HOME > 就職できなくて既卒になってしまった人の末路と不安からの脱却

就職できなくて既卒になってしまった人の末路と不安からの脱却

不安でうずくまる男性

作成

「就職先が見つからず既卒で職探しをする事になってしまったら、その後の人生の末路はどうなるんだろう」

こういった、不安・悩みがある人に向けて、徹底解説します。

この記事を読めば、

「既卒になった人の末路と、不安な気持ちの対処法・既卒から就職する方法」

が分かります。

就職できなかった既卒者の末路事例

私は、企業で採用活動を行っていたので、人より多く、「既卒が卒業後を何をしていたか?」、「既卒者がどの様な就活をしているか?」「既卒者が就職後どのようになったか?」ということにふれる機会がありました。

この経験から、既卒になってしまった人の末路の事例をご紹介します。

器用で仕事ができる既卒者A君

積極的・どや顔
見た目は今どきのおしゃれな雰囲気で、独自で勉強しているだけなのに、すぐに即戦力になりそうなA君は、既卒1年目で中小企業に就職を決めました。

既卒であることはあまり気に留めていない様子で、もくもくと仕事をし、スマートに振る舞います。

周囲からは、「こんなにできる人材なのに、何で既卒になったんだろう」という声もありました。

しかし、入社後2年もたたないうちに、協調性のなさが露呈しはじめ、トラブルで皆が協力して残業している時に、黙って1人で帰ってしまうことや、急ぎの仕事を断るなどの行動が目立ち始めました、そして、あっけなく、退社。

社内でも深い人間関係を気づいていなかったので、退社後の彼の末路を知る人はいませんが、どこかでマイペースに生きているのではないでしょうか。

経歴だけ見ると、不幸な既卒の末路のように見えますが、自ら選んでいる道であり、本人は辛いとは思っていないようにみえました。人生の幸せは人それぞれですね。

仕事以外で存在感を発揮する既卒者B君

真面目で、指示された仕事に「分かりました!」と大きな声で答える姿勢が素直だと評判のB君。

既卒で2年ほど、職業訓練やアルバイトをしてから就職したのですが、一生懸命な姿とはうらはらに、仕事の覚えが悪く、スピードが遅いことが上司の悩みの種となっていました。

それでも、言われたことには一生懸命取り組むので、少しづつ成長はします。しかし、同じことを何回も教えるのは、先輩社員にとって大変なことで、徐々に教育時間が減り、B君のスキルも緩やかにしか上がっていかないようになりました、

でも、会社の仕事は、難しい事ばかりではありません。大量の単純作業やイレギュラーのちょっとした仕事など、慣れれば誰でもできる細かい仕事がたくさんあるものです。

今では、そういう仕事がB君の専門分野として、役立つ場面が増えてきました。

既卒であっても、真面目な性格が花開いて、会社での役割を獲得したのです。

大活躍!とか人生の成功者!と持ち上げるようなことではないですが、自分のペースで前に進み、出来ることを仕事として、地味ながら、しっかりと活躍しているB君。社内の仲間ともうまくやっていて、毎日イキイキと過ごしています。

山あり谷ありの人生の既卒者C君

音楽系フリーター
在学中から趣味の分野でお小遣い程度の稼ぎがあり、卒業後は、その分野でフリーターとなり、夢に挑戦し続けていたC君。その夢とは音楽関係の仕事でした。

しかし、3年程で「できちゃった結婚」を機に就職。趣味を続けながら、仕事も続けています。

彼の場合、フリーターという不安定な職歴でスタートしたので、決めたことに取り組む熱心さに覚悟が座っています。

フリーターのときも、会社員のときも、仕事として100%の力で取り組むので、残業や給料の額など一切気にならないようです。

趣味と仕事の区分もないのかもしれません。ただ、毎日何を一生懸命やるかという感じで、その時、その時を熱く生きています。

結果として、給料は年々上がり、傍から見れば順風満帆な人生にみえます。

就職できずに学校を卒業した人によくみられる将来

以上、3人の既卒者の末路についてご紹介しましたが、それ以外にどんな将来の選択肢があるのかリストアップしてみました。

  • 家事手伝いと称してアルバイトをしながら婚活に励む
  • 引きこもりになって、毎日ネットとゲーム三昧
  • 悪い知り合いとつるんでよく分からない仕事をし、グレーな社会に染まってしまう
  • 資格取得や公務員になることを目指して勉強に励む
  • 地元に帰ったらしい等の噂を残して消息不明となる
  • 海外留学や自転車で日本一周などの放浪の旅にでる
  • とにかく経験を積もうと変わったアルバイトをやりまくる
  • 精神的にダウンしたり病気になったりして寝込む
  • 水商売など夜の仕事をするようになり、昼よく逆転生活となって疎遠になっていく

大学在学時点での就職率は、平成28年度は過去最高の97.3%(4月1日時点)を記録して、売り手市場だと言われていますが、5年前の就職氷河期真っただ中の平成23年度は、91.0%でした。(参考:厚生労働省:就職(内定)率の推移

10人のうち一人は就職していないのですから、様々な将来の道があって当然でしょう。

でも、あまりよさそうに見えない生活スタイルが目立つように思います。

既卒になってしまったらどうすればいいのか?

遠くを見つめて考える女性
他人から見たら悲惨にみえる既卒という人生でも、幸せか不幸せか?辛いか楽か?それぞれの感じ方があって、複雑な思いを抱えているでしょう。

でも、全員に共通することは、「末路」といっても現在進行形であるという事です。これからを生きるために、どうすればよいのでしょうか?

不安の対処法

時間はすべての人間に平等に、1日24時間が過ぎ去っていきます、その中で、何に取り組むかの違いです。

他人からどう見えようと、一生懸命になれる事があれば、本人は楽しく感じて前に進むことができ、そうやって人生を楽しんでいる人はたくさんいます。

既卒の末路を心配する心境は、将来が分からない、就職先がどこになるのか分からないことからくる不安でしょう。

不安を少なくするには、行動することが一番です。
手始めに就活イベントなどにいってみるのもよいでしょう。
既卒イベントまとめ!既卒就活者向けのイベントってどんなものがあるの?

既卒におすすめの就活方法

大勢の人がいるところは苦手・本格的に就活に取り組みたいという人は、既卒専門の就活支援サービスの利用がおすすめです。

新卒メインの求人を見ていると落ち込みますが、「ハタラクティブ」「就職・転職ならDYM就職 」など既卒専門の就活サイトには既卒歓迎の求人情報がたくさんあります。

就活コンサルタントに相談すれば、既卒にありがちな悩みにも答えてくれます。

既卒になってしまっても、あなたの人生は、あなただけのもので、行動することができれば未来は変えられます。

どんな幸せが待っているのか?一歩を踏み出してみましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 就職できなくて既卒になってしまった人の末路と不安からの脱却

こちらの記事も既卒の就活の参考になります