HOME > モチベーションを上げるにはモチベーションアップは不要【モチベーションが続かない2つの理由】

モチベーションを上げるにはモチベーションアップは不要【モチベーションが続かない2つの理由】

作成

ネガティブ脱却!なんでも受け入れてくれる心の悩み相談


私は持ち物を減らしたら、生活内容や考え方が色々と変わりまして、新たに取り組んだことがたくさんあります。

ウォーキング、筋トレ、ダイエット、痩せるマッサージ、英語の勉強などなど・・・続いているものもあれば、続かなくて辞めてしまったものもあります。

この経験から、何かを続けるときに、モチベーションは不要だなと考えています。

と言う事で今日は、「続かない2つの理由」について、ご紹介してみたいと思います。


モチベーションが続かない2つの理由

やる気はあるのに・・・続かない理由として私が思うのは次の2つです。
●やろうとしている内容がよくない
●今やる必要性がない

それぞれについて説明しますね。

やろうとしている内容がよくない

まず「やろうとしている内容がよくない」について、自分にとってハードルが高すぎる事・辛過ぎる事・難しすぎる事は続きません。

気合でできる人もいますが、出来ない自分はダメだ・・・ではなく、出来ないのが普通です。ダメなのは、やろうとしている内容です。

続けるためには、そんなに苦痛がなく、ほんの少し頑張ればできるという内容にする必要があります。

つまり、続けられる内容にしているから続けられるんです。

続ける内容にしてレベルアップさせていく

そして、最初は簡単な内容であっても、続ける中で、少しずつ内容を変えてレベルアップさせていけばOKです。

私もウォーキング習慣は、ほんの15分程度を1年くらい続けまして、その後、1時間とか歩けるようになりました。

調子が悪い時は短くしますし、雨の日やどうしても行きたくない日はお休みします。でも、大きく途切れることなく続いています。

今やる必要性がない

そして「今やる必要性がない」について、自分が自覚している意識って、お調子者なところがあるので、 よしやるぞー!と張り切ってやれる時もあります。

でも、自分の本心って、嘘が通用しないところがありまして、今やる必要がない事だと、優先順位が下がってしまうんですよね。

別のやるべきことがあったり、疲れていたりすると、そっちが優先されてしまう。

もし、それでも、やっておきたい事であるならば、時間に余裕をつくるしかありません。

余裕があれば、今やる必要性がない事でも、まだ取り組みやすくなります。

もしくは、朝など、1日の早めの時間帯に、スケジュールとして割り当て時間の確保をする方法があります。

続けられなかった私の事例

例えば、私は、寝る前に、趣味として英語の発音練習をする習慣を作ろうとしたのですが、 今日中にやろうと思っていたことが終わらなくて夜眠る前に、「眠い!もう寝る!」となる日が続いたときに こんな状態で、寝る前に英語勉強の習慣なんて、続かないなと分かりました。

結局、趣味でやってみようかな~程度なので、 今は、数日に1回程度、気が向いたときに楽しんでいるだけです。

でももし、海外旅行に行くから、ちょっとちゃんと勉強しようとかなれば、 毎日やるようになるかもしれませんし、 午前中に30分とか、時間を決めて取り組めば 続けられそうだと思っています。



就活やスキルアップに役立つ無料サービス
転職市場価値3つの無料診断
スポンサードリンク
HOME > モチベーションを上げるにはモチベーションアップは不要【モチベーションが続かない2つの理由】

こちらの記事も参考にどうぞ

関連情報