HOME > 健康寿命を延ばす7つの習慣/健康寿命とストレス

健康寿命を延ばす7つの習慣/健康寿命とストレス

作成

持病があったり、精神的にダウンしやすい性質だったり、人ぞれぞれ色々あると思いますが 歳を重ねると誰でも体の不調はあちこちにあらわれます。

それこそ、ちょっと腰が痛いとか、歯の調子が悪いなんてだけでも 普段できていることが思うようにできなかったりするので、 広い意味で健康であること、持病があっても自分のなかでの よりよいコンディションであるように、 日頃から気を付ける事って、価値のある事ではないでしょうか。

とはいえ、気をつけていても病気になる時はなるといいますので、 これをすればOKとか、調子の悪い人が駄目ということはないです。

また、時間の余裕をもって好きなことを楽しみたいという人も多いと思いますが、 日々の時間の余裕を増やすことの究極は、「健康寿命を延ばすこと」です。 と言う事で「健康寿命を延ばす7つの習慣」についてご紹介します。

厚生労働省による7つの生活習慣

厚生労働省が出している「健康手帳」を見てみたところ、 健康寿命を延ばす習慣として、以下の7つがまとめられていました。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000190984.html

  • 生活習慣病の予防
  • 適切な食生活
  • 適度な運動
  • 十分な睡眠
  • 禁煙
  • お酒とうまく付き合う
  • 歯と口腔の健康

食生活と運動など

生活習慣病とは、がん・循環器疾患や糖尿病の事

食生活は、栄養バランスを考えた規則正しい食事をとる事で、塩分控えめとか野菜をたっぷりとること等

そして、運動習慣をつくり、快眠を心掛け、タバコは吸わず、お酒は少々たしなむ程度とし、 虫歯や歯周病にならないように、しっかり歯を磨いて歯医者で定期メンテナンスも行う。

確かに、これができたら、いいですよね。 なるべくやったほうがいいと思います。

でも、なんだか、かたっ苦しいといいますか、 これを全部守った優等生的な人になっても、あんまり幸せそうじゃない感じもします。

健康で幸せになるために

健康であるだけでなく、幸せでもあるために足りないのは、「好きだからとか、やりたくてやってる」という部分ではないでしょうか。

つまり、 健康寿命を伸ばす習慣をがんばって守ろう!というのではなく・・・
健康であるって、身軽で楽しい!気持ちいい!だから、できることをやりたい。
となると、よさそうです。

嫌々やっているとストレスが溜まって辛くなり、体調を悪くしてしまうこともあるのではないでしょうか。

好きだから、楽しいから、こっちの方がいいから・・・で取り組めれば、ストレスは感じないですよね。

なので、健康寿命を延ばす習慣は、ご紹介した7つに加えて、 ストレスなく楽しむ事が大切かなと思います。よかったら参考にしてみてください。



不安度が1分でわかる無料診断
顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】
スポンサードリンク
HOME > 健康寿命を延ばす7つの習慣/健康寿命とストレス

こちらの記事も参考にどうぞ