HOME > 自分を大切にする4つの方法!心と体/食べ物/考え方/持ち物

自分を大切にする4つの方法!心と体/食べ物/考え方/持ち物

作成

「もっと自分を大切に」ってよく言いますよね。

「そんなに辛い思いをすることないよ」とか、「自分を安売りしちゃだめだよ」とか、「本当の気持ちを言っていいんだよ」とか、 色々ありますが、どうすることが自分を大切にすることなのか? 分かっているようで、よくわからなかったりもします。

そこで、私が思う「自分を大切にする方法4つ」についてまとめてみました。

ネガティブな事を考えてしまう・・・辛い気持ちがなかなか解消できない・・・など
相談できる人がいなくて、いつまでたっても不安がなくならない時は、一人で抱え込まないようにしましょう。

心理資格保持者のカウンセラーに、顔出し不要・通院不要で相談できるオンラインカウンセリングサービスUnlace(アンレース)では、不安度が1分で分かる無料診断ができます!

今抱えている不安度を無料で診断できる!
↓ ↓ ↓

無理をしすぎない

自分を大切にする方法一つ目は、「無理をしすぎない」です。 これは、心と体についての自分を大切にする方法です。

他人のご機嫌をうかがって自分の考えを押し殺してばかりいない事。

これって間違っているよなと思いつつ、自分の考えとは違う行動しなくてはならない…心と体がかみ合っていない現象だったり、 頑張ってやっていることは、体の痛みに耐えたり、薬でごまかしたりしてまで、今どうしてもやるべきことなのか?という程度の問題 など・・・

スキルアップして、自分の能力を高めていくためには、ちょっと無理をしなければいけない時もありますが 無理のし過ぎは心と体にダメージを与えすぎてしまいます。

加減をすることが、自分を大事にするために必要ですね。

体が欲しがっているものを食べる

そして、自分を大切にする方法2つ目は、「体が欲しがっているものを食べる」です。 これは、食についての自分を大切にする方法です。

ストレスがたまると無性に甘いものをドカ食いしたくなって・・・なんて事がありますが、 そういった心の声に従って食べ過ぎると、太ったり病気になったりしてしまいます。

これは、ストレスや間違った食生活などが引き起こしている、中毒的な衝動でして・・・

そうではなくて、 「疲労回復には抗酸化作用のある栄養素がいい」といった、学術的にも理にかなっていて、 体が欲している食べ物が、感覚的に分かるようになると理想的です。

満腹になるといった快楽的な満足感ではなく、健康的で腹8分目の食事だけど満足感を得られる事こそ、 心とお腹を満たしてくれるように思います。

自分という存在を認める

そして、自分を大切にする方法3つ目は、「自分という存在を認める」です。 これは、考え方についての自分を大切にする方法です。

失敗したり、間違えたり、さぼったり、張り切ったり、 誰かからは嫌われて、誰かからは好かれて・・・

人には色々な側面がありますが、どんな時も、 自分という存在が必要だと思い良かれと思ってやっている行動によって起こっている現実です。

反省してこれからは行動を変えていかなくてはいけない・・・という場合もありますが、 だからと言って、存在が無下にされていいものではありません。

自分という存在があることを、認めて、見守っていきましょう。

落ち込んだりショックを受けたときは、少し甘やかせてあげることも必要だったりしますが、 現実から眼をそらし続けることは、自分を大切にすることではなく、 むしろ、時間がたつ毎に後ろめたさが大きくなって苦しくなります。

変化して成長していく自分に寄り添い励ます事が、自分を認め、自分を大切にすることではないでしょうか。

嫌な気持ちになるものを手放す

そして、自分を大切にする方法4つ目は、「嫌な気持ちになるものを手放す」です。 これは、持ち物についての自分を大切にする方法です。

無理に持ち物を少なくすることではなく、不要な物を手放して、自分にとって必要なものや好きなものだけにする事。

こうすると、すっきりとするだけでなく、私は、ほっとするような、しっくりと型にハマったような安らぎを感じます。

持ち物は、日々、自分の一番近くでふれあい、手触り・匂い・視覚・聴覚と、大きな影響を与えてくるので、 いい気持ちでいられるモノに囲まれて過ごす事は、自分を大事にする事とつながっています。

なので、掃除・片付けや整理整頓、捨て活などは、地味で面倒な事ですが、自分を大切にする為の大事な方法だと思っています。



不安度が1分でわかる無料診断
顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】
スポンサードリンク
HOME > 自分を大切にする4つの方法!心と体/食べ物/考え方/持ち物

こちらの記事も参考にどうぞ