HOME > 工場勤務の年収は?どんな職種があるの?仕事内容を徹底解説!

工場勤務の年収は?どんな職種があるの?仕事内容を徹底解説!

工場内

作成

「工場勤務の仕事ってどんな内容なのだろう。きついのかな。給料はどのくらい貰えるのか。どこで求人情報を探せばいいのか・・・。」

こういった、工場勤務の仕事に興味がある人に向けて、徹底解説します。

この記事を読めば、

「工場勤務の仕事が実際どうなのか?自分に合った条件のいい工場勤務の仕事を探すにはどうしたらいいのか?」

ということが分かります。
今すぐ、具体的な求人情報を見たい方は、こちらからどうぞ
⇒工場勤務求人が見つかるおすすめの求人サイト

工場勤務にはどんな仕事があるの?

工場勤務の仕事って、具体的にはどんなことをしているのか知る機会がないですよね。

作業着を着て工場の中で働いている人がいる・・・ということは分かりますが、実際の仕事の種類や内容は、どのようなものでしょうか。

いざ、工場勤務の仕事をしようと思ったら、自分がやっていけそうな内容であるのかについては、知っておく必要がありますよね。

そこで、工場勤務の業種と職種についてまととめてみました。

業種

仮面労働者

工場と一口に言っても、何の工場であるか?という「業種・業界」は、様々です。

自分が実際に行うのは多数の工程における一部分ですが、興味が持てる業種・業界であると、やりがいにつながります。

また、需要が高まっている業界は、全体的に給料が上がっていく傾向がありますので、業種・業界選びは収入との関係が大いにあります。

代表的な工場勤務の業種の種類について以下にご紹介します。

  • 自動車関連(自動車やバイクなどの部品製造・組み立て)
  • 機械・電機(半導体・電化製品・電子部品・金属・鉄鋼などの製造)
  • 化学(医薬品・化粧品・化学薬品やプラスティック等石油関連品などの工場)
  • 食品(食べ物や飲み物の製造・加工工場)
  • 紙類(印刷・製本や段ボールなど紙製品の製造工場)
  • 物流(工場で作られた製品のピッキング・梱包や配送手配・管理など)

私たちが日常生活の中でつかっているモノのほとんどが工場で生産されているので、なじみのあるものがたくさんありますね。

気になるモノをたどると、必ず工場仕事がかかわっているので、自分の興味がある製品の工場を探すとよいでしょう。

職種

工場で働く男性

次に、各工場で行う仕事は、具体的にどのような作業の種類(職種)があるか、まとめてみました。

製造業務
製品づくりの主流工程が製造で、溶接・プレス・塗装・機械操作など様々な作業があります。知識や技術をつけることができ熟練職人になることも目指せます。
自動車整備士・アーク溶接作業者・プレス金型取替作業者・菓子製造技能士などの資格が必要な仕事もあります。
組み立て
作られた部品を製品として組み立てる仕事です。力仕事が少ないので女性や高齢者でもできると人気です。流れ作業スタイルと一人で完成まで責任をもって行うスタイルがあります。
検査
出来上がった製品の動作チェックを行ったり、形や色等の判別を目や機械をつかって確認する作業です。細かい品質を守って良い製品を世に出すための重要な最終工程といえます。

自分が実際に行うことなので、得意なことが活かせたり、長時間取り組んでも苦にならないことを選ぶとよいでしょう。

給料はどれくらいもらえるの?

働くとき一番気になるのは「お金」という人も多いですよね。

生活に直結することなので、お金は大事です。

気になる、工場勤務のお給料事情についてまとめてみました。

平均年収について

給料袋からはみ出るお金
工場勤務の年収は、業種と職種によって違いがあります。

一般的に、きつくて大変な重労働を伴う仕事や専門的な知識や技能が必要な仕事は年収が高く、誰でもできる軽作業は年収が安くなる傾向があります。

工場ワークスの求人情報をざーっと眺めてみると、月収25万円~35万円位のものが多い印象です。月収35万円の求人も多く、48万円というものもりました。オフィスワークは10万円台~25万円位の月収が結構あるので、ならすと、工場勤務のほうが若干高めかと思います。

マイナビが発表した「業種別モデル年収平均ランキング」によると、精密機器の平均年収は573万円で113業種中15位、総合電機は555万円で20位となっています。(マイナビ転職2017年版業種別モデル年収平均ランキング

華やかなイメージがある人気のインターネット関連業種は551万円で21位、流通・チェーンストアは520万円で41位となっているので、他の業種と見比べても、工場勤務の仕事はやや高い平均年収だと言えるでしょう。

しかも、工場勤務の仕事は、資格を取ると手当がつくことも多く、できる作業を増やしていけば更なる高収入も目指せます。

かつては、「工場勤務の年収は低い」と認識されていた時代もありましたが、今は、「意外と高い!」と言えるほどの平均年収となっています。

給料が高い仕事内容事例

工場求人サイトホームページ

工場の仕事に特化した求人情報サイト「工場ワークス」で検索しまくって、見つけた給料が高い仕事をご紹介します。

月収35万円可能・高時給1650円!大手自動車メーカー派遣社員

未経験可能で組立・組付けやメンテナンス・保守・保全など配属先多数
入社祝金支給あり
4カ月で150万円稼ぐことが可能
無料ワンルーム集合寮あり
事前研修あり・社会保険完備・定期健康診断あり

工場作業員A
時給が1650円なので、毎日2時間程度の残業で、週休2日・月22日勤務(月間220時間勤務)とすると、363,000円になるので、目安の働き方としてはこんなところでしょう。

残業少な目で、安定感があるので、かなりいい条件かと思います。

派遣社員ではありますが、大手自動車メーカーの系列会社なので、同じ境遇の仲間も多く寂しい思いはしないでしょう。福利厚生などもしっかりしているので、中小企業の正社員よりは安定していると言えるかもしれません。

月収35万円以上可能・時給2200円以上!大手関連企業装置の組み立てメンテナンス

東証一部上場メーカーの関連企業での勤務
組立・組付け 、検品・検査・調整 、メンテナンス・保守・保全の仕事
半導体の検査装置の組み立て、調整、性能確認、立ち上げ作業(ライン作業ではありません)
交通費月額上限25,000円 残業代支給・社会保険各種・社員食堂あり
応募資格:高卒以上

工場作業員B
時給が2200円なので、残業なしの週休2日勤務という超ホワイトな仕事かと思われます。

電気の知識や配線技術が身につく仕事で、プラモデル作りなどが好きな人に向いている仕事ですね。

完成した製品の納入やメンテナンスとして、国内や海外への出張もあるようなので、製造業でキャリアアップしたい人にもぴったりの仕事でしょう。

30万円~32万円!正社員・半導体製造のマシンオペレーター

未経験歓迎!クリーンルーム内での機械操作作業
生産手当支給・残業手当・深夜手当・休出手当あり
交通費支給(上限20,000円迄)
昇給年1回・業績賞与年2回・退職金制度あり・入社支度金支給

工場作業員C
未経験でも想定年収は400万円以上となりそうな正社員の仕事です。

しかも、社宅費3万円会社補助で、入社支度金が支給されるので、地方在住の人でもしっかり働いて人生を変えるチャンスですね。

退職金制度もあるので、年収だけでなく長い目で見た収入も期待できます。正社員になりたいという人には魅力的な求人です。

高年収の求人をもっと見る⇒工場ワークス

給料が高いのは何の工場?

給料が高い工場勤務の仕事の種類はどのようなものが多いのでしょうか?求人情報を年収が多い順でソートして上位100件について調査してみました。結果は以下の通りです。

自動車関連48件
精密機械22件
部品など製造17件
その他13件

約半数が自動車関連工場での仕事という結果が出ました。

自動車は部品の数が多く、組み立てにもたくさんの工員が必要なため、求人数自体がとても多いです。

沢山の人を確保しなくてはならない為、給料も高くなっています。

次に多いのが、半導体などの精密機械工場です。こちらは、IT技術の発達などで、徐々に伸びてきている分野ですね。

それ以外は、機械部品・金型設計・化学・溶接・機械整備などの工場がみられました。

給料の高い工場勤務仕事の選び方

探す男性給料の高い工場勤務の仕事を選ぶにはどのようにすればよいのでしょうか?

基本的には、求人情報サイトで検索する時に、「給料順」で並べ替えればOKです。

でも、月給制のところと時給制のところが混ざっているので、少しややこしくなっています。

また、基本給以外にももらえるお金があるので、各求人情報を詳しくみると、思っている以上にお金がたくさんもらえる仕事もあります。

そこで、給料が高い仕事かどうか見極めるポイントをご紹介します。

時給や月給だけで判断しない

給料袋
求人情報には、「時給1200円」とか「月収30万円」と目立つように書かれています。

でも、小さな文字で、「月収例 30万5,346円」などと書かれていることがあるので、見落とさないようにしましょう。

両方の数字に開きがある様であれば、少ないほうが確実にもらえる給料だと思って間違いはありません。

繁忙期で特別に忙しい場合に一時的に多くなる給料が、書かれていることはよくあるので、注意しましょう。

時給だけを見ると誤差が大きくなるので、月収や年収換算して希望通りの金額がもらえる求人情報をさがすようにしましょう。

交通費の支給はあるか?

電車交通費
交通費は、まったく支払われない・上限あり・上限なしの3種類があります。

例えば、1日の交通費が1500円かかる工場へ月22日勤務した場合、33,000円かかります。

交通費の支給がないならば、月収が3万円低い仕事よりも、実際に手元に残るお金は少なくなってしまいますね。

よくあるのが、交通費の上限が2万円程度の求人です。

住んでいるところによっては、自腹が発生する人もいると思うので、給料額とあわせて考える必要があります。

それに、工場勤務は体を使う仕事なので、通勤時間が長いと体への負担がかかります。

交通費が支給される範囲内で、なるべく勤務先が近い仕事を選ぶとよいでしょう。

寮がある仕事はねらい目

会社の寮
寮がある仕事は思っている以上にお金が手元に残る仕事が多いです。

基本的に、寮は工場の近くにあるので、交通費はほぼかからないでしょう。

それに加えて、寮費無料・水道光熱費無料などの求人もあります。

例えば、家賃5万円のアパートに住んでいて、光熱費は月1万円、交通費2万円を自腹で払っていた場合、1か月にかかる費用は8万円です。

この負担がまるまるなくなるのはかなり大きいですよね。

8万円を貯金に回せば、5年間で480万円も貯める事ができます。

独身で仕事中心の生活をしているならば、生活費を抑えてしっかり貯金をするのもいいですよね。

将来に対するお金の不安がなくなって、先の人生の希望がひろがります。

さらに好待遇のお仕事が探す【裏技】

祝い金
求人情報サイトなどでたまに見かけるのが、「入社祝い金」です。

入社すれば必ずもらえるお金なので、ないよりはあるほうが嬉しいですよね。

工場ワークス には、ちゃんと働くだけで、給料以外にもらえるお金が多い求人情報が充実しています。

私が探してみたところ、こんな案件がありました。

★早期赴任手当 10万円
★初回特別延長奨励金 10万円
★経験者手当 10万円
★入社祝い金 8万円

合計38万円!

こんなにもらっちゃっていいの?と思ってしまうような金額ですね。

支給条件があるので、休みが多かったりするともらえませんが、1回きりのチャンスなので、がんばってみる価値はあるのではないでしょうか。

入社祝金ありの求人をもっと見る⇒工場ワークス

将来的な年収はどれくらい期待できるのか?

年収比較表
入社時に貰えるお金が多くても、将来的な年収が少ないと、工場勤務の仕事をするのに不安がありますよね。

20代、30代、40代、50代・・・年をとってもそれなりの年収を稼ぐことはできるのでしょうか?

そこで、年代によってどのくらいの年収になるのか調べてみました。
厚生労働省平成28年賃金構造基本統計調査の概況

【製造業の年齢別年収一覧表】
20~24歳201,900円
25~29歳235,100円
30~34歳269,700円
35~39歳302,600円
40~44歳340,000円
45~49歳380,800円
50~54歳406,200円
55~59歳412,500円
60~64歳265,400円
65~69歳249,600円

数字は、製造業の1カ月の所定内給与額です。

50代にピークを迎える賃金カーブとなっています。

他の業種も同じように、40代~50代にかけてピークを迎えその後下がっていきます。

製造業に限っては、年収がピークを迎えた後の落ち込みが少々大きいのが特徴です。

これは、工場勤務が体を使う仕事であることから、年齢による労働時間や内容の変化によるものだと考えられますので、若いうちから貯金をするなどして、老後に備える工夫をするとよいでしょう。

ちなみに、他業種との年収の比較表は以下の通りです。

【55~59歳の産業別年収一覧表】
教育・学習支援業540,300円
情報通信業523,500円
学術研究・専門・技術サービス業515,000円
医療・福祉470,700円
金融業・保険業496,200円
卸売業・小売業432,100円
建設業415,900円
製造業412,500円
生活関連サービス業・娯楽業331,800円
サービス業313,400円
運輸業・郵便業310,300円
宿泊業・飲食サービス業305,600円

製造業は12産業中の8位です。

ちょっと残念な気もしますが、上位の職業は、学校の先生・IT企業・専門家・医師・金融業などで、これらが約500,000円。

卸小売業・建設業・製造業が約400,000円で、最下位の宿泊業・飲食サービス業とは約100,000円の差があります。

このことから、製造業の年収は、産業全体から見ても真ん中ぐらいに位置し、意外と悪くないと言えるでしょう。

工場勤務の仕事が嫌になるかもしれない点

無表情の工場作業員

どんな仕事も、いいところばかりではありません。辞めたくなってしまうような嫌な点もあるものです。

工場勤務の仕事の場合は、以下の点が、気になります。

  • 底辺仕事だと言われる
  • 低レベルな同僚が多い
  • 単調な仕事に飽きてやりがいを感じられない

底辺仕事だと言われる

世間から見て、工場で働く事のイメージはあまりよくありません。

仕事で汚れるから汚い作業着を着ていることが多いので、仕方のない面もあるのですが・・・

体を使って泥臭い現場仕事を行うため、下っ端仕事に見られてしまうんですよね。「日本の底辺を支えている大黒柱」ともいえますけどね。

なので、同級生や親戚の集まりなので見下してくる人はいるかもしれません。

でも、仕事の種類や肩書で人を差別するような人はろくな人ではないので、気にしなければいいと思います。

低レベルな同僚が多い

工場勤務の仕事には、誰にでもできる簡単な作業もあります。なので、学歴の低い人、中学を卒業したばかりの人、高齢だけどお金が無くて働かなければならない人など、色々な人が働いています。

たくさんの労働力を確保しなくてはならないため、採用基準がゆるい仕事もあるのです。

なので、正直なところ、頭の悪い人やモラルの低い人もいます。

「くだらない会話をしているな・・・」「この人たちと同類とみられるのは嫌だなぁ・・・」などと思うこともあるかもしれません。

でも、仕事なんて、結局その人次第です。技術力をつけるなどスキルアップの道もあるので、同じ職場であっても、自分が変われば、低レベルな人とのかかわりはなくなっていくものです。

近い将来、AI技術の発達などで、「本当の単純作業はなくなるのではないか?」という意見もあります。もしそうなったら、低レベルの人は仕事を奪われていなくなるかもしれませんね。

そうなったときに、自分はできる仕事があるように、今からできることはやっておくのも大事な考えです。

単調な仕事に飽きてやりがいを感じられない

単純作業を続けることが向いていないタイプの人もいます。

仕事に集中できればよいのですが、「この作業に何の意味があるのだろうか・・・」などと考え込んでしまう人には辛いかもしれません。

でも、どんな仕事でも、意味を感じられるようになるのは、その道何十年のベテランでも難しいモノ。

簡単に意味を見つけられるような幻の仕事を探して、就活ジプシーにならないように気をつけましょう。

工場勤務が向いている人の5つの特徴

笑顔の工場作業員

工場勤務の仕事が向いていると思われる人の特徴をリストアップしてみました。

  • 一人で黙々と作業をすることが好き
  • 同じ作業を飽きずに続けられる
  • 単純な仕事の中に楽しさを見つけられる
  • 身体が丈夫
  • モノやモノづくりに興味がある

それぞれについてみていきましょう。

一人で黙々と作業をすることが好き

工場勤務の基本は一人で作業する仕事です。これは、向き不向き以前に、苦手だと務まらない必須条件かもしれません。
一人でマンガを読む・映画を見る・ゲームをするなどが好きな人は、一人で作業することに夢中になれる素質があでしょう。

同じ作業を飽きずに続けられる

朝食メニューは同じものがいいなど、生活パターンが決まっている人や、好きなモノを見つけるとそればっかりやっているような人は、同じ作業を続けることが苦ではないタイプの可能性が高いです。

単純な仕事の中に楽しさを見つけられる

マイルールを持っている人や、工夫することができる人は、単純仕事を楽しんでやれる人が多いです。これは、発想の乏しい人には難しく、意外とクリエイティブ性を持っていないとできないことだったりします。

身体が丈夫

大病をしたことがない・体力がある・風邪をひきにくい・疲れ知らず・タフである・睡眠時間が短くても平気・不規則な生活でもすぐにリズムを取り戻せる等々・・・身体が丈夫であることはどの仕事においても歓迎されます。

モノやモノづくりに興味がある

工場の多くは自動車関連業です。車やバイクが好きだったり、プラモデル作りが好きな人は、造っている製品に愛着を持ちやすいでしょう。また、新しいモノ好きや買い物好きな人なども、普段使っているものに関係する工場だと親近感がわき、楽しく働けるかもしれません。

工場勤務が合わない人はどんな人か?

工業勤務が合わない人は、「毎日違うことをしたい人」と「人と接する仕事がしたい人」です。

毎日同じことをするのが嫌だという人は、もっと新しいアイデアを出すように言われるような企画・営業などの仕事がよいでしょう。

人と接する仕事がしたいなら、接客業や営業の仕事があります。

いずれにしても、工場勤務とは仕事内容も求められる資質も違ってきます。

工場勤務の仕事に就く方法

スマホで調べものをする男性

工場勤務の仕事には、資格が必要なものもありますが、未経験でも応募できる仕事もたくさんあります。

職場によっては資格取得の補助ができることもあるので、まずは求人情報を探してみるのがよいです。

先に資格取得をしても、実際に働いてみたら向いていなかった・・・となると、時間とお金が無駄になってしまいます。

また、工場勤務の仕事はたくさんあるので、一般的な求人情報サイトではごく一部しか公開されていません。

自分に合った仕事を見つけるためには、工場勤務仕事に特化した求人情報サイトを使うことがオススメです。

おすすめの求人サイト

工場勤務の求人サイトでおすすめの2サイトを厳選してご紹介します。もっといろいろなサイトが見たい方はこちらもどうぞ
工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

工場ワークス

工場求人サイトホームページ

工場ワークスは業界NO1サイトです。23,000件以上の求人情報が掲載されていて、毎日更新されています。

対象地域は日本全国で、職種検品・検査・調整、仕分け・梱包・ピッキングなどの軽作業をはじめ、フォークリフトやクレーンなどの機械を操作する仕事や食品加工や工場事務など、幅広い職種の求人あり。とくに、他では見つからない好条件の仕事や家族寮のあるしごとなど、希少条件も。

交通費支給の仕事など、細かいこだわり条件で調べることができるので、必ずチェックしておいた方がよいサイトです。
工場ワークス

JobHouse(ジョブハウス)

ジョブハウス

ジョブハウスも業界トップクラスの工場・製造特化型求人サイトです。

検品・ピッキング・組立・仕分け・梱包等、未経験の方も歓迎の求人が多数あるのが特徴で、未経験歓迎で月収40万円を超えるお仕事もあります。

「全員に採用お祝い金1万円」のキャンペーンも実施中!

未経験だけど働きたい。高い月収のところで働きたいという人は、ぜひチェックしておいた方がよいサイトです。
工場・製造業専門の求人サイト【JobHouse】




人気記事工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

既卒の就活トップ > 工場勤務の年収は?どんな職種があるの?仕事内容を徹底解説!

こちらの記事も既卒の就活の参考になります