HOME > 溶接の仕事ってきついの?仕事内容・向き不向き

溶接の仕事ってきついの?仕事内容・向き不向き

作業員

作成

溶接は、火花を飛び散らせて鉄と鉄をつなぐ仕事で、職人というイメージがあるように思います。防護服を着て目元を防御して作業をする姿はかっこよさがありますし、昔は製造業の中の花形職業でした。

今でも、工場仕事の中ではそれなりの給料はもらえますし、資格が必要な仕事でもあるので、工場系の仕事をするなら「溶接で手に職をつけよう」と思う人もいるのではないでしょうか。

※溶接の仕事を探せる求人サイトは、こちらの記事にまとめました。
工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

溶接工の仕事内容

溶接の仕事は、大きく分けて「ガス溶接」と「アーク溶接」の2種類があります。

前者は可燃性ガスを使い、後者は電気のアーク放電を使う方法で、「ガス溶接技能者」と「アーク溶接作業者」というそれぞれ別の資格が必要となります。

さらに、上級の資格としては、「アルミニウム溶接技能者」「PC工法溶接技能者」「ガス溶接作業主任者」「ボイラー溶接士」「溶接管理技術者」「溶接作業指導者」などがあり、スキルアップを目指すことができます。

溶接工の仕事ってきついの?

溶接の仕事のきつさについての意見を集めてみました。

火傷をしやすい

火花が飛んでいるので、ちょっとした火傷はよくあることです。道具をつかった手元作業なので、かすり傷なども日常茶飯事です。

でも、上手な人は火傷もケガも少ないモノ。慣れてくれば、深刻な問題ではなく、職業あるある的なところかと思います。

ただし、危険と隣り合わせなのは確かなので、集中して作業することが大切です。

目が痛くなってきつい

光を間近で見続ける作業なので、目が痛くなるという辛さがあります。特にアーク溶接は紫外放射が強いので、日焼け止めを塗ることが必要なくらいで、目への影響が大きいです。

きつい肉体労働はぐったりと疲れますが、目の疲れも全身疲労につながっています。上手に目を休ませることができないと、疲れを感じやすい作業といえるでしょう。

また、溶接眼鏡やゴーグルをつけて作業するので、目が悪い人は、眼鏡ではなくコンタクトにするなどの工夫が必要かもしれません。

体がきつい

溶接作業は、ベストな態勢で行えるものばかりではありません。むしろ、無理な姿勢を長時間続けなければいけない場面があります。

これは、どのような作業にも通じることだと思いますが、腰・肩・腕・足などが痛くなることはあります。

でも、溶接は、熟練の中高年の人もやっている仕事なので、技術力と経験で、体の負担が少なくなるようなやり方を習得していくことは可能でしょう。

その他の工場勤務の仕事のきつさについても知りたいなら、こちらの記事もあわせてどうぞ

きつい?それとも楽?工場勤務の大変さはどんな感じなの?

向いているのはこんな人

健康的な男性
溶接の仕事には大変さもありますが、スキルアップの道もありますし、給料が高い仕事もあります。

向いているのは、以下の人です。

  • 黙々と作業に取り組める人
  • 手先が器用な人

黙々と作業に取り組める人

溶接作業は一人で行うものなので、他の人とコミュニケーションをとる必要性は少ないです。

一人で黙々と作業をすることが好きな人には向いている仕事といえるでしょう。

手先が器用な人

火花や音で荒々しいイメージがあるかもしれませんが、製品の品質にかかわることなので、意外ときっちりとした作業がもとめられ、きれいに溶接できていないと、やり直しとなることもあります。不器用な人には難しいかもしれません。

工作が得意・DIYが好きなど、モノづくりが好きな人や手先が器用な人に向いている仕事といえるでしょう。

溶接工の求人情報

溶接の仕事にはどのような求人があるのか、工場ワークスで調べてみました。

生産機械の改善およびメンテナンス業務
年収4,170,000円~4,980,000円
溶接技術をはじめとして、金属加工・シャーリング・旋盤など
正社員・社会保険完備 応募資格:金属溶接およびNCマシンによる金属加工の実務経験
加工マシンオペレーター・溶接、塗装作業・組立作業・プレス加工
月収例:30万円~32万円
未経験歓迎
20代~50代の幅広い年齢の男性活躍中
建設用重機の溶接業務
ブーム・アーム部等のCO2半自動溶接作業
製缶・溶接作業経験者歓迎
世界トップクラスの機能・品質を誇る大手メーカー勤務
月収30万円以上可

やはり、給料の高さは魅力ですね!また、技術を身につければ50代での転職も可能なのは安心材料のひとつでしょう。

でも、これから発展して伸びる業種ではないので、求人数はあまり多くないです。

早く経験を積んで技術力をつけて高収入を得て、安定雇用の会社や技術を高く買ってくれる職場へステップアップしていくのが、成功コースかと思います。

溶接の求人情報検索⇒工場ワークス

溶接の仕事に就くには

これから溶接の仕事をやってみたいという人は、まず、未経験でも応募できる溶接の仕事を探すしかありません。

初心者がまず目指す資格は、「ガス溶接技能者」と「アーク溶接作業者」でそれぞれ2日間の講習で取得することができます。

でも、経験者として一人前に仕事ができるようになるには、数年はかかります。

大変さや難しさはありますが、だからこそ、できるようになることに価値があり、高い給料をもらえる可能性が広がるのです。

まずは、とにかく溶接にかかわれる仕事に応募し、溶接技術を磨いて高収入を目指しましょう。




人気記事工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

既卒の就活トップ > 溶接の仕事ってきついの?仕事内容・向き不向き

こちらの記事も既卒の就活の参考になります