HOME > 【運がいい人の特徴】運がよくなる!運をよくする6つの習慣/運気が上がる

【運がいい人の特徴】運がよくなる!運をよくする6つの習慣/運気が上がる

作成

ネガティブ脱却!なんでも受け入れてくれる心の悩み相談


運は自分ではコントロールできないけど、運がよくなるようにできることはやっておきたいところ。幸せには貪欲でありたいですよね。

ということで、運をよくする6つの習慣についてご紹介します。

朝起きたら窓を開け新鮮な空気を取り込む

運をよくする習慣一つ目は「朝起きたら窓を開け新鮮な空気を取り込む」です。

締め切った部屋で空気がよどんでいると気分が落ち込みます。

出来れば部屋の中を掃除して綺麗にしてから、窓を開けて部屋に風が通るようにしてみましょう。

大きく息を吸って何回か深呼吸をすれば、体の中にも新鮮を空気をめぐらすことができ、さわやかな気分になれます。

出かける時は独り言でも『いってきます』と言う

運をよくする習慣二つ目は「出かける時は独り言でも『いってきます』と言う」です。

『いってきます』とは、さぁ出発するぞというスタートの合図のようなもの。

これから始まる一日に向かって、弾みをつけて自分の背中をちょっと後押しするような気持ちで『いってきます』と呟いてみるとやる気の後押しになります。

マスクの下で見えないけど口は笑顔

運をよくする習慣三つ目は「マスクの下で見えないけど口は笑顔」です。

笑顔のところに幸せは集まってくるもの。

マスクをしていて人から見られないからと無表情やだらしない口元でいる癖がついてしまうとそこに幸せは集まりにくいのではないでしょうか。

誰からも見られていないと思いがちですが、笑顔の口元でいると目元などの様子からその人が笑顔である事はなんとなく伝わるものです。

適度な運動習慣。動ける体に感謝

運をよくする習慣四つ目は「適度な運動習慣。動ける体に感謝」です。

幸運の神様は前髪しかないのですぐにキャッチしようと言われていたしまします。

これを実行するなら、反射神経を良くしてすぐに動ける身体でいることが大切です。

また運動をして血流や気の流れをよくすれば、気持ちが晴れやかになるという効果も期待できます。

入浴は湯船につかる。身体を労わる

運をよくする習慣五つ目は「入浴は湯船につかる。身体を労わる」です。

疲れていると余裕がなくなってミスが増えて落ち込んだり、人にやさしくできなくて人間関係がぎくしゃくしたりしてしまいがちです。

入浴して身体を温めると血流がよくなりますし、気持ちがほっこりとしてリラックス効果も得られます。

嫌な事は寝たら忘れてリセット

運をよくする習慣六つ目は「嫌な事は寝たら忘れてリセット」です。

嫌な気持ちをいつまでも引きずっている人のところに幸運はやってきにくいです。

ぐるぐると嫌な事を思い出して自分で自分の足を引っ張るのではなく、早めに忘れて気持ちを切り替え、前を向いていきましょう。

そうやって幸せを受け取る準備をしておけば、なるべく沢山の幸運をつかむことができるのではないでしょうか。



スポンサードリンク
HOME > 【運がいい人の特徴】運がよくなる!運をよくする6つの習慣/運気が上がる

こちらの記事も参考にどうぞ

関連情報