HOME > 絶望するのはまだ早い!既卒就活が絶望的になる最悪のパターンを知ろう

絶望するのはまだ早い!既卒就活が絶望的になる最悪のパターンを知ろう

絶望する女性

作成

在学中に就活が終わる見込みがなく絶望的になっていますか?

まさか自分が既卒になるなんて!このまま就活を続けてもいつ内定がもらえるのだろうか?正社員になるのはあきらめなくてはいけないのか?結婚するのも無理かな?などと、悪い事ばかり考えてしまっているのではないでしょうか。

新卒に比べると、既卒の就活は圧倒的に厳しくなります。

しかし、既卒になったからといって直ちに絶望するほどのものでもないですよ。

落ち込む要素

  • 内定がゼロ
  • サイレントお祈りばかりで反応がない
  • 奨学金の返済がある
  • いい企業が見つからない
  • やりたいことが分からない

など要素が考えられますが、就職先が見つかればすべては解決するのでしょうか?
たとえ内定をもらえたとしても、

  • 給料が安い
  • 残業が多い
  • 上司と合わない
  • 仕事で怒られてばかりいる
  • 営業先に無視される
  • 仕事がうまくいかない
  • 彼氏彼女ができない
  • 毎日がつまらない
  • やりたいことが見つからない
  • 奨学金や借金の返済が辛い

一見すると違う内容にも見えますが、根本的なところは同じで、上を見たらきりがないところで、ないものねだりをしているように見えませんか?

問題点としては、生活費の工面をどうするのかということは大きな問題ですが、リストラされた人やシングルマザーなども限られたお金と時間をやりくりして生活をしていることに変わりはありません。

起業家や大企業の社長でも、経費が多ければ赤字で、やりくりに困っていることもあるでしょう。そういう意味では、社会とは、こういう大変なものとも言えますね。

既卒の就活とお金

給料袋からはみ出るお金
学校を卒業して既卒で就活をしていく場合、生活にかかるお金を工面する必要があります。

実家で暮らしで就活ができるのであれば食費程度はアルバイトをして収入を確保しつつ就活を平行して行う方法があります。

都心部で一人暮らしをしながら就活を続ける場合は、生活費を出してくれる親と相談をする必要はありますね。

たとえば、既卒専門の就職支援サービス「ハタラクティブ」は、お金の問題で都心部に住むことができなくても、地方に住みながら、電話で就活のカウンセリングを受け、東京近郊の求人情報の紹介を受けて、上京して面接ができます。

東京近郊で働きたい希望がある人は、このようなサービスを上手く活用するとよいでしょう。

数年働かないことは絶望に値するか?

人生80年とすると、20代前半はまだ3~4分の一程度です。そんな長い人生の中で、たった数年働かないことは、それほど絶望に値する事でしょうか?

スムーズに就職できても、病気やケガで休むこともありえます。気持ちが変わって長期休暇を取って旅に出てくなったり、資格取得などの為に休職や退職したくなることもあるかもしれません。入社した会社が急に倒産することだってあり得ます。

在学時の就活が上手くいかなかったことはショックなことだとは思いますが、世の中の様々な人の色々な悩みに比べてみると、そこまで絶望するほどのことではないでしょう。

もっと厳しい状況で仕事探しをしている人もたくさんいます。家庭の事情、健康の問題、スキルの問題、年齢の問題・・・既卒で、これからやってみないと分からない可能性だらけの20代なのですから、今、本気を出して就活を向き合えば大丈夫です。

本当の絶望的な状態とは

鬱状態の男性
就職先が見つからないのでは・・・?という絶望感なら、そんな気持ちになる必要は全くありませんが、既卒が絶望的な状態になってしまいかねない心配が一つだけあります。

それは、無気力となってあきらめてしまう事です。

長い人生、こんなに若い段階で、あきらめて動けなくなってしまうことは、絶望の気配がします。

どんな形であれ、自分で考えて動くことができれば、何とでもなります。

現に、既卒の就活はそれほど珍しいものではなくなってきています。

就活サイトも、新卒用、中途採用向け、既卒就活専門と細分化されていることは、既卒で就活をしている人がたくさんいることの証です。

悲観的になることはまったくないので、気持ちを切り替えて、頑張ってみてくださいね。

お気軽に共有してください

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
公式サイト↓
公式サイト↓
公式サイト↓
既卒の就活トップ > 絶望するのはまだ早い!既卒就活が絶望的になる最悪のパターンを知ろう

こちらの記事も既卒の就活の参考になります