HOME > 楽に生きられる考え方「嘘をついてもいいんです」【嘘の名言】嘘つきでもいいの?

楽に生きられる考え方「嘘をついてもいいんです」【嘘の名言】嘘つきでもいいの?

作成

ネガティブ脱却!なんでも受け入れてくれる心の悩み相談


手放すと、すっきりする。
やめたら、気持ちが軽くなった。
捨てたら、楽になった。

私は、持ち物を減らしたり、考え方を変えたりすると、こういった「良い効果」を得られることを色々と経験してきました。

そこで今日は、私が子供のころからかたくなに守ってきた考え方について、捨てたら、とても楽に生きられるようになったので、それをご紹介したいと思います。

嘘をついては駄目なのか?

私が捨てた考え方は・・・「嘘をついてはダメ」という考え方です。

真面目な人は、これを守っている人って多いのではないでしょうか。

私も、「うそつきは大っ嫌い。絶対に許せない。」と思っていました。

若いころは、友達が約束を破ってウソがばれたりしたら絶交。
ボーイフレンドが隠し事をしていたら、はいさようなら。

ってな具合で、かなり過激に、嘘に対してシビアに考えていました。

年を重ねた今となっては、「そんな堅物じゃ、社会でうまくやっていけないよ~」なんて、思います。

もちろん、嘘をつくことは良くないです。 でも誰だって好き好んで嘘をついている訳ではないでしょう。 誰にも嘘をつかづにすんで、なんでも思うとおりに生きていけたら楽です。

嘘をつくのは、そうせざるを得ない事情があるんですよね。

相手を傷つけない為だったり、余計な心配をかけない為の嘘だったり、気遣いの結果としての嘘って、いがいと多いのではないでしょうか。

嘘は気づかいの一種

嘘はだめだと他人に厳しくすると、自分が気遣いから嘘をつく時に罪悪感を感じてしまいます。

「嘘」という言葉のイメージが悪いんですよね。多くの嘘は「気遣いの一種」でしょう。

それに、本当の気持ちを全部言葉にしていたら、世の中はひどい暴言ばかりになってしまいそうです。

といっても、自分勝手なひどい事が心に思い浮かぶのはほんの一瞬で、 その後はすっかり忘れて、穏やかに、思いやりをもって別のことに熱中していたりする・・・

人間の心って、そういう複雑さがあります。 「嘘はダメ」と、一概に言えるようなことではないと思うようになりました。

嘘をつかない人はいない

現に、嘘をつかない人なんていないですよね。

例えば、おごってもらった食事が自分好みの味でなかった時、 「美味しかったです!ごちそうさまでした」と言ったりした経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

ここで、嘘をつかずに本音で、「まずかったです。二度と食べたくないですね。」なんて言ったら・・・

もちろん、言い方の問題はありますが、 こんなんじゃ、人間関係がうまくいきません。

2つの悪いウソ

とはいえ、嘘の中でも、騙して人の心を踏みにじるような行為は良くないです。

自分の利益を得るために、騙して信用させる嘘も良くないです。こういうのは、当然ダメな嘘です。

それから、もう一つだけ、ダメな嘘があります。
それは、自分の気持ちに嘘をつくことです。

これは、人に迷惑がかかることは少ないですが、意外と気づきにくくて難しい。

でも、自分に嘘をついていると、自分の心が傷つき、人生がつらいものになってしまいます。

自分にうそをつくのはやめよう

嘘はダメだと真面目に生きているのに、自分の心には嘘をついて、 「人生は辛い・・・」なんて思いながら過ごしているのであれば、なんともったいないことをしているのでしょうか。

ちょっとした嘘は気遣い。人間関係をスムーズにするために、そんなことはみんなやっています。

だから、他の人のことは気にしないようにして、自分に嘘をつかない事の方に気をつけてみてはどうでしょうか?

自分で自分を苦しめている価値観は、ちょっと考え方を変えると楽に生きられますので、よかったら参考にしてみてください。



スポンサードリンク
HOME > 楽に生きられる考え方「嘘をついてもいいんです」【嘘の名言】嘘つきでもいいの?

こちらの記事も参考にどうぞ

関連情報