HOME > 既卒ニートに成り下がっては駄目!就活をして自分の人生を歩もう

既卒ニートに成り下がっては駄目!就活をして自分の人生を歩もう

だらけている動物

作成

「今何してる?」と聞かれて「既卒ニート」と答えていませんか?

それ、絶対にダメです。

既卒とは、卒業したという状態を表す言葉で、ニートもまた、働いてもいないし勉強をしているわけでもないという何もしていないことを表す言葉だからです。

自ら、既卒ニートを名乗ることは、「自分は何もしていません」と言っているようなものです。

自虐的な気持ちがあるかもしれませんが、自発的に何かをして、やっていることに自信を持ちましょう。

仕事を探しているなら、「就活中!」と自信をもって言うべきです。

名は体を表す

「名は体を表す(なはたいをあらわす)」という言葉を知っていますか?

名前は、そのものの性質や実体を表すという意味の言葉です。

自分は既卒ニートだと名乗ってしまうと、名前に合ったような行動をとるようになってしまうのです。

ニートだから、ぶらぶらしてる・ゲームばかりしてる・親に食べさせてもらってる・生活費を入れなくてもなんとかなってる・昼夜逆転生活をしてる・・・

友達同士話しているときに、冗談でも、こんな生活をしていると口にするのは危険です。

あいつはだらだらしてるという印象がついてしまい、自分自身でも、ニート生活をすることが当たり前となってきてしまうのです。

ニートになってしまうきっかけ

投げやりな表情
既卒になってすぐのころは就活を頑張っていたのに、いつの間にかニート生活を送っていたという人は、何がきっかけだったのでしょうか?

そのきっかけの多くは、「迷いが生じたこと」です。

例えば、女性の場合、就職先が見つからなくても、彼氏と結婚すればいいっか?という迷いが生じると就活のやる気がなくなっていきます。だらだらとニートの様な生活を続ける彼女を見て彼氏は愛想をつかし、振られたショックで落ち込んで、完全なニート生活に突入するのです。

また、就職するのか?公務員になるのか?と両てんびんにかけるのもよくないです。

公務員試験があるからと就活がおざなりになり、やっぱり就活に集中するべきかと迷いながら勉強をするので集中できず、表向きは公務員試験勉強をしているふりをしてだらだらとニートのような生活に慣れてしまい、公務員試験に落ち就活するにも年齢が高くなって難易度が高くなり、完全なニート生活に突入するのです。

どちらのケースも、自分が今やるべきことをはっきりと決めなかった結果、気づいたらニート生活に慣れてしまったのです。

怖いのは、本人たちは、自分がニートという意識が薄いことです。ある日突然ニートになるのではなく、真綿で首を絞められるように、じわじわとニート生活になじんでいくのでそのきっかけに気づきにくいのです。

ニート生活に染まってしまわないようにするためには、自分が行動を変えるしかありません。

既卒ニートではなく就活者を名乗ろう

名乗る男性
「今何してる?」の答えとしては、自分が今取り組んでいることを言うべきです。

バイトを頑張っているならフリーター。仕事探しを頑張っているなら就活者です。

思うとおりに進んでいなくても、「就活をやっている。」というようにしましょう。

いつ頃決まりそう?とか、面接には行ったのか?とか、どの辺の企業を受けてるの?とか、いろいろ聞かれると嫌だなぁという気持ちもわかりますが、それは、「なかなかうまくいかなくて。・・・」とお茶を濁せば、しつこく追及してくる性格の悪い人は少ないでしょう。

とにかく、就活をやっていることを宣言すれば、その言葉通りの行動をしようとするものです。

つまり、諦めたり、さぼることなく、就活を頑張ろうという方向に、自然と向いていくのです。

これが、言葉の力です。

就活に取り組むことの大事さ

苦しい表情の就活生
人間は誰でも、怠けたい動物です。

だらけた環境がゆるされてしまったり、気持ちを強く持つことができないと、楽な方、楽な方へと流されてしまいます。

だからこそ、既卒ニートだから・・・と何もしなくても許されているような環境を作ってしまうことは危険です。

一度楽なことを知ってしまうと、もう一度エンジンをかけなおして行動力を取り戻すことは、かなりのエネルギーがいります。

例えば、月曜日の朝は、学生も会社員も憂鬱さが伴うものです。

それは、土曜日曜の休みのあるからで、たった2日の休日でさえも、行動することをおっくうにさせてしまう恐ろしさがあるのです。

何もしないことに慣れてしまうと、自分の好きなことをする人生からどんどん遠ざかってしまいます。

好きなことをやるにも、行動力が必要なのですが、怠け癖はそれさえも面倒くさく思うようにさせるのです。

そもうちに、考えることも面倒になってきます。

自分は何がしたいのか?自分が今やるべきことは何なのか?将来どんなふうになりたいのか?

どれも、どうでもよくなってきてしまいます。

これでは、自分の人生をまったく歩めなくなってしまいますね。

上手くいかない時や、辛いときもあるけれど、自分なりに考えて、何かをやっていると、それなりに楽しいこともあるものです。

ありきたりの一日でも天気が良いことにふと嬉しい気分になったり、美味しい食べ物を見つけたり、当選に当たってラッキーをしたり・・・。

何でもないことが幸せといいますが、何かをやって生きていさえすれば、幸せを感じて過ごすことができるのです。

既卒からの就活のポイント

ペンとノート
既卒ニートという状態になってしまったら、就職活動を精いっぱいやりましょう。

そのためには、漠然と求人情報を調べるのではなく、計画を立てて取り組むことが大切です。

まずは、ぼんやりとでもよいので、いつまでに就職を決めたいのかというイメージを持ちましょう。

時間は有限ですので、だらだらと続けることはもったいないからです。

3か月後とか半年後とか適当な期間でもよいです。目標の期日があるのとないのでは違うので、自分との闘いと思って、ゲーム感覚でそれに向かって進んでいくと楽しくなってくるものです。

目標が決まったら、それを達成するために、具体的にやることの計画を立てましょう。

これは、自分が努力しさえすれば必ずできる、他から影響を受けない作業がよいです。

自己PRを完成させるとか、よさそうな会社を5社ピックアップするとか、3時間業界研究をするなどです。

3日分とか、1週間分くらい、まとめて、やることをリストアップしておくと、朝起きてから何をしようかと迷うことがなくなるので効率的です。

既卒ーニートであっても学校を卒業した社会人です。

やるべきことは自分で考え、スケジュール管理をするのが、しっかりとした大人の行動ではないでしょうか。

今は宙ぶらりんな状態だとしても、その期間をどのように過ごすかは自分次第です。既卒になったら、自分で自分を管理しなくてはなりません。

自分の頭で考えて、自分の好きなことを選び、自分らしい人生を歩んでいきましょう。




人気記事【2018年版】既卒就活サイトおすすめ13選を徹底比較!

既卒・フリーターにおすすめの就職支援サービス
就活を有利にする!活用すべき就活支援サービス
既卒の就活トップ > 既卒ニートに成り下がっては駄目!就活をして自分の人生を歩もう

こちらの記事も既卒の就活の参考になります