HOME > 【2018年版】楽な仕事ランキング正社員バージョン

【2018年版】楽な仕事ランキング正社員バージョン

要求してばかりの女性

作成

仕事が大変で人生の楽しみを満喫できないなんておかしい!でもフリーターではなく、正社員になりたい。そんな声をよくききます。

ワーク・ライフ・バランスを考えて、ちゃんと仕事もするけれど、プライベートも大事にするのが、今時の人気の働き方です。

これを実現するためには、激務のハードな仕事は避けたいところですね。そこで、正社員で楽な仕事をランキング形式でご紹介します。

体力的に楽な仕事

せっかくの休みなのに、仕事の疲れで寝ているだけで終わってしまってはプライベートの充実が実現できません。仕事で体力を消耗してしまうと辛いですね。

そのような大変さを避けるには、肉体的な疲労が少なく、体力的に楽な仕事がおすすめです。

1位:事務系の仕事

体力的に楽な仕事1位
事務系の仕事は体力的に楽な仕事の代表格です。長年不動の一位といっても過言ではないかもしれません。

理由は、座っていることが多いからですが、私の経験上、ほどよく雑用があることが意外とポイントになっているように思います。

事務職は、パソコン作業・資料作成・備品管理・会議準備・各種サポートなど幅広い業務があり、色々な人からちょっとしたことを頼まれやすいです。

倉庫の整理的な軽作業や打ち合わせ参加などもあるでしょう。座りっぱなしというわけではなく、ちょこまかと動いたり、人と話したりすることもあるので、一つのことだけをする辛さが少ないのです。

違う作業をすると気晴らしになるので、仕事で煮詰まるようなことがないのも精神的に楽です。また、納期に追われて残業をすることも少ないので、総合的な仕事量も少なめといえるでしょう。

2位:パソコン関係の仕事

体力的に楽な仕事2位
パソコン関係の仕事は、長時間勤務の印象もありますが、座ってできる仕事だからこそそれが可能なのです。立ち仕事や歩き回る仕事に比べると体力的には楽なので、残業が少なめの仕事を探せば、プライベートの体力を温存できるでしょう。

具体的な仕事としては、プログラマー・WEBデザイナー・SE・CADオペレーター・イラストレーター・エンジニア・クリエイター・サーチャー・ネットワーク管理者などがあります。

私は、販売職とパソコン関係の仕事の両方の経験がありますが、販売は足がむくみやすく、1日が終わるとぐったりとしていました。腰痛で退職した先輩もいましたね。

パソコン関係の仕事は、座っていることが多いので、体は楽です。肩や腰の痛みや目が疲れることはありますが、PC眼鏡を使ったり、休憩時間に体を伸ばすなどの対策で軽減できます。総合的に見て、体力の消耗は少ないように思います。

ただし、残業多めのパソコン関係の仕事は激務の可能性もあるので、職場選びが重要です。

3位:専門職

体力的に楽な仕事3位
専門職とは、税理士や薬剤師、会計士など特定の資格などを取得した人がつける職業です。現時点では資格を持っていなくても、働きながら勉強して資格を取る方法もあります。

専門職の中には、激務のものもありますが、知識を求められる分、体を動かすような作業は少ないといえます。

しかし、難解な問題を任されたり、集中力を必要とする場面が多いので、神経を使って疲れることはありえますが、得意分野のことであればしんどさはすくないのではないでしょうか。

人間関係が楽な仕事

周りの人に気をつかう必要がある仕事は、気疲れによる消耗が大きいです。脳が疲れると体もだるくなりますし、悩みが多いと、帰宅後や休日も心が休まらないことがあるでしょう。

そのような大変さを避けるには、人間関係が楽な仕事がおすすめです。

1位:工場勤務や製造系の仕事

人間関係が楽な仕事1位
一人で取り組む職人的な仕事が多いのが、工場勤務や製造系の仕事とです。話し合って何かを議論するような場面はほぼなく、任された作業を黙々とこなすイメージで、仕事に集中することができます。

忖度が苦手・出世争いをしたくない・付き合いでべたべたする関係を作りたくないなど、人間関係のわずらわしさを避けたい人に人気の高い仕事です。

なので、集まってくる人も、同じような考え方の人が多くなる傾向があります。自分のペースで仕事をしたい人にはおすすめです。

2位:整備・管理系の仕事

人間関係が楽な仕事2位
ビルメンテナンスなど建物や施設の管理をする仕事も最近人気があります。

仕事内容としては、保守点検・運転状況の管理・データ管理・空調や排水などの整備修繕衛生管理など多岐にわたりますが、人相手ではないので、スケジュールに沿った働き方ができます。

電気関係の資格を取って将来に備えることもできるのも魅力です。

3位:ルート営業

人間関係が楽な仕事3位
営業と名がつくとそれだけで拒否反応を示す人もいるかもしれませんが、ルート営業は、知っている人のところに御用聞きに行くようなイメージです。

初めて会う人に売り込みをするわけではないので、慣れれば、社内の人と話をすることと大差ない位になじみの人間関係になれます。

そうはいってもお客様なので、程よい距離感もある為、固定された人間関係のようなドロドロさも少ないです。なので、意外と人間関係が楽な仕事となっています。

番外編:一般的に楽な仕事が自分にとって楽な仕事とは限らない

険しい表情の会社員
激務に比べると、楽と言われている仕事を選ぶ方が、疲れが少ない可能性は高いでしょう。しかし、一般的に楽な仕事が自分にとって楽な仕事とは限りません。

一番楽なのは、自分にあった仕事を選ぶことです。

やりたいという気持ちがあったり、目的がある仕事であれば、多少の困難はアクセントです。辛いというよりも、毎日にメリハリがつくくらいの気持ちで、乗り越えられるものとなります。

それに、一般的に大変だと思われている仕事は、人手不足で給料が高めになっていることが多いです。その様な仕事でも自分にとって楽なものもあるでしょう。それならば、ラッキーですね。

自分に合った仕事は、就活アドバイザーなどに相談してみると、意外な仕事を進められるかもしれません。

今の時代で、転職するのも珍しいことではないので、とりあえずやってみるのも、方法の一つです。

楽な仕事は、参考までにして、自分にとっての楽で楽しい仕事探しをすることをおすすめします。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 【2018年版】楽な仕事ランキング正社員バージョン

こちらの記事も既卒の就活の参考になります