HOME > 既卒の就活でクズ扱いされたら考えたい2つのこと

既卒の就活でクズ扱いされたら考えたい2つのこと

遠くを見つめて考える女性

作成

既卒というだけで引け目を感じているのに、就活の企業からクズ扱いされると心を痛めますね。

直接的な言葉で言われなくても、対応の仕方、目線、表情などで、傷つくことはたくさんあるでしょう。

特に、日本は失敗に厳しい社会なので、新卒ですぐに就職する人の多い中、「就職活動に失敗して既卒になった」という見方をする人が多いんですね。

時代によって就職活動の難しさや社会状況の違いがあるのに、すでに社会人になっているということに優位性を感じて、就職していない人を見下すのです。

でも、それって、本当は、自分も不安なので、他人の大変さを棚に上げて少し安心したいだけなのです。

就職している人も、面接をしている人も、上司に怒られたり、出来ない仕事に悩んだり、家庭で問題を抱えていたり、ひとそれぞれです。

当然、優劣もなにもありません。気にしないのが一番です。

しかし、やっぱり、クズ扱いされていると感じて凹んでしまう人のために、3つの考え方をご紹介します。

クズ扱いしてくる人を避ける

厳しい上司
他人をクズ扱いする人って、器が小さいと思いませんか?

そんな人は、そのうちにしっぺ返しを食らう可能性も高いでしょう。

自分に害のある人には近づかないことがベストです。

クズ扱いをしてくる人が企業の採用担当者であれば、気にせず、他の企業をさがしましょう。

「自分の価値観に合わない企業が一つ見つけられてよかった」ということです。

日本にはとんでもない数の企業があるので、数をこなせば、扱いが悪くない企業を見つけることは必ずできます。

また、クズ扱いしてくる人は、他人の気持ちに分からない可愛そうな人なので、「自分はそういう行動をしない」という気付きにしましょう。

自分がいい人になれれば、いい人に囲まれて仕事ができる可能性が高くなります。

若さはうらやましいもの

あなたをクズ扱いしてくる面接官は、あなたより年を取っていて、将来も限定されています。

自分が年を重ねると分かるようになりますが、若さとは、それだけでとても大きな強みで、これから何をしてどんな風に成長していくかという可能性があるということなのです。

だから、あなたの若さがうらやましくて、本気出されたらすぐに追い抜かれてしまう「脅威の存在」と感じているのです。

でも、本当の意味での若さは、実年齢ではなく、「いつでも本気になれるかどうか?」ということです。

将来が見えていて惰性で毎日を送っている人は、分からない未来に本気でチャレンジすることが怖くてできません。

就職活動というチャレンジしている姿自体が、うらやましくてまぶしい存在なのです。

だから、後悔しないように、できるだけのことをしておいたほうがいいです。

今うらやましがられている若さも、永遠のものではありません。先延ばししないで、できる事を今やれば、最大限にメリットを活かせることになります。

気になる求人には、どんどんアプローチしましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 既卒の就活でクズ扱いされたら考えたい2つのこと

こちらの記事も既卒の就活の参考になります