HOME > 工場勤務の給料って安いの?実は意外といい生活ができる「給料」だけだと分からない生活事情

工場勤務の給料って安いの?実は意外といい生活ができる「給料」だけだと分からない生活事情

給料袋からはみ出るお金

作成

工場勤務の給料って安いイメージがありますがどうでしょうか?

中には、月50万円以上の給料の人もいますが、まぁ、どこの業界も給料額が厳しい面はありますよね。

でも、働くとなると、給料をいくらもらえるかはすごく大事なことで、給料によって、自分の生活、はたまた人生が変わってきます。

で、大事なのは、生活の質です。

給料が高い人でも付き合いで必要な出費が多かったりして、生活が苦しい人は多いです。

そこで、工場勤務の給料と生活事情について調査してみました。

工場勤務の給料独自リサーチ結果

よそ様のお給料を知る機会ってなかなかありませんよね。まして、工場勤務に特化といって、どうやって調べたいいんだろう・・・ということで、試行錯誤の結果、同時に調査をしてみました。

方法は、ママスタジアムというBBSスタジアムに「工場勤務の旦那さんの給料教えて下さい」という投稿がされており、そこに書き込まれた内容の集計をとってみるというやり方です。

匿名のBBSサイトなので、本音の金額が書き込まれている可能性も高く、一つの目安として信憑性はあるのではないかと考えています。結果は以下の通りです。

20代28万円・30万円・19万円・18万円・21万円・29万円・23万円・25万円・30万円・23万円・28万円・25万円・23万円・23万円・17万円・27万円・50万円・22万円・16万円・30万円
30代35万円・13万円・25万円・38万円・28万円・25万円・50万円・30万円・35万円・30万円

10万円台の給料の人もいるようですが、20万円代後半が目立つように思います。30万円の給料がもらえるとちょっといい感じですよね。時々美味しいものを食べに行ったりして、ゆとりある生活が見えてくる金額です。

平均値を出してみると、20代の給料は25.35万円。30代は30.9万円という結果がでました。

20代から働きはじめたとして、30代で給料がアップし、一般的に考えて、悪くない金額ではないかと思います。

お金のことについてもっと知りたい方はこちらの記事もあわせてどうぞ
工場勤務の年収は?どんな職種があるの?仕事内容を徹底解説!

残業代がしっかりとつく

給料計算
残業代のつけかたとしてよくあるのが、みなし残業(みなし労働時間制)というやり方です。

これは、残業時間があってもなくても、長くても短くても、一定の金額を給料の中に含むという考え方で、営業やデザイナーなど、はっきりとした残業時間を計算することが難しい業種においてよく使われています。

いわゆるオフィスワークの多くはみなし残業のところが多いです。一方工場勤務は、残業時間がはっきりとわかります。

そのため、基本給と残業代がはっきりと分かれており、「基本給は17万円だけど残業代を入れると28万円になる」という給料体系の人が多くみられました。

残業が多い月と少ない月とで給料額が変わってしまう問題はありますが、頑張って働けばその分多く給料をもらえるというのは、やりがいにつながりますね。

忙しくて残業の多い工場の場合、残業でかなり稼いでいるという人もいるようです。

社会保険関係の充実

健康的な男性
正社員であれば、会社の健康保険と年金に加入できることが多いですが、工場勤務の場合、会社によっては、生命保険に加入させてくれるところなどもあります。

体を使う肉体労働なので、もしものことがあった場合に、生命保険にはいっていると、残された家族にとって安心材料のひとつになります。

普通は、個人的に保険会社と契約して加入するものですから、数千円から1万円程度だとしても、会社で加入させてもらえるとお得な料金で入れる場合もあるでしょう。

この様に、給料から見えない部分でお得なことが、工場勤務の仕事には意外と多いようです。

おそらく、工場の多くが超大手企業やその関連会社なので、体制が整っているのだと思われます。

待遇面が大手企業並みというところは珍しくありません。

待遇の良い仕事は、求人サイトを使えば簡単に検索できます。
工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

マイホームを建てる人が多い

家々
工場勤務の人は、20代で家を建てる人も多くて、給料額とともにローンの返済中でることを書き込んでいる人がたくさんいました。

家を持つかどうかは個人の考えの問題ではありますが、ある程度の給料をもらっていないとできないことです。

まして、20代で家を持てるひとは少数派です。

オフィスワーカーが多い都心部ともなると、土地代が高いため20代で家を買う人はあまりいません。一生賃貸という人もよくいます。

また、都会は遊びの誘惑が多いので、仕事帰りに飲みに行ったり、服や最新スマホなど趣味に使うお金が多くなりがちで、マイホーム資金を貯められないという事情もあるでしょう。

たとえ高額な給料をもらっていたとしても、浪費が多くなってしまっているのでは、生活を豊かにすることは難しいかもしれません。

工場勤務の仕事は、体も疲れますし、繁華街からも遠いので、遊びにお金を使う機会がかなり少ないと言えます。

結果として、若いうちからマイホームを手に入れて落ち着いて豊かな生活がおくる人が多くなっているのでしょう。

結論:工場勤務の給料は安くない

結論として、工場勤務の給料は安くありません。平均的か少し高い位の給料を貰えている人が多いようです。

しかも、遊びで浪費する機会が少ないため、しっかりと貯金をして、家の購入などまとまった意味のあるお金の使い方をしている人もいます。

落ち着いて豊かな生活をしたい人には、お金を貯めやすく、満足できる給料をえられる仕事だと言えるでしょう。




人気記事工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

既卒の就活トップ > 工場勤務の給料って安いの?実は意外といい生活ができる「給料」だけだと分からない生活事情

こちらの記事も既卒の就活の参考になります