HOME > 高卒が既卒就活市場で内定を勝ち取るには?

高卒が既卒就活市場で内定を勝ち取るには?

授業を受ける高校生

作成

大学に行けなくて学歴が高卒なので、就活が上手くいかないと悩んでいますか?でも実は、既卒の就活では高卒であることのデメリットはあまりないのです。

そこで、高卒の人が既卒として就職活動をすすめる時のポイントについてまとめました。

学歴コンプレックスの克服方法

日本は学歴社会ですね。高卒か大卒か?大卒ならどこの大学か?きりがありません。

大学に行く人の割合は増えており、学歴しかとりえのない人もいるので、学歴を聞かれることもあるでしょう。

でも、社会に出れば実力主義です。大卒の中にも高卒の中にもいろいろな人がいて、仕事で活躍する人もいれば、仲間から好かれる人、要領の悪い人や、当たり障りのない人など学歴に関係なく人それぞれです。

子供の頃にもう少し勉強しておけばよかったと思うのならば、今必要な勉強に一生懸命取り組みましょう。それが、反省を活かしてばねにするという事で、毎日が充実してくれば、学歴コンプレックスのことなど気にならなくなります。

高卒で上場企業の社長となった人たち

社長の椅子
ちなみに、高卒で上場企業の社長となった人はたくさんいます。

  • パナソニックの松下幸之助
  • 本田技研工業株式会社の本田宗一郎
  • 株式会社ネクシィーズの近藤太香巳
  • 株式会社ガリバーインターナショナルの羽鳥兼市
  • 日本マイクロソフト株式会社の古川享
  • 株式会社吉野家ホールディングスの河村泰貴

これだけ活躍している人がいると、人生が上手くいかない理由を、高卒のせいにはできませんね。

新卒における大卒と高卒の違い

新卒採用の場合、大卒と高卒は別枠として考えられるのが一般的です。

年齢的にも数年の差がありますので、それぞれ何名と決めて採用枠を設けています。なので、ライバル関係にはなりません。

扱いの差や期待され方の違いで辛い思いをすることもあるかもしれませんが、与えられた仕事おいて120%の成果を出し続けていれば当然評価されます。

既卒の就活で見られるポイント

スーツ姿の男性
既卒の就活になると、大卒か高卒かということはあまり関係なくなってきます。採用時に見られるポイントとしては

  • どんなことを学んできたか?
  • やる気はあるか?
  • コミュニケーション力はあるか?
  • 業界のどんなことに興味を持っているか?
  • どのように働きたいと考えているか?
  • 人としての魅力があるか?

などです。大卒か高卒かということに関係なく、これからどうしたいかという事や、人間力全般のような部分が見られています。

学んできたことに関しても、「大学の偏差値が高いかどうか?」という問題ではなく、「工業系高校で仕事に生かせる知識がある。」というほうが即戦力としては期待できます。

なので、この意味でも、学歴や高卒であることは関係ないと言えるでしょう。

つまり、高卒で既卒就活をするためのポイントとしては、大卒の就活と同じく、自己分析をして、周りに惑わされずに自分なりの仕事観をもって活動すれば大丈夫です。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 高卒が既卒就活市場で内定を勝ち取るには?

こちらの記事も既卒の就活の参考になります