HOME > 【幸せになる方法】〇〇の時間を減らすと幸せになる!幸せとは?

【幸せになる方法】〇〇の時間を減らすと幸せになる!幸せとは?

作成

ネガティブ脱却!なんでも受け入れてくれる心の悩み相談


不要な持ち物を減らしたら、スッキリとした空間づくりができてストレスが減り、時間の余裕もできたりして幸せになりました。

また、「本当に必要なモノってそんなに多くないな」と分かったら、 生活コストが少なくてもやっていけると思えるようになり、 お金はそんなに沢山なくても大丈夫。 幸せって、お金が沢山ある事とイコールではないんだなぁと、思うようになってきました。

でも、将来の不安はあるし、やっぱり貯金は多いと安心につながるからと・・・

私は、無駄を省いて節約するのが好きですし、お金を増やす計画を立てたり、お金の勉強をしたりすることも好きな方です。

仕事で経理関係の事をやっていた経験もあるので、お金について考える時間は一般的な人よりは長いかもしれません。

でも、お金と関わる時間自体が幸せを阻害していたのかもしれないという事に気づきまして・・・ 今日は、お金と幸せをテーマに書いてみました。


お金が沢山あっても幸せにはなれない

お金は人を幸せにはしてくれません。

宝くじで大金が当たった人が悲惨な運命をたどることが多いというのは有名な話ですし、 高年収の人が、ストレスまみれの生活で全然幸せではなかったり、 代々の資産家一族が、親族間のもめごとで泥沼状態だったり、 お金を沢山ほしいと思っている人が多いけれど、お金があると不幸になっている事例も多いんですよね。

それで、私は?というと・・・お金があるといいなぁとは思いつつも、 不幸になるような大金とは縁がないだろうから、 身の丈で、お金について、しっかりと時間をかけて考え、いつもお金のことを気にして、気をつけていれば、 それが一番幸せになれる方法だろう・・・なんて思っていました。

ですが、これは、ちょっとよくない考え方の様だと気づいたんです。

その理由は、とある心理学実験の結果が教えてくれました。

幸せとお金に関する実験結果

実験の内容は、被験者にお金の画像を見せた後、チョコレートを味わって食べるという「楽しむ能力」を測るもので、 お金の画像を見ただけで経験を楽しむ能力のスコアが低くなるという結果が出たそうです。

つまり、お金を見たり、お金について考えたりするだけで、人生において経験を楽しむことができなくなる傾向があるという事。

収入が少ないとか貯金がないとかで、いつもお金の心配ばかりしていると 人生を楽しめないだろう・・・というのは想像がつきますが、 沢山貯金しようとか、お金をもっと増やそうという目的であっても、お金の事ばかり考えていると 人生を楽しめなくなってしまう様です。

お金について考えないようにすると幸せになれる

私は、幸せな人生を過ごすためには、持ち物を減らすとか、不安を手放すとかが大切だというのは腑に落ちていましたが、 お金は多いほうがいいでしょ?という思いがあって、ずっと引っかかっていました。

でも今回、お金について考える時間を減らしたほうがいい。という考え方が、すごくしっくりときました。

例えば、お金は多いほうがいいから、お金を増やしたくて投資をするにしても、 沢山お金の勉強をして難易度の高い投資で大きく増やしたり、 長時間チャートにへばりついて売り買いを重ねる・・・といった 長くお金と関わる必要があるやり方はストレスも大きく、辛い事、不幸せに感じることも多いでしょう。

そうではなくて、長期保有前提の自動積立の投資であれば、ほぼほったらかしで、お金について考える時間は少なくてすみます。

自分の許容範囲のリスクで、やれる範囲の金額を決めてお金を増やすことも一応やっておき、 なるべくお金について考えなくていいようにして、人生を楽しむ時間を最大限に確保する。

収入がそんなに高くなくても、毎月の収入に波があっても、まぁなんとかやっていけるように生活コストを下げておき、 お金についてあまり気にしないようにする。

お金について考える時間 や、お金にかかる手間を少なくしておくと、幸せな時間を多くすることができそうです。

心配だからとお金について考えてばかりいる事は幸せを遠ざけてしまっているのかもしれません。



スポンサードリンク
HOME > 【幸せになる方法】〇〇の時間を減らすと幸せになる!幸せとは?

こちらの記事も参考にどうぞ

関連情報