HOME > フリーター辞めて就職しろとうるさい親を穏便に黙らせる方法

フリーター辞めて就職しろとうるさい親を穏便に黙らせる方法

父親

作成

「いつまでフリーターなんかやってるつもりなんだ?」「将来はどうするのか?」「いい加減に就職しろ!」

親からこんなことを言われて困っている人のために、どうしたらよいのかご紹介します。

この記事を読めば、

「親がなぜうるさく言ってくるのか?自分はこれからどうしたらいいのか?」

ということが分かります。

なぜ親は就職しろというのか?

イライラする父親

親はなぜ、「フリーターを辞めて就職しろ!」とうるさく言うのでしょうか?その理由が分かれば、黙らせる方法も見えてきます。

親の気持ちは、こんな感じです。

  • 結婚できないのではと心配
  • 世間体が悪いので正社員になってほしい
  • いつまで養わなくてはいけないのか不安
  • 期待が外れて裏切られた気持ち・怒り

結婚できないのではと心配

フリーターは収入が低く、安定していない為、結婚相手を見つけることが難しいです。

当人同士は好き合っていても、相手の親御さんがフリーターであることを理由に許してくれないこともあります。

結婚は、幸せな人生をおくる為の絶対条件ではありませんが、幸せの一つの形ではあります。

親世代の価値観では、結婚することに重きを置いている人も少なくありません。

また、結婚相手がいて、孫が生まれて・・・ということは、親にとっては嬉しいことなので、できれば結婚してほしいと思う親がほとんどです。

そのため、なるべく結婚できるような仕事に就いてほしいと思ってしまうのです。

世間体が悪いので正社員になってほしい

隣近所や親戚付き合いなどで、「息子さん(娘さん)は何のお仕事を・・・」という話題になることがあります。

そういう時に、フリーターをしているというのは、胸を張って言えることではありません。

せめて就職してくれれば、「会社員をやっている」と無難な答えができます。

いつまで養わなくてはいけないのか不安

年金支給額が年々減少しており、60代や70代でも老後の心配をするようなご時世です。

自分たちの老後生活資金でさえ心配なのに、子供の収入が低くて養ったり援助しなくてはならないとなると不安な気持ちになります。

歳をとると働き口もなくなるし、体の衰えで働けなくなるかもしれません。

子供には、若いうちにしっかり働いて、早く自立して安心させてほしいと思うものです。

期待が外れて裏切られた気持ち・怒り

学生時代に成績優秀だった・スポーツが得意だったなど自慢の子供であった場合、将来の活躍を期待する親心が芽生えるものです。

子供にしてみれば、勝手な期待ではありますが、それが思い通りにならなかったときに、勝手に失望して、残念な気持ちになる親は少なくありません。

高い教育費をかけて育ててきたのだから、フリーターなんてやるならお金を返せ!などと怒りの感情を持つ親もいます。

一方で、「今からでもがんばればもっと活躍できるのではないか?あの子ならできるはず!」と期待し続ける気持ちも捨てきれません。

そんな思いから、つい、「もっとがんばれ!」と、子供にに口うるさくいってしまうのです。

うるさい親との関係性をどうしたいのか?

頭を抱える男性
今後、親との関係性をどのようにしたいかによって、親を黙らせる方法は変わってきます。

  • 親が憎いので絶縁したい
  • 普通の親子関係を続けたい

うるさい親が憎いのであれば対処法は簡単です。

実家を出て一人暮らしをすればいいんです。必要がない限り自分から連絡をしなければ、うるさく言われることから逃れられます。

昔の芸能人にありがちな、親の反対を押し切って上京して、下済み生活を経て成功をつかむ・・・というパターンです。

まずはバイトでもして30万円位の貯金をつくり、安いアパートやシェアハウスを探せば、やっていけないことはありません。

仕事に就いては、フリーター専門の就活支援サイトの「ハタラクティブ」を使えば、地方在住者でも都内近郊で就職することが可能です。

とっとと自立してしまえば、親はうるさく言ってこなくなります。

行動段階で、うるさく言ってくる場合は、無視するか喧嘩するかしかないですね。

「いい加減、子離れしろ」「俺の人生に口出しするな」「お前らに介護が必要になった時に面倒は見ないからな」等々

毒親などの場合、とにかく、親元から離れるしかない場合もあります。

うるさく言う方も、言われる方もイライラするものなので、関係性が悪化するまえに、すーっと出ていけるとよいですね。

でも、親と絶縁すると、社会的に不利になります。アパートを借りるにしても保証人がいないと苦労します。

なので、できれば、穏便に親を黙らせたいですよね。

穏便に親を黙らせる方法

スーツ姿の男性
親とは、べったりしすぎずに、たまに会話をする位のほどよい距離感を保って家族でいられるとベストですよね。

その為には、穏便に親を黙らせる必要があります。

ポイントは、「素直になること・親の気持ちを考えてあげること」です。

これから年老いていく親は意外と弱い存在。子供の事が心配で、ギャーギャー騒いでいる場合もあります。

同じ立場で言い合うのではなく、一段上に上がって、冷静になってみましょう。

「父さんの言うとおりだね。そろそろ就職について考えてみるよ。」素直にこう言えれば、ほとんどの親はうるさくいうことを辞めます。

同調してくれる相手には、文句の言いようがないので、黙るしかないですよね。

でも、形だけ同調して、行動が伴わないと、すぐに見破られます。

なので、さくっと就職してしまえばいいんです。

それができないから、困っているんだ・・・という声が聞こえてきそうですが、就活支援サービスを使えば、就職することは難しくない時代になってきています。

いい会社とか、自分に合った仕事・・・と難しく考えるから、就活は難しくなるのです。

親がうるさい場合は、とりあえず働いて、働きながら自分にあう仕事かどうか確かめていくという考えもアリではないでしょうか。

とにかく、頑張っている姿を見せていれば親はうるさくいってきません。

「うちの子はもっとできるはず!」という期待を込めたエールが、うるさく言ってしまう行動になってしまっているだけなのです。

ウザさによって背中を押してもらったと思って、行動してみると、意外とあっさり上手く行ったりするものです。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > フリーター辞めて就職しろとうるさい親を穏便に黙らせる方法

こちらの記事も既卒の就活の参考になります