HOME > 治験バイトって何をするの?やばい仕事ではない?どれくらい稼げる?

治験バイトって何をするの?やばい仕事ではない?どれくらい稼げる?

作成

ネガティブ脱却!なんでも受け入れてくれる心の悩み相談


治験バイトとは、食品・サプリメント・化粧品・一般用医薬品などの安全性や有効性を確認するテストの被験者となるというものです。

アルバイトといっても実際は有償のボランティアであることが多く、テスト内容によって支払われる額は変わってきます。

なので、治験バイトはどのくらい稼げるのか?知りたいと探している人もいるようです。

また「薬の安全性を確認するテスト」というイメージが一人歩きをして、やばい仕事なのではないか?と心配している人もいるようなので、治験バイトの詳しい内容についてまとめてみました。

治験バイトって具体的には何をするの?

治験バイトはテストの被験者となるということは分かったけれど、具体的にはどんなテストなのか?内容が気になりますよね。

例えば、実際過去に行われた治験バイトの内容はこんな感じです。

  • 腸内環境免疫試験
  • 試験品を使用しての歩行試験
  • 血糖値試験
  • 試験品摂取による唾液分泌機能改善効果確認試験
  • 歌唱によるメンタルヘルス改善効果の探索的検討試験
  • 腸内環境(便秘)試験
  • 入浴剤使用によるストレス・睡眠効果確認試験
  • 研究食品摂取による体水分確認研究試験
  • 口腔マッサージャーの単回使用による唾液量変化の確認試験
  • 通年性アレルギー改善効果確認試験

薬の副作用など身体への影響が心配・・・という人もいるかと思いますが、治験バイトは様々な試験品のテストが実施されています。

気軽に受けられそうなものや、興味があって試してみたかった健康アイテムなどもあるのではないでしょうか。

治験バイトの流れ

治験バイトに興味をもったら、まずはホームページから無料登録し、試験説明会へ参加します。

試験説明会では、「試験の目的・試験の方法・試験のスケジュール・試験で使用する試験品についての説明」等についての詳細説明が行われます。

説明を聞いたうえで参加の意思があれば、同意書へ署名捺印をして実際の試験がはじまるという流れです。

それから、一旦同意した後に、「やっぱり気が変わって辞めたい」と思った場合、随時、試験の参加を辞退することができます。

もちろん、断ったからといって不利益を被る事はいっさいありませんので、安心して参加して大丈夫です。

治験バイトはどのくらい稼げるのか?

治験バイトに参加することで貰えるお金は、試験負担軽減費とか協力費等と呼ばれ、試験参加者の負担(来院時の交通費・採血などの苦痛・電話やメール等の通信費など)を軽減する目的で支払われます。

具体的な金額は試験内容によって大きく異なるので一概に言えませんが、私が実際に見聞きした治験の事例としては、検診1回で5000円程度のものから、複数回の通院と採血などで5万円位のもの。中長期の入院で数十万円というものもあります。

治験に参加することは、世の中の為になる事ですし、自分の健康状態を確認することもできます。

興味がある人はぜひチェックしてみてください。

20歳以上ならどなたでも登録可能!臨床試験モニター会員募集中
↓ ↓ ↓





人気記事仕事を辞めたらどうなる?5つの選択肢

就活やスキルアップに役立つ無料サービス
転職市場価値3つの無料診断
スポンサードリンク
HOME > 治験バイトって何をするの?やばい仕事ではない?どれくらい稼げる?

こちらの記事も参考にどうぞ

関連情報