HOME > 工場勤務はきつい?それとも楽?工場勤務の大変さはどんな感じなの?

工場勤務はきつい?それとも楽?工場勤務の大変さはどんな感じなの?

疲労を訴える人

作成

工場勤務の仕事って、「きつい!」という人と「楽~」という人の両方がいます。

一体どっちなのでしょうか?世の中の声を集めてみました。

そして、せっかく工場勤務の仕事に就けても、きつくて続けられないのであれば意味がありませんから、続けられそうな楽な仕事を選ぶポイントについて考えてみました。

※工場勤務の仕事を探せる求人サイトは、こちらの記事にまとめました。
工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

工場勤務はキツイという意見

工場勤務のきつさは、肉体的な辛さによるものが大きいようです。

きつい業種の特徴

今の時代、きつい業種のナンバーワンはIT業界ではないでしょうか?残業や泊まり込みもあり、長時間労働が当たり前となっているイメージです。

その他のきつい業種としては、タクシー運転手・飲食業のワンオペ・ノルマが厳しい営業などがあります。

でもこれらの仕事に共通しているのは、ひとりぼっちであれこれやらされるきつさなので、工場勤務においては無縁のことです。

工場勤務の仕事におけるきつい業種の仕事の特徴は以下の通りです。

  • 腰が痛い
  • 立ち仕事で疲れる
  • 同じ動作の繰り返して体の一部が痛い(手・腕・肩など)
  • 体力が続かない
  • 夜勤がきつい
  • 早起きするのが辛い
  • 連ちゃん仕事で眠い 等々

体の問題は個人差があるので、体力がある人にはあまりきつくないのかもしれません。

また、体は慣れるものです。立ち仕事のきつさは、他の多くの職業でも同じことなので、「きついけど慣れた」という状態に持っていける人も少なくありません。

私は以前、座り仕事メインで時々1日中立ちっぱなしという仕事をしていたことがありますが、たまにの立ち仕事はきつかったです。一方、毎日立って仕事をしているときはそこまできつい思ったことがなかったので、慣れるまでの辛抱ともいえるでしょう。

早起きやシフト制独特の不規則な生活スタイルも慣れてしまえば当たり前になってきます。

勤務日が長期連続にならないようにシフト申告の際に気をつけるとか、休みの日にはしっかりと体を回復させるなど、働き方のペースがつかめるなると、体のきつさは小さくなるでしょう。

工場勤務の各業種についての詳しい仕事内容やきつさの詳細については、こちらの記事に書きました。

フォークリフト

フォークリフト運転士の仕事は、倉庫内などで一度にたくさんの荷物を移動させる仕事です。
商品が積まれたパレットという荷役台を何枚も重ねて運んだり、狭い場所で人が持てないような重たいものを器用に移動させたりする必要があります。
フォークリフトの仕事ってきついの?仕事内容・向き不向き

ライン作業

ライン作業がきつい理由は、作業が単調・集中できないなどの精神的なつらさが大きいようです。
足腰が痛いという声が多いかと思いましたが、皆さん大人ですから、立ち仕事のつらさは当たり前のこととして受け止めているのだと思います。
工場のライン作業ってきついの?みんなの声ときつい理由

ピッキング

ピッキングとは、主に工場内で行う軽作業で、未経験や女性でも簡単にできる仕事として人気が高いです。
工場で作られた商品を出荷する最終段階の仕事で、前後の作業として、仕訳・パッキング(梱包)・検品があり、合わせて行う場合もあります。
ピッキングの仕事ってきついの?女性もできる内容?向いてるのはこんな人

クリーンルーム作業

クリーンルームとは、温度・湿度・空気の清浄度レベルを一定に管理した部屋で、「防塵室」とも呼ばれます。
目に見えない塵が製品に付着することを極力抑えた環境で、製造を行うための部屋です。
主に、半導体・精密機器・樹脂製品・液晶パネル・医療機器・食品などの工場に導入されています。
クリーンルームの仕事って辛いの?女性に人気の工場作業の実態

溶接

溶接の仕事は、大きく分けて「ガス溶接」と「アーク溶接」の2種類があります。
前者は可燃性ガスを使い、後者は電気のアーク放電を使う方法で、「ガス溶接技能者」と「アーク溶接作業者」というそれぞれ別の資格が必要となります。
溶接の仕事ってきついの?仕事内容・向き不向き

体力のない人は工場勤務をやめておいた方がいいのか?

男性フリーター
体力がある人は、どんな仕事をするにしても心身ともに余裕を持てます。

なので、体力に自信がない人は工場勤務がきついかもしれませんが、だからといって、やめておいた方がよいとは限りません。

働きながら健康や見た目をよくするためにジム通いをする人もいるのですから、仕事兼体作りの場として、工場勤務作業をするのも一つの考えです。

体を使わない仕事をすれば、その時は楽かもしれませんが、筋力が落ちていき老化も早まります。

40代位で働けなくなり、再就職も見つからないという状況になってしまうかもしれません。

それならば、適度に体をつかう工場仕事で体力をつけるようにして、長く働き続ける体を手に入れた方が、長い目で見た時に賢い選択ではないでしょうか。

工場勤務は楽という意見

工場勤務が楽という意見には、勤務時間がはっきりとしていて、仕事を持ち帰ることがなかったり、定時に帰れたりすることがあげられるようです。

仕事がきついブラック企業の代名詞は長時間労働です。

工場勤務も、納期が迫ってたりすれば残業することはありますが、基本的には工員の健康を維持して、毎日きちんと工場が稼働するように考えられています。

いつになったら帰れるのか分からないつらさはないので、「勤務時間内に仕事をきちんとやりさえすればいい」という気持ちの安心があります。

営業ノルマもないし、胃が痛くなるような人間関係に悩まされることも少ないので、精神的な楽さもありますね。

楽な工場仕事探しのポイント

楽な工場勤務の仕事探しのポイントは、「仕事内容」と「シフト状況」です。

仕事内容について

仕事内容は、重たいものを持つことが少ない仕事を選ぶと体が楽ですが、楽な仕事は時給が安い傾向がある為、注意が必要です。

手先が器用であれば、クリーンルーム内で基盤修理などの仕事もおすすめです。

重たいものを持つことだけを避けたいのであれば、資格を取ってマシン操作や溶接など高度な仕事ができるように目指すものいいですね。

シフト状況について

むちゃなシフトを組まれないようにするためには、たくさんの人が働いていて人手不足ではない大手の工場を選ぶとよいでしょう。

夜勤を避けたければ、夜勤なしの仕事もあります。

求人情報を見る際には、勤務時間や休憩時間について、しっかりと書いてあるところを選ぶようにすると、時間管理がしっかりできている仕事を見つけられる可能性が高くなります。

工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選



人気記事工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

既卒の就活トップ > 工場勤務はきつい?それとも楽?工場勤務の大変さはどんな感じなの?

こちらの記事も既卒の就活の参考になります