HOME > フリーターで彼女が妊娠したらどうしたらいいのか?彼女と幸せな未来を創る方法

フリーターで彼女が妊娠したらどうしたらいいのか?彼女と幸せな未来を創る方法

妊婦

作成

自分はフリーターで不安定な性格をしているのだけれど彼女が妊娠してしまった。とか、同棲や結婚を控えていて、彼女がいつ妊娠してもおかしくない状況にあり、もし彼女が妊娠したらどうなるのだろう?と心配ですか?

女性は妊娠すると体の変化があるので、「生まれてくる子供のためになんでもやろう」という気持ちにすぐに切り替えられます。

しかし、男性は、彼女が妊娠しても身体的な実感が一切ないため、自分の気持ちをコントロールして、出産後の生活に備えなければなりません。

妊娠した彼女の気持ち

妊娠は、女性ホルモンの影響で心にも変化を及ぼします。

自分のことはさておき、お腹の中の赤ちゃんのことがとても大事な存在になるのです。

「産みたい」「母親としてしっかりと子供を育てたい」等、責任感が芽生え、大人の考え方が自然とできるようになります。

しかし、気持ちとは裏腹に、体の変化で、様々な不調もきたしますので、「無事、赤ちゃんを産むことができるだろうか?」という不安もいっぱいです。

でも、逃げることができないのもわかっているので、頑張るしかないと、前向きになれるのです。

妊娠の事実が意味すること

びっくりする男性
突然、彼女から妊娠を告げられた場合、「えっ?俺、フリーターなのにどうすんの?」などと驚きの感情でいっぱいかもしれません。

でも、冷静になって、彼女が妊娠したとはどういうことであるのかしっかりと把握しましょう。

数か月後に子供が生まれる・結婚するのかどうか・子育てに必要なお金はどうするのか・しばらくの間働けない彼女を生活はどうするのかなどなど。

彼女の妊娠によって、今の生活から変化することがたくさんあります。

人によって解決すべき問題や決めるべきことは異なりますので、紙に書き出してみるなどして、状況をしっかりと把握し、彼女とよく話し合いましょう。

彼女が妊娠した場合に理解すべきこと

辛そうな女性
女性は妊娠すると、おなかが大きくなり、日常生活に様々な制約が出てきます。妊婦は普通に日常生活を送るのも大変です。

人によって、つわりの重さ・だるさや体の不調の程度は様々ですが、かなりしんどい状況になることは、説明するまでもありません。

体を痛めて、子供をはぐくみ、出産という大仕事に取り組むのです。妊娠すると、今まで通りに家事をしたり、仕事に出かけたりできない時期もかなり長くあります。

乳児の世話においても、男性にとって代われないことが多いため、働いていた女性も、産休・育休をとる必要があります。

家計を彼女が担っていて、フリーターのあなたの給料が少ない場合、女性の負担ばかりが増え、様々な問題が生じます。

働いて収入を得るということは、女性でも男性でもできることなので、どちらかが働けない時に、どちらかが支えられることが理想的です。

妊娠すると、女性が一時的に働けなくなることがはっきりとしていますので、男性は、少なくとも、奥さんと子供を養える力を身に着けておきたいところです。

フリーターを辞めて就職活動をしよう

スタートを切る
彼女が妊娠をしたならば、男としてできることは、安心して子育てができる環境づくりをすることです。

妊娠・出産は命がけのことなので、同じくらいの覚悟をもって自分のできることに取り組むべきですよね。

予想外の妊娠だったとしても、それは、二人で責任をもたなくてはいけません。彼女も体を張って責任を全うするのですから、彼氏も責任ある行動をとりましょう。

まずやるべきことは、子育てと親子3人で生活をしていく為の収入を確保することです。

フリーターの収入は少ないですから、もっと給料がもらえる正社員になりましょう。

月額給料の金額だけを比べると、フリーターとあまり変わらないような金額見えますが、長い目で見ると、その差は大きいです。

通勤手当・住居手当・扶養家族がいる場合の手当・慶弔行事の有給休暇取得など、フリーターとは比べ物にならないくらいたくさんのメリットがあります。

なるべく福利厚生がしっかりとしている会社に入れると、生活がぐっと楽になります。

なるべく早く正社員になる為に

どのような会社を選べばよいか分からない場合は、就活支援サイトに登録して、就活アドバイザーに相談してみましょう。

「結婚して子供が生まれる予定があるので、しっかりとした会社できちんと働きたい」と伝えればあなたに合った会社を紹介してもらえます。

できちゃった結婚を知られるのが恥ずかしい気持ちがあるかもしれませんが、企業からしてみると、子供ができるのでしっかり働きたいと考えている人は、長く働いてくれそうなので、とても魅力的な人材です。

勇気を出して、これから頑張っていきたいと伝えれば、応援してくれる人はたくさんいます。

それに、正社員になることは、上手に就活ができれば、それほど時間がかかることではありません。

例えば、就活支援サービスの「就職・転職ならDYM就職 」を利用すると、最短1週間で、内定をもらうことも可能です。

子供が生まれるころには、すっかり会社に慣れて、余裕をもって赤ちゃんを迎えられるでしょう。

早退や急な休みの融通が利くこともあるので、彼女の出産に立ち会うことも可能かもしれませんし、子供が生まれたら、お祝い金が貰える会社もあります。

なによりも、あなたがしっかりと働いてくれたら、初めての出産や子育てで不安なことが多い彼女はとても安心できます。

迷うことは何もありません。一日でも早く就職活動をはじめて、妊娠した彼女を安心させてあげましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > フリーターで彼女が妊娠したらどうしたらいいのか?彼女と幸せな未来を創る方法

こちらの記事も既卒の就活の参考になります