HOME > 就活失敗は人生終了ではない3つの理由と今やるべきこと

就活失敗は人生終了ではない3つの理由と今やるべきこと

3を示す

作成

就活失敗で人生に絶望して、人生最大の失敗だとか、人生終了だとか思っていませんか?

いや~若いですねぇ。若いっていいことです。おちょくっているように聞こえたらすみません。でも、真面目な考えで書いています。

私は今40代ですが、就活失敗は、まったくもって人生終了ではないと断言できます。と同時に、就職成功したからと言って、人生勝ち組でもありません。これは、私の人生経験の中で、就活が上手くいった時と行かなかった時、羨ましがられる就職先に入れた人の幸せ度など、複数の事例から導き出した答えです。

そこで、就活失敗が人生終了を意味しない理由をまとめてみました。

就活が失敗したか成功だったかは今わかることではないから

分からない
希望の就職先に入れなかったから就活失敗だと思っているならば、そう判断するのはまだ早いです。

希望通りの就職先に入れて喜んでいた数か月後に「こんなはずじゃなかった」と絶望する人は何人もいます。

そして、そのまま早期退職する人もいれば、死んだような人生を送る人、慣れてきて苦にならなくなる人、苦労を乗り越えて仕事な楽しくなる人など、様々です。

就活失敗したと思って絶望していても、仕方なく入社した会社がめちゃめちゃいい会社だったり、企業が成長して数年後に誰もがうらやむ会社になったりすることもあります。

つまり、自分がよしと考えていた就職先が成功か失敗かということは、少なくとも数年たってみないと分からないのです。極論でいうと、死ぬ間際にならないと何が成功で何が失敗だったかなんてわかりません。

就活の結果を失敗と受け止めてふてくされて生きるのか、人生の転機として糧にするかは自分次第です。

失敗と思うことはこの先沢山あるから

頭を抱える男性
失敗と思うことというのは、自分の主観です。失敗とは、「自分の思うとおりにならなかった」というだけのことです。

若いうちは、思い通りにならないことがあっても、親や社会や制度から意外と守られている部分があります。なので、失敗といっても極度に落ち込むほどのことは少ない人も多いでしょう。

しかし、就活は社会に出るということで、守ってくれていたものが取れる時期でもあります。

社会に歩織り出された瞬間の就活で、自分の思い通りにならないと、ショックは大きく感じるものですが、この先の人生。自分の思い通りにならないことはたくさんあります。むしろ、そういうことだらけです。

でも、だからと言って、つまらなくて悲惨な人生かというと、そういうわけではありません。

自分としては絶望するような状況でも、人からみたら羨ましがられる要素をいくつも持っていたりします。
順調な人生を送っているように見える人は、その人にとっては不本意な状況かもしれません。

つまり、人生とは、なかなか自分の思い通りにはいかないもの。「失敗した(思っていた結果と違った)」と思うことは、よくあることなのです。

就活成功の概念は変わるものだから

OKポーズ
一昔前は、「有名企業に就職することが成功」という考え方が根強い社会でした。

今となっては、それは古臭い考え方だと変化してきていますよね。結局、考え方や良し悪しなんて、時代や人によって変わるモノなのです。

それに影響されて、就活失敗イコール人生終了だと思っているならば、その痛みは単なる幻想かもしれません。

周りの人がどう思うかは自分の幸せには関係ありません。その時々の就活成功の概念のものさしに自分のことを当てはめていても意味はありません。自分がどう思うかをよく考えてみることのほうが大切です。

で、よく考えてみると、「就職失敗して辛かったり苦しかったりするのは、自分の思うとおりの結果が得られなくて悔しい」という感情に行きつくのではないでしょうか。

そして、その悔しい感情は、就活のやり方を変えたり、活動量を増やしたり、使えるものを利用したりして、工夫すれば違う結果を得ることはできて解決できる痛いかと思います。

就活失敗して悔しかったらやるべきこと

悔しい
就活失敗していい時も悪い時も経験してきた私が思うに、就活失敗して悔しいと思ったときにやるべきことは次の3つです。

  • くよくよしない
  • 何が駄目だったか振り返る
  • 違う方法をやってみる

就活失敗に限らず、物事がうまくいかなくて落ち込んだときに共通して言えることですが、この3つができれば人生楽しくなります。なんなら、最強人生を送れるかもしれません。それくらい大事なことだと思っています。

とにかく、悩んでいても自分が損するだけなので、嫌だった結果を繰り返さないように原因を振り返り、違うやり方をするのがよいです。

そうすれば、絶対に違う結果が待ってます。

自分の思うとおりの結果が欲しいなら、何回でもやってみればいいだけです。

たいていの人は、思うとおりの結果でなくても、「これならいいかな?」「予想外の結果だけどこれはいいかも?」等という結果は得られます。もちろん、思うとおりの結果を得られて嬉しいこともあるでしょう。

いずれにしても、やってみなければはじまりません。

今は、辛い気持ちがあるかもしれませんが、何かやってみましょう。

就活方法を変えるならば、ハローワークも就活支援サービスも無料で利用できます。失うものは何もないので、登録するだけでも気持ちの変化があるかもしれません。とりあえずできることをやってみると辛さも和らいでいくでしょう。

「就活失敗したから死ぬしかない?」そこまで悩む必要はない4つの理由



人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 就活失敗は人生終了ではない3つの理由と今やるべきこと

こちらの記事も既卒の就活の参考になります