HOME > ハローワークの相談窓口はどこにあるの?

ハローワークの相談窓口はどこにあるの?

相談する人

作成

ハローワークの相談窓口ってどこにあるの?

全国のハローワークによっては窓口の構造が違っていますし、レイアウトもまちまちなので、どこに行けばよいか分からない人もいるかもしれません。

そこで、ハローワークの相談窓口についてまとめてみました。

ハローワークの位置づけ

ハローワークは、厚生労働省からの指示で、日本全国の都道府県労働局が展開している雇用対策です。

職業紹介をしてくれるところだと思っている人も多いですが、公共職業訓練の斡旋・職業安定関係の業務・雇用保険に関する手当や助成金の支給なども行っています。

ハローワークの施設内にはこのような職業紹介以外の目的で訪れる人のための窓口もあるので、よく確認をしましょう。

受付と各種相談窓口

地方の小さなハローワークの場合、窓口が一つしかなく、すべての相談を一か所で受け付けてくれているところもあります。

一方、規模が大きな都市部のハローワークの場合、受付とは別に相談内容ごとに窓口が設けられているところもあります。

受け付けの役割は各窓口への案内ですので、初めて利用する場合やどこの窓口に行けばよいか分からない場合は、まずは受付に行きましょう。

専門のハローワーク窓口

先輩女性に相談する
地域によっては、一般の職業紹介だけでなく、新卒応援ハローワーク・わかものハローワーク・マザーズハローワークといった専門もハローワークもあります。

一般の職業紹介はどんな人でも利用することができますが、自分の働き方の希望や属性が専門ハローワークが対象としているものに該当する場合は、専門ハローワーク窓口を利用してみると、希望に合った仕事が見つかるかもしれません。

新卒応援ハローワーク

大学院・大学・短大・高専・専修学校などの学生さんや、卒業後未就職の方の就職を支援する専門のハローワークがあります。

新卒応援ハローワーク

わかものハローワーク

正規雇用を目指す若年者(おおむね45歳未満)を対象に、わかものハローワーク」、「わかもの支援コーナー」、「わかもの支援窓口」があります。

わかものハローワーク

マザーズハローワーク

子育てをしながら「働きたい」パパ・ママを応援するコーナーとして、「マザーズハローワーク」や「マザーズコーナー」があります。

マザーズハローワーク

電話・インターネットの相談窓口

全国のハローワークへの問い合わせ方法は、実際に相談窓口に行くか電話をかけるかになります。日本全国のハローワークの所在地・電話番号は以下のページに掲載されています。

⇒全国ハローワークの所在案内

※実際にハローワークへ行くときは、こちらの記事も参考にどうぞ

ハローワークへの服装ガイド:ジーンズでもいいの?服装実例写真や持ち物の注意点

労働全般についての相談をしたい場合は、大きなくくりとしての管轄が厚生労働省になります。各お問い合わせ窓口は以下です。

⇒厚生労働省 お問い合わせ窓口

また、厚生労働省が運営している就職支援・雇用促進のためのサイトである「ハローワークインターネットサービス」において、システムの機能やサービス全般についての問い合わせは、メールでも受け付けてもらえます。

⇒ハローワークインターネットサービスのお問い合わせ窓口

ハローワーク相談窓口利用の注意点

ハローワークでの相談は無料で受け付けてくれるので確かに便利ですが、労働に関する様々なことを取り扱っている為、分かりにくかったり、利用しづらい場合もあるでしょう。

就職活動や仕事探しに関する相談をしたい場合、相談窓口としては、「ハタラクティブ」「就職・転職ならDYM就職 」などの民間の就活支援サービスでも無料で受け付けてくれます。

就活に特化した相談の場合、就活支援サービスのほうが満足がいくサービスをえられることも多いです。特に、本気で就職先を見つけたい時には、おすすめです。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > ハローワークの相談窓口はどこにあるの?

こちらの記事も既卒の就活の参考になります