HOME > 思考を変える!反芻思考をやめる3つの方法

思考を変える!反芻思考をやめる3つの方法

反芻思考をやめる

作成

「貧乏な家には物が多くお金持ちの家は物が少ない。」
これは、思考についても同じで、 貧乏な人は、無駄な事をグルグル…グルグル…考えていて、行動せず、 お金持ちの人は、スパッと決断して、行動して結果を出して お金が入ってくるから余裕ができて、 無駄なことは考えず今を楽しんでいるという人が多いようです。

なので、持ち物を少なくすることができたら、 それで終わりにするのではなく、頭の中・思考方法も、 無駄をなくしてスッキリとさせていきたいところですね。

と言う事で今日は、「ぐるぐるとネガティブな事を考えてしまう… グルグル思考を止める3つの方法」について考えてみました。

反芻思考をやめるのに効果的な方法3つ

持ち物を減らすと、気持ちがスッキリしますが、 あれを買おうかな?どうしようかな?とか、 本当にやりたい事って何だろう? と考えることはあります。

色々な方向から、しっかりと検討するというのは良い事ですが、 同じことを長時間悩みすぎるというのは、思考の無駄なので、 改善していきたいところです。

嫌な事を何度も反すうして思い出してしまうグルグル思考も ネガティブな気持ちになるばかりですから、辞めたいですよね。

そこで、私がグルグル思考を止めるために、 やってみて効果的だと感じた方法は、次の3つです。

  • 紙に書き出す
  • 集中できる他の事をする
  • 自分で決断している事を意識する

それぞれについて説明しますね。

反芻思考をやめる方法1「紙に書きだす」

まず「紙に書き出す」について
「私は〇〇について悩んでいる。」 などと紙に書いてみます。

なるべく短いセンテンスで 箇条書きにしたリ、矢印を使って体系的にまとめたりするのが より分かりやすいです。

そして、 悩んでいる理由は? 解決策は? 今できることは? など深堀していくと、 とりあえず、「今考えても仕方ないな・・・」という結論が出たりします。

反芻思考をやめる方法2「集中できる他の事をする」

そして「集中できる他の事をする」について
映画をみるとか、音楽を聴くとか、なんでもいいです。 手軽にできるところだと、 ストレッチがおすすめです。

身体を伸ばしながら、1、2、3・・・と数えると、 数えることに集中できるので、 一旦ぐるぐる思考から離れられます。

反芻思考をやめる方法3「自分で決断している事を意識する」

そして「自分で決断している事を意識する」について
対処法というよりは、日頃から心がけておくとよい方法ですが、 何をするにも、自分で決めて自分をコントロールして取り組んでいる という事を意識するようにしています。

この方法は、私が持ち物を減らしてきた中で、 身についた考え方でもあります。

全ての事は、「私の決断」だと思っていまして・・・

といっても、つねにテキパキとやっているのではなく、 ダラダラすることも、私の決断でやっている・・・という感じです。

休んだり、サボったりは、当然あります。 誰だってそうですよね。 でも、罪悪感をもってなんとなくサボるのではなく、 潔く、自分の意志で、サボることを選択しているのです。

なので、ぐるぐる思考が始まった時も、 止めたいと思うなら、 自分の意志で、止められる。

マインドの問題ですが、少しずつそう思えるようになってきました。



不安度が1分でわかる無料診断
顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】
スポンサードリンク
HOME > 思考を変える!反芻思考をやめる3つの方法

こちらの記事も参考にどうぞ