HOME > フリーター脱出するにはどうしたらいい?特技や資格なしでも定職につく方法+手順

フリーター脱出するにはどうしたらいい?特技や資格なしでも定職につく方法+手順

脱出しようとしている猫

作成

「フリーターから脱出したい。ニートになりかけていてもう何年もフリーターから脱出できないので困っている。特技も資格もないけど、どうやったら定職に就けるのだろうか?」

こういった、悩みがある人に向けて、徹底解説します。

この記事を読めば、

「何のとりえもないフリーターが、正社員になる為の方法と手順」

が分かります。

私は、採用関係の仕事を長くしていた経験からたくさんのフリーターを見てきました。自分自身、アルバイトや派遣で未経験から新しい仕事を身につけていった経験もあります。これらを通じて分かったノウハウをまとめていきます。

フリーターを脱出する方法は簡単

結論から言うと、今ならフリーターから脱出することは簡単です。

理由は、人口減少によって働きたい人よりも仕事のほうが多くなり、就職がしやすくなっているからです。

これは、文部科学省が発表した調査発表からも明らかで、平成30年3月大学等卒業予定者の就職内定状況は、2月1日辞典で91.2%と、調査開始以降過去最高という数字がでています。(参考:文部科学省 平成29年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査

フリーターを脱出する3つの方法

フリーターを脱出するには3つの方法があります。

  • 今の職場で社員登用を目指す
  • 起業する
  • 正社員の求人を探す

それぞれについて詳しく説明します。

脱出方法1:今の職場で社員登用を目指す

パートスタッフ
まず考えられるのが、現在働いている職場で、アルバイトではなく正社員として働かせてもらうことです。

仕事の勝手もある程度わかっていて、職場の人間関係も作れているのであれば、転身しやすい方法ではありますね。

しかし、正社員登用は会社の事情が大きく関係するので、本人のスキルや努力に関係なく、ダメな時は駄目という現実があります。

会社の業績や、業界の状況、社員の育成具合など、人間一人の採用よりも大きな要因がいろいろあるのです。

また、会社によっては、アルバイトとして働くときに、あらかじめ社員登用を前提としていない限り、途中から正社員になることは全くあり得ないという場合もあります。

アルバイトに求める人物像と正社員に求める人物像が全く違う職場もありますので、人として素晴らしい人間で、アルバイトとしての仕事ぶりは文句なしだとしても、正社員として働いてもらいたいかというと、まったく別の話となるのです。フリーター脱出難易度としてはかなり高くなります。

しかし、仕事において、やる気と若さは大きな武器であることに変わりはありません。正社員として働きたい気持ちがあるならば、アルバイト先の上司に真剣に相談してみましょう。

脱出方法2:起業する

若手起業家
フリーターからの起業はあまりおすすめしませんが、フリーター脱出する方法の一つではあります。

おすすめできない理由は、起業向きの人は、そもそも、フリーターになろうというタイプが少ないからです。

起業は、何をどのようにしてお金を稼ぐのかを、自分で考えて自力で実行していくことです。自分でやりたいという気持ちがないとしんどいことが多い生き方です。

もし、将来的には起業してみたいという考えがあっても、まずは正社員で働いて知識や経験をつけたうえで挑戦するほうがよいでしょう。

正社員の経験があれば、経営者になったときに、使われる側の気持ちや考えもわかりますので、必要な経験と言えます。

脱出方法3:正社員の求人を探す

考える男性就活生
最近は、第2新卒や既卒の就職活動もよくあることとなってきています。そのため、専門の求人サポートサービスもあるくらいです。

フリーターで働くことの利点の一つが、時間の余裕を持てたりスケジュールの融通をきかせやすいところにあります。

なので、働きながら、正社員の求人を探すことは十分にできるでしょう。

これは、フリーター脱出する方法の中でも、最もポピュラーで、成功率が一番高い方法です。

フリーターから正社員になった人はたくさんいますし、少し頑張ればできることです。

フリーターから脱出するには就活をして正社員をめざすのがおすすめ

人手不足という社会状況と、就職活動がしやすくなっていることから、フリーターを脱出するには、正社員を目指して就職活動をすることが一番おすすめの方法となります。

今の職場で社員登用をいてもらえれば楽ですが、会社の都合で駄目なことが多く、その場合はどうしようもありません。

また、「8割が起業後5年以内に廃業している」という有名なデータがあるように、難易度が高いので、フリーターからの起業はおススメしません。

となると、一番のおすすめは、正社員募集をしている求人情報を探すことになります。世の中にはたくさんの求人情報があるので、この方法が最も簡単で現実的です。

社会状況的にも人手不足となっているので、今がチャンスです。

特技や資格なしのフリーターが正社員になる方法(3つのポイント)

以下のポイントを押さえれば正社員になれます。

  • 自分の特性を知る
  • 質の良い求人情報が集まるところで就活する
  • 就活方法やマナーを教えてもらう

ポイント1:自分の特性を知る

考える人
優れた特技や資格がなくても仕事はできます。ほとんどの仕事は、会社に入ってから教わって身につけていくものです。

「未経験歓迎」の仕事はその代表的なものですね。

ただし、どんな人でも、仕事の向き・不向きや好き・嫌いがあります。

人と話すのが好きとか、長時間パソコンに向かうことが苦にならないなどです。

また、食べることが好き・旅行が好き・機械いじりが好きなどの興味の方向もそれぞれにあるでしょう。

仕事選びをする際には、これらの特性に合ったものを選ぶことが必要です。

今まで体験してきたことや自分の内面を良く振り返って、自分自身についてよく考えてみましょう。

ポイント2:質の良い求人情報が集まるところで就活する

やみくもにインターネットで求人情報を検索したり、とりあえずハローワークに行ったりするのはよくありません。

無料で簡単に見つけられる求人情報には、ブラック企業などの条件が悪いものが混じっているからです。

既卒無職の就活の鉄則!ハロワに行くと鬱になるので就活のポイントをおさえるべし

ポイント2:就活方法やマナーを教えてもらう

履歴書の書き方や面接での振る舞いは、ちゃんと教えてもらえば誰でもできます。

緊張しやすい人は、多少の練習は必要かもしれませんが、何か月もかけて習得するような難しいものではありません。何回かやってみれば大丈夫です。

上手にできない人は、正しいやり方を知らないだけです。

フリーター脱出したいなら最初にやるべきこと

先輩女性に相談する
結論は、「絶対に、フリーター脱出するんだ!」と心に決めて、自分一人の時間を持つことです。

遊び仲間やフリーター仲間とつるんでいるままだと、自分を変えることはできません。

友人との時間も大切ですが、自分自身が、何に取り組んで、どれだけ成長していけるかということも同じように大事なことです。

自分一人で考える時間を確保して、自分の特性を紙に書き出して考えをまとめたり、世の中にどのような仕事があるのかインターネットで調べたりして、就活のスタートをきりましょう。

就活支援サービスを活用するのがおススメ

自分の特性やなんとなくやりたい仕事の方向性が見えてきたら、就活支援サイトに登録してみるとよいです。

理由は、質の良い求人が集まっていて就活マナーなども無料で教えてもらえるからです。

ハタラクティブ」「就職・転職ならDYM就職 」などのフリーター専門の就活支援サイトは、企業がお金を払って求人募集をしています。

求人情報内容もきちんとチェックされているので、違法なブラック企業やミスマッチを避けることができます。

また、専任の就活アドバイザーが、あなたに合った仕事を紹介してくれて、その企業に合った履歴書作成・面接対策を行ってくれるのです。

マンツーマンで分からないことを教えてもらえるので、就活方法が全く分からないフリーターでも心配はいりません。

まとめ:フリーター脱出は誰でもできる!

記事のポイントをまとめます。

  • フリーター脱出方法は3つ「正社員登用・起業・就活して正社員になる」
  • 就活をして正社員を目指すことが一番簡単で現実的
  • フリーターが正社員になる方法には3つのポイントがある
  • 特技がなくても自分の特性は誰でも必ずある
  • 質の良い求人情報が集まるところで就活しよう
  • 就活方法や就活マナーは教えてもらえば大丈夫
  • 就活のために自分一人の時間を持つこと

方法が分かったら、あとはやるだけです。

すぐにいい仕事が見つからなくても、今は人手不足で、求人募集をしている企業はたくさんあります。就活アドバイザーを味方につけて、仕事探しを続ければいいだけです。

ぜひ頑張ってみてくださいね。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > フリーター脱出するにはどうしたらいい?特技や資格なしでも定職につく方法+手順

こちらの記事も既卒の就活の参考になります