HOME > ハローワーク求人の嘘に注意!怪しいポイントはココ

ハローワーク求人の嘘に注意!怪しいポイントはココ

パソコンで求人情報を検索する男性

作成

ハローワークの求人情報には嘘が多いということを知っていますか?

まぁ会社の経営状況は日々変わっているわけですし、特に、中途採用となれば、「基本給は能力に応じて」などとあいまいに書かれていることはよくあります。

しかし、一般的な求人サイトや求人情報誌に比べてもハローワークの求人は嘘が多いといわれています。

理由は簡単で、ハローワークは、最も有名な求人媒体の一つで、無料で掲載できるからです。

仕方ないといえばそれまでかもしれません。嫌なら、ほかにも求人情報を探す方法はたくさんあるのですから・・・。

それでも、ハローワークで職探しをするならば、なるべく、嘘の求人をつかまないようにしたいところです。

そこで、嘘求人票にありがちな怪しいポイントをまとめてみました。

ノルマなし・残業なしはまず疑え

残業で終電を気にする女性社員
正社員の求人で、ノルマなし・残業なしと言い切っている内容があれば、まず疑ってかかっみるほうがよいかもしれません。

不景気が続いているご時世なので、残業なしというのは、特別な働き方を導入していたり、仕事内容が特別でない限り珍しいのではないでしょうか。

残業が少なめの企業はありますが、ゼロというのはおかしいので、どういう場合に残業しているか?現状はどのくらいの残業内容なのかなどを具体的に教えてもらって判断するべきです。

不安要素を感じたら、会社の近くまで見に行ってみるのも一つです。定時ごろにまとまってたくさんのひとが出てこないようであれば、各自残業をしているのではないでしょうか。

でも、必要に応じて残業がある会社のほうがまっとうではないでしょうか。

ブラック企業であるかどうかの判断のポイントは、残業状況をどれだけ具体的に話してくれるかどうかです。

だいたい1時間くらいだよとか、ほとんどないよなどの定型の内容しか話してくれないようであれば、怪しいですね。

誰でもOKな求人票

おバカなお調子者
学歴不問・未経験可・年齢18歳以上・人物重視採用など

これなら自分も応募できる!と思われる求人票は、裏を返せば、誰でもいいから応募してねということです。

この場合、誰でもできるような単純作業や根性次第の仕事を長時間やらされる可能性があります。

誰でもできる仕事というのは、会社にもたらす利益も少なくなるので、好条件の求人を出すことが難しくなるはずです。

なので、厳しい条件での仕事になる可能性が高いとも言えます。

また、この企業が、あまりにも人気がなくて入社希望者が集まらないため、できるだけ門戸を広げるために、このような求人票の書き方をなっているのかもしれません。

いずれにしても、いい仕事ができそうにありませんね。

求める人材のスキルや人柄についてなんの要望もなく、誰でも歓迎という求人票は怪しいですね。

キラキラしすぎている

キラキラ女子
やる気があれば年収1000万円以上も可能!和気あいあいとした雰囲気で成長できる環境!

君も成功者になれる!と言わんばかりのキラキラとした求人票も要注意です。

これは、今の時代にはあまりないスタイルの働き方ですよね。

やる気があれば云々は、まったく根拠のない表現ですし、雰囲気や環境も人によってとらえ方が違うといえます。

ほかにも、社員旅行はハワイ!とか賞与は年3回!などと羽振りのいいことを書かれている求人票をよく見かけますが、過去の実績であり、もう何年もその事実はないということも珍しくありません。

具体的な仕事内容よりも、キラキラ感を伝えようとしてくる求人票は怪しいですね。

求人票の嘘に騙されないために

嘘求人に騙されないためには、求人票の管理がきちんとされている情報元を選び必要があります。

なので、ハローワークだけで求人探しをするのは、おすすめしません。

どうしてもハローワークで求人を探す場合は、求人票に書いてあることは必ずしも本当のことではないと参考程度にとらえ、担当者とのやり取りや面接における反応で、自分で判断しようという主体性を持つとことが大事です。

それでも、ハローワークに行く場合は、こちらの記事を参考にどうぞ
ハローワークに行く服装の注意点

無料で求人情報を掲載できるハローワークよりは、転職支援サービスを利用するほうが、嘘が少ないことが期待できます。

企業はお金を払って求人情報を掲載してもらっているので、欲しい人材についてミスマッチがないように、真摯に向き合っています。

求人サービス提供会社にしても、「嘘の求人が多い!」というクレームを受ければ死活問題ですから、しっかりチェックして、安心して働ける企業を選んでいるのです。

就職活動は、「求人情報に騙されない行動を選択する」というのが第一のハードルかもしれません。

これによって、社会人としてのスキルを試されているともいえるでしょう。

リスクを避け、自分の目でしっかりと、求人票を見極めていきましょう。

ハローワークにはカラ求人が多い?!採用される求人情報の見分け方



人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > ハローワーク求人の嘘に注意!怪しいポイントはココ

こちらの記事も既卒の就活の参考になります