HOME > 工場勤務のメリットとデメリットまとめ

工場勤務のメリットとデメリットまとめ

いいねする工場長

作成

工場勤務にはどちらかというとマイナスのイメージを持っている人が多いかと思います。

でも、物事には、必ず良い面と悪い面があるので、デメリットだけでなくメリットもあります。

また、人によって感じ方が違うので、デメリットと思うことがメリットになったりもしますよね。

そこで、工場勤務の特徴を、メリットとデメリットの二つの側面からまとめてみました。

工場勤務の3つの特徴

中立的な見方で工場勤務の特徴をリストアップしてみました。

  • 重労働や危険な仕事もある
  • 単純作業の繰り返し
  • 一人で作業することが多い

意外とシンプルですが、この3つが工場勤務の仕事の特徴を最も表しています。

それでは、各特徴から、メリットとデメリットをみていきましょう。

工場勤務のデメリット

まずは、工場勤務のデメリットです。

デメリット①仕事がきつい・体がつらい

疲労を訴える人
重いものを持ったり、立ち仕事を続けることは慣れるまでは体が辛いことがあるでしょう。

また、ケガする可能性がある機械を操作することは神経を使います。

作業内容によっては、多少のかすり傷や筋肉疲労や腰痛などもあります。

ただし、どんな仕事にも多少の辛さはつきものです。

立ちっぱなしの仕事は、工場勤務以外にも販売職や接客業があります。また、座りっぱなしの仕事は、体力的には楽ですが、腰痛や肩こりに悩まされる人も多いので、体の辛さは、工場勤務に限ったことではないでしょう。

でも、工場勤務は普通の仕事に比べるとケガをする危険性が高いので、正しい知識を身につけて、気を抜かずに働く必要はあります。

デメリット②環境が汚い・汚れる

作業員
汚いというのは不衛生というわけではありません。仕事上、部品が積み上げられていたり、油が飛び散っていたりすることはあります。

作業服に汚れがついたり、粉塵が舞っていたり、汗をかいたりします。

仕事帰りにおしゃれなお店で食事をして帰る・・・というイメージではありません。早く家に帰ってお風呂に入って体をキレイにしたいという気持ちになるでしょう。

でも、調理業務やスポーツインストラクターなども同じような面があります。業務上、仕方がないことってありますよね。

デメリット③単純作業に飽きる

ぼーっとする男性
単純作業を繰り返す仕事は向き不向きがあります。人によっては、飽きてしまって、つまらない・辛いと感じる人もいるでしょう。

でも、単純作業の中で、作業スピードを上げる努力ができたり、品質改善点を見つけるなど、楽しんで取り組める人もいます。

どんな仕事もある程度は、ルーティンワークが含まれるので、その人の取り組み方の差が出る仕事といえるかもしれません。

デメリット④一人作業は孤独

空を見上げる作業員
黙々と一人で作業することが多い工場勤務は、人によっては、孤独でつまらないと感じる人もいるようです。

仲間とコミュニケーションをとる必要性も少ないので、達成感を共に味わうような喜びは感じにくい種類の仕事です。

工場勤務のメリット

工場勤務には、メリットもあります。

※工場勤務の仕事を探せる求人サイトは、こちらの記事にまとめました。
工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

メリット①整頓されたキレイな環境で働ける

基板修理作業

製品のクオリティはそれが作られている工場内環境と無関係ではありません。環境が整っていないと、不良品の原因にもなるので、整理整頓や衛生状況を徹底している工場は少なくありません。

昔の古びた鉄工所のようなイメージではなく、今は、オートメーション化も進んでいて、近代的でキレイな設備の工場も多いです。

また、仕事内容や配置場所によっても違いますが、クリーンルームや検品作業を行う場所では、塵一つ入り込まない超衛生的な環境で作業する場合もあります。

キレイなビルのオフィスで働いていても、書類の山や食べかけの弁当の臭いで汚い環境の会社もあるので、それらに比べると、むしろ工場勤務のほうがキレイで整った環境で働けると言えるでしょう。

メリット②無意味な残業はほぼない

笑顔の作業員
今日中に納品しなくてはいけない製品製造があるとか、機械の不具合で直るまでか帰れないということはあります。こういうことは、どんな仕事でもあるでしょう。

でも、このような特別事態を除けば、上司がまだ仕事をしているので帰れないといった無意味な残業はほぼないのが、工場勤務のメリットです。

工場の稼働時間のスケジュールもしっかりと組まれているので、就業時間・土日休み・ゴールデンウィーク・夏休み・年末年始など、休みもしっかりととれるところが多いです。

メリハリをつけて仕事をしたい人にとっては、働きやすい環境であると言えるでしょう。

メリット③人間関係が楽

仲良し

工場勤務の仕事は、基本的に人との関わり合いが少ないので、人間関係における悩みが少なくてすみます。

あっちの顔を立てて、そっちの根回しをして、悪くないのに自分が誤って・・・などといったご機嫌伺いや駆け引きが必要とされる部分は、まずありません。仕事が終わったら飲み会に参加しなくてはいけないなんてこともありません。

といっても、完全にひとりぼっちで作業をするわけでもありません。同じ工場内にたくさんの人が働いていますから、声を掛け合ったり、仲間意識が生まれたりということはあります。

人間関係で消耗することはないので、コミュ障や人と話すことが苦手な人でも安心して働けるでしょう。

メリット④給料は意外と悪くない

工場勤務の仕事の給料は意外と悪くありません。ほかの業種と比べた平均年収も高めとなっていますし、月収でみると30万円台の求人がたくさんあります。

ブラック企業の低賃金仕事だと月収10万円台のところも珍しくないので、給料に魅力を感じて工場勤務を選ぶ人も多くいます。

工場勤務の年収は?どんな職種があるの?仕事内容を徹底解説!

メリット⑤普通の人が働けるように条件が整えられている

オフィスワークなどの仕事は、人より優れ能力を発揮して、自分だけができる仕事を作っていく面がありますが、工場勤務の仕事は、誰でもできる簡単な仕事をたくさんの人やってもらえるように門戸が開かれています。

例えば、工場ワークスで、求人募集の条件を見ても、経験不問・学歴不問の仕事がたくさんあります。

社員寮があったり、工場まで送迎してくれたり、食事手当や食堂完備の仕事などなど。

働きやすいように環境を整えて、働く人を迎え入れようと考える“企業側の気持ち”を感じます。居心地よさそうな会社が多いです。

メリット⑥工場勤務に向いている人とは?

元気な若者
工場勤務の仕事には、メリットもデメリットもありますが、総合的にみると、意外と良い仕事環境のひとつです。

特に向いている人は、

  • コツコツ真面目に仕事に取り組める人
  • 健康や体力に自信がある人
  • 普通の人

です。

工場勤務は、普通の人が、普通に働いて、普通に幸せに生活していける仕事です。

これって、仕事選びに失敗すると、ものすごくハードルが高くなってしまい実現できない人も多いんですよね。

工場勤務の仕事なら、そういう心配はありません。

メリットとデメリットを考えてみても、地雷となりそうなデメリットは見当たりません。

性格や考え方によっては、工場勤務が合わない人もいると思いますが、多くの人にとっては、意外といい仕事だと言えるのではないでしょうか。

とりあえず働いて自立して生活していきたいという人にもピッタリの仕事です。

工場勤務の仕事をやってみようかどうか迷っている人は、ぜひ求人情報を調べてみて、より良い条件の仕事を探してみてください。

工場ワークス




人気記事工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

既卒の就活トップ > 工場勤務のメリットとデメリットまとめ

こちらの記事も既卒の就活の参考になります