HOME > フリーターが保証人なしで賃貸契約をする方法

フリーターが保証人なしで賃貸契約をする方法

賃貸マンションのドア

作成

フリーターが賃貸契約をすることは、現在の日本ではちょっと難しいことになっています。

なぜなら、大家さんの視点で考えてみると、なるべくちゃんと家賃を払ってくれる入居者を選びたいからです。

フリーターはすぐに首になる可能性もありますから、次の仕事が見つからなければ直ちに無収入状態となります。収入がなくなると毎月の家賃の支払いも難しくなりますよね。

入居者がフリーターでお金がなくても、両親など保証人になってくれる人がいてその人がきちんと収入がある人ならば、その人に家賃を払ってもらえばよいですが、そういう保証人もいないとなると、あまり貸したくないと思うのは当然です。

マンションやアパートの所有者も、払われた家賃で修繕をしたリ税金を払ったりしてやりくりしているので、家賃を払ってもらわないと困るのです。

でも、保証人になってくれる人がいなくてこれから働いていこうと考えている若者や、地方から上京して仕事を探そうとしている人など、収入の当てがないフリーターだけど賃貸契約をしたい人は少なくはありません。

以前に比べると、保証人なしのフリーターでも賃貸契約をして自立して生きていく方法は増えてきています。

そこで、フリーターが保証人なしで賃貸契約をする方法をまとめてみました。

住み込みの仕事をする

肉体労働
地方のパチンコ屋・旅館・工事現場などの仕事の中には、住むところを用意してもらえて住み込みで働ける仕事もあります。ただし、どうしても訳アリの人が集まりやすいです。

過去を詮索される・給料を遊びに使ってしまって貯金ができない・ぬるま湯の環境に染まってしまう等々、訳アリの人ならではの問題や難しさはあるでしょう。

なので、悪い仲間の影響を受けやすい人にはあまりおすすめしません。

また、従業員寮などを安く確保するには、人里離れた田舎や観光地などであることが多いので、地域に根付いてしっかりと生きていくか?お金を貯めて別の仕事へのステップアップを目指すか等、将来の道は、自分で考える必要はあります。

住み込みの仕事ができれば住むところに困らずに働いて生きていけますが、そこから抜け出すことは難しいので、最後の手段としてとっておくのがよいかもしれません。

知り合いに居候をさせてもらう

部屋着の男性
住所があれば就職ができます。なので、自分が賃貸契約を結ばなくとも、住まわせてくれる人を探すという方法も一つです。

ただし、普通のワンルームに住んでいる人などは、一人暮らしの賃貸契約となっていて、同居やルームシェアが認められていないことおが多いです。

つまり、居候として勝手に住み着くことは賃貸契約違反を犯すことになります。大家さんに同居の事実がバレた際には、今すぐに出て行ってくれと言われる可能性もあります。

さらに、内容によっては、訴えられたり、賠償金を請求されたり・・・という可能性もゼロではないので、居候として転がり込むにも相手を選ぶ必要があります。

絶対条件として考えられるのは、持ち家・持ちマンションの人です。

そんなしっかりとした人が住まわせてくれるようであれば、賃貸契約の保証人にもなってくれそうです。

また、もし居候させてもらえるとしても、ずっと住み続けるわけにはいきませんので、自力で賃貸契約できるようなしっかりとした仕事先と十分な貯金を作る必要がありますね。

就職支援サービスを使って就職する

笑顔の男性
地方から上京して正社員の仕事探しをしたい場合は、就職支援サービスの「ハタラクティブ」に登録して就活をする方法もおすすめです。

ハタラクティブは、希望勤務地が東京・神奈川・千葉・埼玉であれば、地方在住でも登録できて、電話でのカウンセリングや浄教寺の面接日程の調整をして東京近郊の求人紹介をしてもらえます。

東京で正社員での仕事が決まっているならば、フリーターで保証人なしに比べて、はるかにたくさんの選択肢から賃貸契約できる物件選びができます。

就活アドバイザーに住むところの相談もしてみると、社宅がある求人情報もあるかもしれません。

無計画にとりあえずフリーターとして上京してしまうと、保証が全くなくて苦労します。今住んでいるところでしっかりと準備をできると安心ですね。

UR賃貸の物件で賃貸契約を結ぶ

UR賃貸UR賃貸とは、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が管理する賃貸住宅で、保証人がいなくても賃貸契約を結ぶことができます。

ただし、家賃が少し高めであることと、賃貸契約のための審査基準が厳しめなので、収入にかなり余裕があると難しいでしょう。

フリーターのままだと、収入の少なさと不安定さが理由で審査は通らないと思われます。

でも、保証人なしで賃貸契約をするためには、ありがたい限られた物件です。

保証人を探すことは難しいですが、正社員になってしっかりと働けば保証人なしでも賃貸契約を結ぶことは不可能ではないのです。

保証人不要物件で賃貸契約を結ぶ

賃貸契約を結ぶ握手
一般的な賃貸物件にも、保証人不要の物件はあります。保証会社を利用して保証料金を払うことで保証人を立てずに賃貸契約ができるという仕組みです。

ただし、契約者の年齢が若いと、貯金も少ないだろうという懸念から、親を保証人をするように求められることが多いです。

万が一、親を保証人にしなくてもよいとなったとしても、緊急連絡先として親族の連絡先は求められます。全くの一人で身元が不詳の状態で賃貸契約ができることは稀なケースです。

また、保証会社を利用して賃貸契約を結ぶ場合は、保証料金がかかるので、初期費用や毎月の支払額が高くなります。

保証金額は、保証会社や物件によって異なりますが、選べるような状況にはないでしょう。物件によっては負担を感じる額になる場合もあります。

運よく「誰でもいいから入居してほしい」と考えているような大家さんの物件に出会えれば、いい条件で賃貸契約を結べる可能性はありますが、築年数が古かったり、不便な場所だったりと、難ありの物件でしょう。

世の中、そんなにうまくはいかないものです。

フリーターの将来的な住居問題について考えよう

頭を抱える男性
保証人がいないと賃貸契約をするのが難しいことは今後も変わらないでしょう。

となると、例え、今回ラッキーなことに賃貸契約をすることができても、この先、一生その物件に住み続けることができますか?

結婚をしてもパートナーは生計を共にする人なので保証人にはなれません。

つまり、頼みの綱となるのは、「仕事とお金」ということになります。

日本では、正社員として働いているとそれだけで、信用度が抜群に高くなります。保証人がいなくても、正社員でバリバリと働いて収入が高ければ、賃貸契約の選択肢は広がります。

もっというと、しっかりと貯金を貯めて、現金でマンションなり家を購入すれば、住むところに困る心配はなくなりますね。

フリーターで保証人がいないなら、最終のゴールとしては、ここを目指しましょう。

そうすれば、「賃貸契約ができない・・・」という心配をせずに、安心した生活を手に入れることができます。

そのためにできることは、まずは、正社員になることです。

フリーターで保証人なしという生き方は、残念ながら、今の日本では、とても生きづらく、何をするにも困難がつきまといますし、割高です。

保証人を頼める人がいるかどうかは、生まれながらの環境による影響を大きく受けますので、頑張っても保証人をつくることは難しいですよね。

でも、頑張れば、信頼される収入(働き方)と安心してもらえる貯金を作ることはできます。

保証人がいなくても、なるべく安心してよい環境で暮らしていく為には、フリーターではなく正社員という働き方を選ぶのが得策です。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > フリーターが保証人なしで賃貸契約をする方法

こちらの記事も既卒の就活の参考になります