、徹底解説します。

この記事を読めば、

「既卒就活市場における年齢による扱われ方と、年齢があがった既卒者がどのように就活すれば内定をもらえるのか?」

ということが分かります。

既卒とは、年齢が何歳までのことか?

一般的な既卒者のイメージとしては、学校卒業後1~3年くらいと考える人が多いでしょう。

例えば、三井住友銀行の求人情報では、応募資格において、「既卒については、卒業後3年以内」という記述があります。(リクナビ2017年求人情報

私が、企業の採用担当をしていた時も、既卒者の募集として応募してくる人は、25歳くらいまでの人がほとんどでした。

受験で浪人したり、留年したりで数年多くかかることも考慮すると、23~28歳くらいが既卒者に多い年齢かと思います。

一方、年齢にかかわらず、卒業している人すべてを既卒者とする考え方もあります。

また、学校等を卒業して一旦就職したが、短期間(主に1年未満~3年)のうちに転職を志す者のことを「第二新卒」といいます。(Wikipedia 第二新卒

既卒と第二新卒の違いは、就職経験があるかないかです。

つまり、狭い意味では年齢が20代前半くらいまで、広い意味だと20代後半から30代も含めた人を既卒者として扱い、中でも、就職経験があって卒業後3年未満の人は第二新卒として扱われます。

既卒者を募集する企業の考え

既卒者が就活して内定をもらうためには、企業がどのような考えで既卒求人募集を出しているのか知る必要があります。

よい人材がいれば既卒を採用したいと考えている企業の場合

チェック作業をする女性
常時、求人を出しているタイプの募集の場合、既卒として想定される年齢を超えていても採用される場合があります。

このパターンは、既卒云々に関わりなく、広く中途採用として人材を募集している企業によくみられますが、社会人マナーを身につけていて業界知識を持った人たちがライバルとなるので、よりハードルが高いとも言えます。

また、採用してもらえたとしても中途入社社員扱いだと、社会人としての基本的なマナーを手とり足取り教えてくれるわけではないので、自ら学んでいく姿勢が求められるでしょう。

既卒・第二新卒・中途採用の違いは?企業が求める人材像を解説

積極的に既卒者を採用したいと考えている企業の場合

「若い感性で取り組んでほしい仕事がある」
「プロジェクトチーム内や事業所内の他の人の年齢バランスが必要」
「扱う商品やサービスの性格上の適した年齢ラインがある」

など、募集している求人において、年齢が大きな要因となっている場合があります。

あなたがどれだけ魅力的な人物であっても、そのポジションはすでに別の人がいて、今募集をしているポジションには、年齢的に合わないという事もあるのです。

特に、中小企業だったり、イレギュラーで「緊急〇名募集!」というような場合は、募集人数も少なく、理想の人材像の条件が固まっているケースが多いでしょう。

例えば、「直属の上司が28歳になるからそれよりも年下の人を雇いたい」というような事情があとして、スキルや人柄が同程度なら、年齢条件が当てはまるほうが選ばれることはあります。

年齢が若すぎることがマイナス要件になることはまずないので、既卒であれば、なるべく若い方がいいのは確かです。

求人に年齢制限を設ける企業の思惑

正社員として採用する人の具体的な年齢によって、企業に明らかにメリットがある場合があります。それは、助成金です。

厚生労働省が行っているトライアル雇用奨励金では、

年齢が35才未満の対象者に対してトライアル雇用を実施する場合、1人あたりの支給額が最大5万円(最長3ヵ月)となります。

という制度があります。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/trial_koyou.html

平成25年までは、「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」というものもあり、こちらはより金額が大きかったために、既卒者の中でも3年以内の人を積極的に雇用する動きもありましたが、今はこの制度は廃止されています。

助成金や推奨金などの制度は、企業にとっては大きなメリットで、それをあてにして採用活動費用をまかなっているところもあるでしょう。

しかし、制度は変わることもありますし、なによりも、助成金がもらえるからといって誰でも採用するような簡単なものではないのは明らかです。

新入社員を採用すると、教育のコストも時間もかかりますし、他の社員の協力も必要です。

一時的にもらえるお金があるから、「ちょっと時間がかかりそうだけど育ててみよう」という考えで内定を出すケースは考えられますが、あくまでも、基本的な仕事適性への評価があってのことと考えるべきでしょう。

既卒の中でも年齢が若い方が有利

結論として、既卒の中でも年齢が若い方がより就活で有利と言えるかと思います。

新卒から既卒になると、「就活が難しくなる」と言われますが、ぐずぐずしていると、年齢が上がり、どんどん就活の難易度も上がっていくので、早めの行動がおすすめです。

就活支援サービスを利用する場合も、「ハタラクティブ」「就職・転職ならDYM就職 」には、20代向けの求人情報がたくさんあります。

有名企業の求人もありますので、若さを武器にしてチャレンジしてみるとよいでしょう。

年齢が上がった既卒が考えるべきこと

スーツ姿の男性
既卒になってから時間が経ってしまい年齢が上がった場合は、どのように就活すればよいのでしょうか?

高校生までの人生は、同い年の人が同級生で、年齢によって明確に階層分けされることが当たり前の環境で育ちます。

しかし、大学生になると、浪人生・留年した人・社会人学生など様々な年齢の人とも徐々に交流が増えてきます。社会経験の第一歩ですね。

そして、会社に入社して本格的な社会人となると、数年の年齢の差はもちろんのこと、十数年の歳の差の人たちと深いかかわりあいをもって生活するようになるのです。

こういう生活が当たり前になってくると、実は年齢差というのは大きな問題ではなくて、人間差のほうがよっぽど大きいことに気づきます。

見た目が若い人もいれば老けて見られる人もいますし、大人っぽい考え方の人がいる一方で、何歳になっても子供っぽい人もいます。

いったん社会に出てしまえば数年程度の年齢の差は、あっという間に逆転できるのです。

なので、就活の時も、ほんの少しの年齢の差をうじうじ考える必要はないという考え方もできます。

本気で働きたい意思があって、その気持ちが伝われば、年齢問題は特例にしてもらえる可能性は大いにあります。

年齢にとらわれすぎずにチャレンジしよう

スーツの男性と青空
就職は、なるべく年齢が若いほうが門戸が開かれています。

若いほど年齢制限にひっかかる可能性が減りますし、既卒は卒業後3年以内という一般的な認識があることも確かです。

しかし、自分の年齢は変えられないので、誰でも、今が一番若い年齢になります。

また、人手不足によって求人件数は増えているので、20代の就職は難しくなくなってきています。

なので、年齢が上がったしまった既卒でも年齢にとらわれずにチャレンジするしかありません。

まずは、求人情報における年齢制限の書かれ方や企業の人とのやりとりから、どの様な人材を求めているのかを考えてみましょう。

具体的な年齢を区切った募集を出している企業もありますが、既卒という枠組み自体、具体的な年齢にとらわれない概念です。

あまり気にせずに、意気込みやこれからの自分をアピールして、就活を進めていきましょう。

おすすめの就活サービスとしては、日本の若者の就職応援サイト「いい就職ドットコム」 があります。既卒の就活支援は、20代前半の年齢が若い人向けの求人を中心に扱っているところが多いですが、いい就職ドットコムは、対象年齢をもう少し広く考えています。

また、年齢が若い人が敬遠しがちな営業職にチャレンジしてみるならば、「ジェイック」もおすすめです。

新卒でも進んで営業職を希望する人もいるのですから、営業職自体は特別に悪いモノでも難しいモノでもありません。

年齢が気になるならば、自分よりも若い人達よりも少し勇気を出して、大人の本気の就活をしましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 既卒扱いされる年齢は何歳まで?年齢があがった既卒者の就活方法

こちらの記事も既卒の就活の参考になります