HOME > 【低学歴は仕事できないは嘘】低学歴でも仕事ができるようになるには就活が大事

【低学歴は仕事できないは嘘】低学歴でも仕事ができるようになるには就活が大事

落ちこぼれ学生

作成

「低学歴だから就活が上手くいかない・・・。中卒・高卒・Fラン大学卒だけど、しっかりと仕事ができるようになれるのだろうか?」

こういった悩みがある人に向けて、徹底解説します。

この記事を読めば、

「低学歴でも仕事ができるようになるための就活方法のコツ」

が分かります。

低学歴でも仕事はできるようになる

スーツ姿の男性
「低学歴だから仕事ができない」というのは、間違った考え方です。

東大を出てニートになる人もいますし、中卒や高卒から企業のトップに上り詰めたり、社長になったりする人はいます。

総理大臣にまでなった田中角栄は高卒ですし、高度な技術をもった職人の世界では中卒・高卒で活躍しているほうが多いくらいです。企業の社長の中には聞いたこともない大学の人もよくいます。優秀な営業マンが学生時代は落ちこぼれだった話もよくありますね。

社会に出ると、学歴と仕事ができるかどうかは全く関係がないことに気がつきます。これは、本当です。

低学歴の人は、最初は、見下されることがあるかもしれませんが、仕事で結果を出していけば、必ず見られ方が変わってきます。

低学歴でも就活を成功させる方法

仕事で成功するには、まず、就活を成功させなくてはいけません。

低学歴でも仕事ができるようになる為の就活方法のポイントは以下の通り

  • フラットな気持ちで就職活動にのぞもう
  • 勝てるところで戦おう
  • 色々な仕事があることを知ろう
  • 自分の特性をよく考えよう
  • 行動力で負けないようにしよう

それぞれについて詳しくみてみると

フラットな気持ちで就職活動にのぞもう

不安そうにパソコンをのぞき込む男性
低学歴を気にして卑屈になったり、自分を過小評価して謙虚になる必要はありません。

自信のなさや弱気な姿勢は相手に伝わるものなので、気持ちの上で負けを選ぶのは、損です。

時代は、もはや人手不足で売り手市場と言われています。就職活動は、企業が人を選んで採用しますが、応募者には断る権利もあります。

働かせてもらうのですから、偉そうな態度に出ることは間違っていますが、企業と自分のお互いの相性を確認する場でもあります。

フラットな気持ちで、素直になり、自然体で人と接するように心がけましょう。それが、大人の対応です。

勝てるところで戦おう

企業をジャンプ
やりたい仕事や興味がある企業があったら、胸を張って応募しましょう。でもその際に、自分が高卒で、募集要項に「大卒者募集」と書いてあるならば、別の求人を探したほうがよいです。

結局学歴重視社会なんでしょと思うかもしれませんが、「大卒」を「経験者」におきかえてみたらフラットに考えることができるのではないでしょうか。未経験なのに、経験者枠に応募しても採用してもらえるはずはないですよね。

企業は、何らかの事情があって、学歴のある人を募集しているのでしょう。

社内に学歴の派閥ができてしまっているのかもしれませんし、学歴つながりで仕事につなげる戦略をとっているのかもしれません。

また、老舗企業や古い体質の会社も避けたほうがよいです。高卒枠で入社できても学歴が違うだけで仕事の成果にかかわりなく給料に差をつけられたり、大卒であっても、国立大優遇や、早稲田・慶応・MARCHと言われる有名私立大学・関西なら関関同立など以外を差別するようなところも残念ながらあるからです。

いずれにしても、勝ち目の低いところで戦っても意味はありません。

低学歴の人が、学歴を重視するところで勝負するなら、気持ちが落ち込むのも当然です。

なので、そういうところは避けましょう。世の中にはたくさんの企業があって、学歴なんて関係ないと考えている人はたくさんいます。

試しに、手元の求人サイトで学歴不問の求人を検索してみたところ、546,195件がヒットしました。「学歴不問」と記載されている求人情報はたくさんあります。勝てるところで戦いましょう。

色々な仕事があることを知ろう

調べ物をする男性
普通に生活しているときに見聞きするのは、大卒で有名企業に入社して結婚して子供が二人いて・・・というスタイルです。

これは、過去に多く見られたスタイルで、今は生き方が多様化している為参考にならなくなっているのですが、いまだに、このような人たちが大多数であるかのような報道がよくされています。

なので、仕事の種類や働き方も、これらの人に当てはまるようなものばかりが目立ち、その他にたくさんある仕事については、一生懸命調べてみないとよく見えてこないのです。

でも、世の中にあまり知られていない仕事が重要ではないわけではありません。むしろ、そういう仕事が大多数です。

種類が豊富にあるからこそ、様々な人たちが、それぞれの特性を活かして働いているのです。

自分の知らない仕事がたくさんあることを前提として、どんな仕事があるのかよく調べてみましょう。

色々な仕事があることを知れば知るほど、自分に合った仕事と出会える可能性が高くなります。

自分の特性をよく考えよう

健康自慢の人
自分のことは自分ではわかりにくい面もあります。そんな時は、人に聞いてみることもよいでしょう。

家族や友人に「自分はどんな性格?」「子供の頃はどんなことが得意だった?どんなことをよくやっていた?」など聞いてみると、得意なことや好きなことが見えてきます。

また、就活アドバイザーに相談してみるのもいいですね。就活のプロなら、より実用的な視点で、就活に活かせる特性を見つけてくれるかもしれません。

自分の特性が活かせる職場を見つけられれば、学力に関係なく、得意なことを仕事にできます。

実際に、仕事をする上で大切なことは、難しい数学の公式を知っていることや、歴史上の出来事と年号をたくさん暗記していることではありません。いつも笑顔でいること・我慢強いこと・手先が器用であること・真面目に取り組めることなどです。これらは学歴とはまったく関係ないことばかりです。

私が以前勤めていた会社には、学歴は高くてもプライドが高くてすぐに嘘をつく人がいました。やっていない仕事があっても「やってあります」と言い張るのです。当然、しょっちゅうトラブルになり、仕事ができない人として有名でした。学歴と仕事ができるできないは関係ないですね。

学歴は低くても、きちんとコミュニケーションがとれたり、素直に謝ることができたりする人のほうが、よっぽど信頼できて仕事を任せられます。

まぁ、これらは特性というよりは、守るべき最低限のマナーかもしれません。ダメな点があるなら、治すようにすればよいのです。でも、そういう素直さがない人や鈍感で気づかない人などもいます。

いずれにしても、このような些細なことの中に、仕事に活かせることがたくさんあります。自分の良いところ・できることを伸ばせるように、まずは自分自身についてよく理解をしましょう。

行動力で負けないようにしよう

スタートを切る
例えば、新作のゲームに強い人はどのような人でしょうか?いち早く取り組み、誰よりも時間をかけて取り組んでいる人ではないですか?

つまり、できることをどんどんやってみる人が強いのです。

インターネットで就職情報を調べる・就活サイトに登録する・履歴書を書いてみる・面接の練習をしてみる等々・・・就活でやるべきことには積極的に取り組みましょう。

学歴が高くても頭でっかちになって考えてばかりで行動できない人はよくいます。

就活でも仕事でも、やってみないと分からないことの方が多いので、考えることは程々にして、考えながら行動できる人の方が結果がついてきます。

まとめ:低学歴がコンプレックスなら就活を頑張ろう

低学歴でも仕事で成功することはできます。

なので、低学歴であることがコンプレックスなら、むしろ、就活はチャンスです。

ご紹介した就活のポイントをぜひ参考にしてみてください。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 【低学歴は仕事できないは嘘】低学歴でも仕事ができるようになるには就活が大事

こちらの記事も既卒の就活の参考になります