HOME > 高校中退したら人生終了?これからの選択肢はコレ

高校中退したら人生終了?これからの選択肢はコレ

授業を受ける高校生

作成

高校中退したら人生終了だと思っていませんか?

今の日本は、高卒以上の人が多いため、高校中退だと、学歴においては不利な立場といえるでしょう。

でも、社会に出て上手くやっていけるかどうかは学歴と関係ありません。高校中退した中卒でも、充実した仕事を持ち幸せな人生を送っている人はたくさんいます。

ただし、多くの人が通る高卒・大卒からの就職というレールからは外れるため、どのような選択肢があるのか知らない人が多いでしょう。

そこで、高校中退したら、その後にどんな人生があるのかについてまとめました。

高校中退その後の選択肢は5つ

高校中退した後、ふらふらと遊んでいるわけにはいきません。生きていくにはお金が必要なので、働いて稼がなければならないのです。これは、高校中退だろうが、大学卒業だろうが、みんな同じです。

何をすればよいかの選択肢としては以下の5つです。

  • 手っ取り早くアルバイトをしてフリーターとなる
  • 専門学校に行ってから就職する
  • 高校の勉強を続け高卒資格取得や大学進学を目指す
  • 起業して大成功する
  • 正社員として就職する

それぞれについて細かく見ていきましょう。

手っ取り早くアルバイトをしてフリーターとなる

コンビニバイト
一番多いのが、「アルバイトをする」ことではないでしょうか?とりあえず簡単にはじめられる印象がありますよね。

でもこれは、一番、人生終了の危険度が高いです。

理由は、少しのお金は入ってくるので、子供気分のままだらだらとフリーターを続けてしまい、気がついた時には歳をとっていて取り返しがつかなくなる恐れがあるからです。

基本的に、フリーターは、一生続けられて家族を持ったり余暇を十分に楽しんだりできる働き方ではありません。

金銭的理由で高校中退してすぐにでもお金が必要な時こそ、とりあえずのアルバイトをせずに、しっかりと正社員として働いた方が収入も多くなり、より早く自立できます。

専門学校に行ってから就職する

本を読んで勉強する男性
周りの同級生がまだ学生なので、働く事を後伸ばししたくなる気持ちはあるでしょう。

「専門学校に行っている」という響きもなんとなくかっこいいですよね。

でも、やりたい仕事に就くためにどうしても専門学校に通わないといけない場合をのぞいたら、安易な考えで専門学校に行くことは時間の無駄となる場合があります。

専門学校に行くと就職の際に学歴勝負が避けられません。

ならばいっそのこと、中卒で早い時期から働き始めたほうが、実務経験で優位に立てます。

学歴の延長線上に仕事のできるできないが決まるわけではないので、学校で学ぶよりも、就職して働きながら習得すればお金ももらえるので一石二鳥です。

高校の勉強を続け高卒資格取得や大学進学を目指す

勉強
高校中退しても、通信制高校(高等学校通信教育)に入って学ぶ方法があります。

また、独学で勉強をして高卒認定試験に合格すれば、高校卒業資格を得ることができます。

高卒資格があれば、その先に大学進学することも可能になります。

でも、学力に自信がなければ、なにも今焦って勉強をしないのも一つの方法です。例えば、高卒認定試験の受験資格は、満16歳以上の人なので、この先いくつになっても受験することはできます。

働く中では、仕事関係の勉強することも必要です。社会科的なことや数学的な計算、文章でやり取りするための国語力などは、仕事をしながら身につく部分もあります。

なので、まずは、実務的な勉強をしながら働いてしっかりとお金を稼げるようになり、落ち着いて時間の余裕ができてから学歴の為の勉強をして、仕事のステップアップにつなげるというやり方も良いかと思います。

起業して大成功する

大金を手にする男性
高校中退をしても起業して成功すれば人生の勝ち組になれる!という意見もあります。

確かに、高卒や中卒で社長になった人もいますが、それはほんの一握りの人のことです。

起業には向き不向きもありますし、運も必要です。

借金をして起業をしたけれど数か月で倒産に追いやられた例も珍しくありません。

起業したい内容があって高校を中退するならまだしも、何の準備もなくいきなり起業をするのはまず無理です。

準備をするとは、社会の仕組みや仕事とはどういうものなのかということを学ぶことです。つまりは、働くことですね。アルバイトとしてではなく、正社員として責任をもって働くことで、どういう仕事をすれば儲かるのか?ということが見えてきます。

起業をするのは年齢を重ねてからでも遅くはありません。むしろ、専門知識や人脈を作って資金を貯めてから起業したほうが成功の確率は上がります。

高校中退したことに引け目を感じて、人より早く成功したい気持ちは分かりますが、焦っていきがっても、若さと勢いでなんとかなるような甘い世界ではありません。

他の人より一歩早く社会に出られるのですから、焦らずに、まずは正社員として働くことからはじめるのがよいです。

正社員として就職する

正社員
一番おすすめの方法は正社員として就職することです。可能であれば、高卒資格を取れるように休日に勉強をしながら、昼間は正社員として働くというのがベストだと思います。

アルバイトよりも正社員になることをすすめる理由は、人生終了してしまうリスクが避けられるからです。

高校中退して不安定なアルバイトをしているとその先、それ以上の条件がいい仕事に就くことは難しくなります。人生は先細り。年を取るごとに状況はどんどん悪くなって、学歴なし・仕事なしの人生終了となる危険が大いにあるのです。

でも、正社員として働けば、仕事が強みになります。毎月の給料も安定して、自分の居場所もできるので、精神的にも安心できます。

それに、高校中退だとしても、真面目に働こうという考えがあるならば、歓迎してくれる企業は意外とたくさんあります。

高校中退は学歴では不利ですが、若さは思っている以上に大きな強みです。

高校中退でも就職しやすい仕事としては、体力が必要な仕事・コミュニケーション力を求められる仕事・専門技術が必要な仕事などがあります。これらのスキルは、学歴は関係ないので、同級生が学校へ行っている間に、しっかりと働いてスキルを高めれば、数年後にはだいぶリードして仕事で活躍できるのです。

繰り返しになりますが、学歴が関係ない仕事はたくさんあります。なので、高校中退しても人生終了ではありません。

10代から本気で取り組める仕事を見つけられれば、むしろ、仕事で人生成功させる可能性は大いにあります。

そうなるためには、しっかりと就職活動をする必要があります。そこで注意することは、一人で就活をしないということです。

高校中退した若者には、社会にいるずるい人たちのことがまだわかっていない部分があります。ブラック企業につかまって、低賃金でこき使われては人生台無しです。

しっかりと見極めて就活をするには、就活支援サービスを活用するとよいでしょう。

例えば、「ハタラクティブ」には、中卒が応募できる求人情報もあります。しかも、専任の就活アドバイザーがついてくれて、あなたに合った仕事を紹介してくれるのです。ようは、ハローワークのような仕事をやっている会社です。もちろん、無料で利用できます。

高校中退は社会人生活の始まりなので、自分で情報を集めて自分で判断をして、人生を決めていかなくてはいけません。でも、それは、何でも自分一人でやるということではありません。

活用できるものを積極的に利用して、色々な人の意見を聞いて、自分の頭で考えて決めるのがよいでしょう。

高校中退することで、同級生たちよりも一足早く社会に出るのは、怖さと大変さがあると思いますが、決して人生終了ではありません。この先の人生は、行動次第でいかようにも変わりますので、希望をもって頑張っていきましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 高校中退したら人生終了?これからの選択肢はコレ

こちらの記事も既卒の就活の参考になります