HOME > 仕事を辞めたらもらえるお金まとめ!退職する前に知っておこう

仕事を辞めたらもらえるお金まとめ!退職する前に知っておこう

作成

自己都合による退職や、リストラなどで仕事を辞める場合。今まで入ってきていた給料がなくなるわけですからお金の心配が出てきますよね。

でも、国の制度には仕事を辞めたらもらえるお金が色々あります。
ですが、会社の担当者にきいても、どういったケースの場合、いくらのお金がもらえるのかまでは、詳しく教えてもらえないこともあります。

単純に、細かい個人の事情までは把握していないから仕方がない部分もありますが、自分の身を守るためにももらえるお金については把握しておいて損はありません。
ということで、仕事を辞めたらもらえるお金についてまとめてみました。

収入に不満があるなら、副業というのも一つの方法です
おすすめの副業3選!サラリーマン・主婦・フリーターも一億総副業時代
※5分で市場価値が診断できる転職アプリ!登録無料でお金は一切かかりません
ミイダス

失業した時に申請するともらえるお金

失業給付の基本手当
雇用保険の被保険者の人が、定年・倒産・契約期間の満了等により離職して失業中の生活を心配しないで新しい仕事を探すための給付手当です。
申請先:ハローワーク
総合支援資金
主に失業した人等に向けて、生活再建までの間に必要な生活費用を貸してもらえます。
申請先:社会福祉協議会
未払い賃金立て替え制度
企業倒産により賃金が支払われないまま退職した労働者に対して、未払賃金の一部を立替払いしてもらえる制度
申請先:労働基準監督署
日雇労働求職者給付金
日雇労働者(日々または30日以内の有期契約で雇用される者)が失業状態にあるとき、所定の要件を満たすと現金で給付される給付金です。
申請先:ハローワーク

求職中に申請するともらえるお金

技能習得手当
受給資格者の再就職を促進するため、公共職業訓練等を受講する場合に、基本手当とは別に受けられる手当です。
申請先:ハローワーク
教育訓練給付金
雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が給付金として支給されます。ただし、受講開始時に45歳未満であること等、一定の要件を満たす必要があります。
申請先:ハローワーク
求職者支援制度
雇用保険を受給できない求職者が、職業訓練によるスキルアップを通じて早期の就職を目指すための制度
申請先:ハローワーク
高年齢求職者給付金
65歳を過ぎた被保険者が、申請すると受け取ることができる給付金です。
申請先:ハローワーク

再就職した時に申請するともらえるお金

再就職手当
基本手当の受給資格がある人が、安定した職業に就いた場合等に、一定の要件に該当する場合に支給される手当です。
申請先:ハローワーク

その他、収入が減った時などに申請するともらえるお金

傷病手当金
公的医療保険の被保険者が、疾病または負傷により働けない場合に、療養中の生活保障としてもらえる給付金です。
申請先:ハローワークまたは健康保険組合
住居確保給付金
休業等に伴う収入の減少によって住居を失うおそれが生じている人に対して、原則3ヶ月・最大9ヶ月家賃相当額を自治体から家主さんに支給してもらえる
申請先:自立相談支援機関


スポンサードリンク
既卒の就活トップ > 仕事を辞めたらもらえるお金まとめ!退職する前に知っておこう

こちらの記事も既卒の就活の参考になります