HOME > ハローワークは20代の就活で利用すべき?20代におすすめのハローワーク活用法

ハローワークは20代の就活で利用すべき?20代におすすめのハローワーク活用法

20代女性

作成

20代は、就職活動をする人たちにおいて、もっと有利に活動を進められる年代です。

しかし残念なことに、せっかくの若さというメリットを活かせずに、就活で苦戦する人もいるのが現実です。

就活で苦労している人の多くは、ハローワークにいますよね?

ハローワークは、日本一有名な就職活動の方法ではありますが、20代にとっては、毒にも薬にもならない(あまり役に立たない)場合もあります。

そこで、20代がどのようにハローワークを活用したらよいのかについてまとめてみました。

20代にとってのハローワークのデメリット

結論から言うと、未来ある20代の若者に、ハローワークで就活することはあまりお勧めしません。理由は、以下のデメリットがあるからです。

  • すべての年代の人を対象にしているので専門性が薄い
  • 就職が難しく死活問題に直面している中高年の対応で忙しい
  • 働く気がなく、失業保険をもらうために来ている人がいる
  • 仕事が見つからないダメな大人が来ている
  • お金のない会社の求人情報がある

ハローワークの社会における役割自体はとても重要なものだと思います。でも、20代が利用する場合には、これらのことがデメリットになります。

20代は、売り手市場で、多くの会社が欲しがる人材です。なので、時代の変化や流行にも影響を受けやすく、儲かっている業界は待遇をよくしてでも獲得しようとする動きもあるのです。

でも、ハローワークにはそういう競争的な要素はあまり入ってきません。

全世代の働く人のセーフティーネット的役割があるので、誰でも働けるように、一般的な仕事を取り揃えている感じで、良くも悪くもゆるいのです。

だから、せっかくの20代というメリットが活かせないことが多いです。

また、環境があまりよくないという一面があります。

社会には働かないダメな大人がいるのです。きちんと働いている人はそういう人に会う機会がないのですが、ハローワークに行くと、そういう人たちを見かけてしまいます。

潜在意識において、「働かない人もいるんだ・・・」「だらだら生きていくこともできるんだ・・・」と感じる人に触れるのがよくありません。

夢中になれる仕事を見つけて頑張って取り組んだ方が、人生楽しくなります。

ダメな大人とは極力接しないようにして、そういうこととは無縁の人生をおくれた方がいいですよね。そのためには、そういう場所に近づかないのがベストです。

20代の就活でハローワークを利用したほうがいい場合

肉体労働
地域に根差した地元の企業に就職したい場合は、ハローワークでしか求人情報が入手できない場合があります。

家庭の事情などでどうしても実家から通える範囲の企業に就職したいなどの場合は、限られた地元企業の中から就職先を選ぶしかありません。そのための就活方法としてはハローワークは良い方法です。

でも、一般的に、成長している企業や優良企業を含め、企業は都市部に集中しています。

いい就職先をみつけたいならば、たくさんの企業がある都市部で就活をすることが鉄則です。

20代のためのおすすめのハローワーク活用方法

最近のハローワークは、新卒応援ハローワークわかものハローワークといった、専門の就活支援の取り組みがあります。

どうしてもハローワークを利用したいならば、一般向けのハローワークよりも、より20代向けになっているこれらのハローワークを活用するほうがよいでしょう。

また、ハローワークに通わなくても、パソコンがあれば、ハローワークインターネットサービスで求人情報を検索することはできます。

どのような求人情報があるのかという市場調査をするには、ちょうどよいでしょう。

※実際にハローワークへ行くときは、こちらの記事も参考にどうぞ
ハローワークへの服装ガイド:ジーンズでもいいの?服装実例写真や持ち物の注意点

20代が就活を成功させるために

ビジネスウーマン
20代が就活をするならば、自分を高く評価してくれるところで就活しましょう。

方法としては、「ハタラクティブ」「就職・転職ならDYM就職 」などの民間の就活支援サービスを利用することがおすすめです。

就活支援サービスは、20代であれば、ハローワークと同じように無料で利用できます。基本的に40代や50代は対象とされていないので、20代ならではの特権です。利用しないのはもったいないです!

就活支援サービスに登録すると、専任の就活アドバイザーがカウンセリングをしてくれて、合う仕事を紹介してくれるのです。自分で検索して自分で窓口相談するハローワークとは大違いの、至れり尽くせりの好待遇です。20代だからこそ受けられる嬉しい待遇ですよね。

就活でこういう思いができるのも20代だけです。

「就活で楽するなんて、よくないのでは・・・?」と心配するかもしれませんが、楽してズルしているわけではありません。当然、履歴書をかいたり、面接を受けたりはしなくてはいけないので、何もしなくていいわけではありません。

ただ、合わない企業にアプローチしたり、企業の体制が悪いせいで待たされたり嫌な思いをしたりする「無駄」をなくして就活ができるから「楽」になるのです。

あなたの良さは就活アドバイザーが引き出してくれ、あなたに合った企業も探し出してもらえます。

だから、就活でやることは、自然体の自分を見せるだけになるので、無意味に辛いこともなくなるのです。

せっかく20代なのですから、就活支援サービスを活用して、楽しく、楽に就活を成功させましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > ハローワークは20代の就活で利用すべき?20代におすすめのハローワーク活用法

こちらの記事も既卒の就活の参考になります