フリーターでいることの焦りはどこから来るのか?

焦って急ぐ男性

まぁいいっかと思ってフリーターになった。
理由は特になく、将来のこともそんなに考えていない。
ただ、真面目には働いている。
それなのに、25歳を過ぎたあたりから漠然とした焦りを感じているんだ。

一見、気楽にみえるフリーターの多くが、こんな悩みを抱えています。フリーターでいることの焦りはなぜ、どこから来るのでしょうか?

世間から評価されていないから

働き始めたころは、正社員でもフリーターでも、仕事ができないことに変わりはなし。正社員は、残業を命じられたり、休日出勤をしたり、むつかしい作業を指示されたりはするものの、1日が24時間であることは誰でも同じなので、そこまでの差はないものです。

でも、ふと気づくと、なぜか正社員は評価され、認められているのに、フリーターは、なんとなく馬鹿にされているように感じる。

すごいですね!なんて言われることもないし、ついてきてくれる後輩もいなし、かわいがってくれる先輩もいない、叱ってくれる上司もいない。

できるようになった仕事をただ毎日繰り返すだけ。頑張りたくても、なにをどう頑張ればいいものか・・・?バイトの掛け持ちをして、長時間労働をするくらいしか思い浮かばない。

で、長く働いたところで、誰も尊敬してくるわけではなく、ただ、体を壊すだけ。働いた先に、昇格や昇進などの次のステップもない。

これでは、頑張る気持ちを維持することはむつかしいですよね。そして、将来に対して行き詰まりや焦りを感じるのです。

差別を感じる

服装で判断される人
世の中は平等ではありません。日本は資本主義国家なので、競争の原理で動いています。

お店屋さんでも、たくさん買ってくれるお客様にはたくさんサービスをして、あまり買ってくれないお客様にはサービスも少なくなります。

男女差別や学歴差別もなくそうとはいいつつも、体力差や経歴差によって、違う対応になることはなくなりません。

フリーターと正社員も、任される仕事内容や待遇が違います。

例えば、社員食堂のある会社で、正社員は社員割引で安く社食が食べられるのに、アルバイトは割引はなしという話もききます。

別々の対応をするほうにしてみたら、悪気があるわけではなく、制度上しかたないとか、何気なくそういうルールになっているということも多いわけですが、損をしたと感じる区別が多いフリーターにしてみれば、その都度嫌な気分になって、傷つくものです。

この先の人生も、ずーっと差別されて、損した気分で過ごすのだろうか・・・。

差別から抜け出すためにはどうしたらいいのだろうか?ずぶずぶと埋もれていく蟻地獄から抜け出そうともがいているような気持ちです。これは焦りますね。

同世代の活躍を目にする

就職して働いている同世代が、昇進したり、栄転したり、大きな仕事を任されたり・・・そんな変化を見聞きすると、自分の未来には、そういうものは描けず、なんだか、差をつけられた現実を見せつけられます。

また、フリーターと変わらないと思っていた、音楽などの専門的な職業についた人が、才能が認められたりして、急に、ビッグな存在になったりすると、焦ります。

天才なんて一部の人だけ、と思っていても、ニュースで、同世代のスポーツ選手やバンドマン、タレントなどが活躍していることを知ると、自分はこのままでいいのだろうか・・・と思うものです。

周りが結婚していく

結ばれたカップル
フリーターでいることがなんとなくよくないなぁと思っていても、物事にはメリットデメリットがあるので、「フリーターだって自由に生きられるのは良い点だ」などと自分を納得させてやり過ごすことはできます。

でも、決定的な事実を突きつけられたりすると、ふと我に返るものです。それが、周りが結婚して、結婚式や新婚旅行にいったり、新居を購入したりと大きなお金を使って人生のステップを歩んでいくのを目の当たりにすることです。

収入が少なく将来が不安定なフリーターが結婚しづらいことは事実です。

結婚式や新婚旅行となると、持っているお金の差をまじまじと感じさせられます。高給取りのサラリーマンはヨーロッパ海外旅行や海外挙式など、数百万円をつぎ込むことも珍しくありません。

いつの間に貯金していたんだ?!たった数年の違いで別世界に生きる周囲の知人を見ると愕然としますよね。

また、家を建てたりマンションを購入したりするには、数千万円のローンを組んだりします。

お金を貸してくれる信用というのはフリーターにはありません。「あなたにお金を返せるの?そんな収入ないでしょ?」と社会からノーを突きつけられるのです。

あぁ自分は確実にかけている。周りの人たちが普通に持っているものを自分は持っていないんだ。こんな風に思うとき、大きな不安に襲われどうしたらいいのかと焦るのは当然ですね。

焦りを解消するために

何気なくフリーターになったとしても、時がたつにつれて、不安になり焦りを感じるのは普通のことです。

フリーターにとっては、世の中は不利にできていて、生きづらい世の中となっているからです。

焦る気持ちは気づかないふりをしないで素直に受け止めましょう。それでもフリーターで生き続けるというのもその人の生き方です。

でも、別の働き方をしたいと思うならば、早めに切り替えることが大切です。

大事なのは、よく考えることです。差別されたり、信用がなかったり、収入が少なかったりして辛い気持ちについて、それでも本当にいいのかをよく自問自答しましょう。

自分の考えを持って、目の前のことに精一杯取り組めるようになれば、焦りは消えていきます。

お気軽に共有してください

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
ハタラクティブ
20代・未経験の人に最適!

若年層専門の「就活アドバイザー」がいるので相談しやすい就職支援会社。
厚生労働省認定サービスです。安心して会社選びや将来の不安について相談できます。
ノルマをこなすためにエントリー数を増やそうとする支援会社もありますが、ハタラクティブは、無理な就活はすすめません。人に寄り添って親身にサポートしてくれるので、不安の多い20代に特におすすめです。

  • 支援実績4万人以上
  • 営業求人は3割程度、事務・エンジニアなどまんべんなく多様な職種をご用意
  • 東京、神奈川、埼玉、千葉の求人を扱っている
  • 地方在住でも、東京近郊で働きたい人なら相談に乗ってくれる
  • 未経験OKの求人が1000件以上。しかも、研修制度のある企業が9割なので安心
  • カウンセリングと内定率が1.2倍になる面接対策が無料で受けられる
  • 正社員成功率80.4%の実績
  • 最短で約2週間。平均で約1か月のスピード決定ですぐに正社員になれる
公式サイトを見てみる↓
いい就職.com
質の高い求人情報を探すなら!

国内最大級の既卒・第二新卒の就職支援会社です。幅広いサポートが受けられ、セミナーなどのサービスも充実しています。離職率の高い企業や募集背景が明確でない求人は掲載していないので、安心感がもてます。

  • 正社員応募できる求人が2000社以上
  • 既卒で就職した人の数は5000人以上という実績あり
  • 東京だけでなく、大阪、名古屋、沖縄にも拠点がある
  • リクルート出身でアジアでも活躍している秋庭氏が設立
  • 就職ガイダンスや就職活動マナー講座で基礎も身につけられる
  • 模擬面接大会、自己アピール完璧セミナーなどでスキルアップできる
公式サイトを見てみる↓
JAIC(ジェイック)
バリバリ働ける仕事!

「ガイアの夜明け」「ワールドビジネスサテライト」などメディアで何回も紹介されている注目の就職支援会社。厳選された優良企業を紹介してくれるため、長く安心して働きたい人におすすめです。

  • 就職成功率80.3%
  • 正社員就職支援実績14000人以上
  • 東京、千葉、神奈川、埼玉、愛知、大阪、福岡にて説明会が開催
  • 社会人経験なしでOKの求人あり
  • 書類選考なしで紹介してくれる
  • 就職支援講座が受けられる
  • アフターフォローもあるので入社後の定着率が高い
公式サイトを見てみる↓
既卒の就活トップ > フリーターでいることの焦りはどこから来るのか?

こちらの記事も既卒の就活の参考になります