HOME > 不安なとき…不安を最小限にする方法!不安の種は何なのか?

不安なとき…不安を最小限にする方法!不安の種は何なのか?

作成

ネガティブ脱却!なんでも受け入れてくれる心の悩み相談


不安に思うことのひとつや二つ。もしかしたら、10個や20個くらいの不安はあるかもしれません。

抱えている不安の数と種類や大きさは人それぞれですが、誰でも不安はかかえているものです。

そこで今日は、不安を最小限にする方法についてまとめてみました。


不安を感じる理由

なぜ不安を感じるのか?というと、「未来が分からないから」です。

どうなるか結果が分かっている事であれば、不安は感じません。

悪い結果になることが100%確実であれば、それは、嫌悪や恐怖であって、克服するには、できる限りの備えをする方向で努力するしかないです。

一方、不安を感じる時の状況は、何をしたらいいのかわからず、頭の中で不安がどんどんと大きくなるだけ・・・
沢山の選択肢があるけれど、どれを選べばいいかわからない・・・
だから、身動きが取れなくて不安なんですよね。

不安の正体とは

例えば、自粛要請が出ているけれど大事な用事があって、出かけてよいのかどうか分からないから不安。とか、ワクチン接種をするのかしないのか?どっちが良いのかわからなくて不安。など

判断に迷うけれど、どれかを選ばなければいけないことが色々とあるので、最近の世の中には不安があふれています。

分からないから怖い。これが不安の正体です。

不安を最小限にする方法

では、この不安を最小限にするにはどうしたらよいのでしょうか。

それは、どの選択肢を選んでも、メリットとリスクは必ずあるというのを受け入れる事です。

そこで、なるべく安全の可能性が高い方を選ぼうとするものですが、そういった視点に固執すると、「でも、100%安全というのはないんだよなぁ・・・」と、不安に焦点がいきがちです。

そして、どの選択肢にもリスクがあるから選べなくて、不安・・・不安・・・のループに陥ってしまうという仕組みです。

私が不安を小さくするためにやっている考え方

なので、私は、不安を小さくする為に、リスクがあることをまずは受け入れて、自分はどんなリスクなら一番許容できるのか?を考えるようにしています。

不安の少ないものを探すのではなくて、受け入れられるリスクを探すという事です。

必ず失うものはあるし、分からないから何もしないというのも、何も選ばないという行動を選択した事になるので、結局なんらかのリスクをおっていることになります。

つまり・・・簡潔に言うと、「腹をくくるしかない」という事。

みんな、不安なんですよね。

それでも、自分にとって何がベストか?選択をして進んでいくしかないんです。

だから、なるべく身軽になり、シンプルな思考ができるように無駄を省いておく。

こうすると、腹をくくりやすくなるので、不安を最小限に抑えられるように思っています。

不安な気持ちの沼にはまって抜け出せなくなってしまった時など、参考にしてみてください。



スポンサードリンク
HOME > 不安なとき…不安を最小限にする方法!不安の種は何なのか?

こちらの記事も参考にどうぞ

関連情報