HOME > 工場勤務が底辺と言われる3つの理由!工場勤務仕事は辞めたほうがいいのか?

工場勤務が底辺と言われる3つの理由!工場勤務仕事は辞めたほうがいいのか?

工場の底辺労働

作成

「工場勤務は底辺の仕事・・・」工場で働いている人も、製造業現場を知らない人もこのイメージは誰もが何となくもっているのではないでしょうか?

でも、なにごとも表裏一体です。外から見た印象と実態が異なることは珍しくありません。

また、世間や他人が思うことと自分が感じることは違います。

仕事選びは、自分の生活や人生にかかわることですから、イメージだけで決めるのはよくないです。

イメージがよい仕事に就いても自分に合っていなければ、辛くて続けることはできないでしょうし、イメージが悪いというだけで敬遠している仕事が、自分に合う仕事かもしれません。

自分に合っている仕事に就ければ、毎日辛いことはなく、収入に安心でき、幸せな毎日を送ることができます。そうなると、他の人が何を言おうと関係ないのです。

愚痴を言うことなく、特に声を上げることなく、幸せな日々を満喫している人は、どの業界にもいます。

そういう仕事に就きたいですよね。

工場勤務は、イメージがあまりよくない仕事ですが、絶対にやめておいた方がいい仕事というわけではありません。



高給&好条件の工場仕事を探せます。
↓ ↓ ↓

どんな人が工場勤務をしているのか?

実際に、工場で働いている人はどのような人たちでしょうか?

  • 中卒・高卒など低学歴の人
  • 勉強嫌いで学校の成績が悪かった人
  • 体力に自信がある人
  • 職を転々としてなんとなく生きている人
  • 身なりに気を遣わない人
  • 夫の収入が少ない主婦
  • お金を稼ぎたい訳アリの人
  • 高齢だけど働かざるをえない人

あえて、ちょっと悪いイメージになるような表現をしてみました。

でも、確かに、こういう人たちが働いています。

中には真逆の人もいますが、こういう人たちが多いです。

特徴的なのは学歴が低い人が多いということでしょう。

世の中には大卒以上でないと就けない仕事もありますので、低学歴の人が就ける職業は限られてきます。その一つが工場勤務なので、必然的に学歴の低い人が集まってくることになります。

つまり、学歴カーストの底辺の人が多いので、イコール底辺仕事というイメージが強いのでしょう。

身なりに気を遣わない人が多いのは仕事で汚れるからです。おしゃれをして工場勤務をしたいという人は、危険・効率が悪いなどの理由で仕事ができない人になります。

また、仕事上汚れた作業着を着ているだけであって、仕事が終われば必ずお風呂に入るので、むしろ清潔な人が多かったりはします。

それから、工場勤務では、働き盛りの男性だけでなく、女性・高齢者など社会的弱者も多く働いています。

このイメージもまた、工場勤務を底辺仕事と印象付けているのかもしれません。

ちなみに、工場で働いている人たちについて、良いイメージになるように表現してみるとこんな感じになります。

  • 体力があって健康的
  • 規則正しい生活を送っている
  • 手先が器用
  • 機械操作ができる
  • 集中力がある
  • コツコツ作業できる
  • 粘り強い
  • 寡黙で一人で黙々と作業できる

クールでカッコイイ印象!ですね。

工場勤務をしている人には、このような人たちもたくさんいます。

工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

工場勤務はブラック仕事なの?

疲労を訴える人
工場の所在地は住宅街から遠く、送迎バスが用意されていることもよくあります。

毎日決まった時間に同じ作業着を来た人たちがバスにのって工場へ向かう姿は、隔離された場所へ強制労働に連れ出されているようで、底辺労働者の印象を持ちます。

まぁ、これは完全にマンガとかの世界の影響ですね。

スーツを着たサラリーマンが毎朝満員電車に乗っているのと何ら変わりありません。

むしろ、送迎バスがあったり、交通費が支給されるので、交通費自腹のブラック企業社員よりはマシです。

工場勤務の仕事は体を使う仕事なので、体が疲れる辛さはありますが、無理な長時間労働をさせると、事故やけがのリスクがあるので、休憩時間や残業管理はしっかりと確保しているところが多いです。

だらだらと長時間労働をして仕事に終わりがないオフィス仕事に比べると、その点は、よい労働環境だといえるでしょう。

ただし、すべての工場が、よい労働環境を用意しているわけではありません。

ブラック企業であるかどうかは、それぞれの会社の考え方による部分が多いです。

また、正社員よりも、派遣社員やパート・アルバイトが弱い立場であるということは、どの業界でも同じです。

世間からみた工場勤務のイメージ

世間一般の人は、工場勤務に対して、本当に、底辺だと思っているのでしょうか?SNS上の声を拾い上げてみました。

「工場勤務は底辺!絶対にヤダ!」と言い切るような意見も見られますが、「意外と悪くないよ」という声も少ないありません。

底辺だと考える意見は感情的で、悪くないという意見は冷静な独り言のようなトーンを感じました。

否定的な世間一般の声の一方で、工場勤務の実態は、良い方向へ変わりつつあるのかもしれません。

工場勤務が底辺だと言われる3つの理由

工場勤務の概要が分かったところで、底辺だと言われる理由をまとめてみました。

頭の悪い人が多い

なんも考えていない男性
学歴が低くても仕事ができる人はいますし、人間的に素晴らしい人もたくさんいます。

でも、物事をよく知ろうとしなかったり、学ぶことが嫌いだったり、将来のことをきちんと考えていない人が多いことも事実です。

「朱に交われば赤くなる」ということわざ通り、周りの環境から受ける影響は少なくありません。

周りに影響されて、くだらないことにハマったり、怠惰な生活をするようになってしまう人も中には、いるでしょう。

頭の悪い人が多い環境であるということが、工場勤務が底辺と言われる理由の一つです。

つぶしがきかない

休む男性
一度工場勤務の仕事をしたら、その後別の仕事へ鞍替えをするのは大変です。

営業や事務などの一般的な会社仕事に比べると、仕事内容や生活時間帯が違いすぎるので、違和感が大きいのです。

なので、工場勤務の仕事に就いたら、職場を変えることはあっても、ずっと工場系の仕事をする人が多いです。

中には、工場仕事と並行して設計の勉強をしたり、資格取得したりしてステップアップしていく人もいます。どの業界でも、努力できる人はいくらでもつぶしがきくのは同じですよね。

まぁ、他の専門職でもつぶしがきかない仕事はいろいろありますし、一つの仕事を全うすることは良しとする考えもあるので、必ずしも悪いことではないと思いますが・・・。

つぶしがきかない工場勤務は、入ったら抜け出せない底辺仕事の印象があるのでしょう。

危険が伴う仕事がある

工場で働く男性
工場には、パワーのある特殊な機械がたくさんあってマシンの操作を誤れば大けがをするリスクがあります。

誰だって、自分の身が危険にさらされることは避けたいですから、「人が嫌がる危険な仕事だから底辺の奴らにやらせている」と思ってしまうところがあります。

確かに、工場勤務の仕事は危険もあります。

でも、医師にも感染症で命を落とすリスクがありますし、建築現場も危険です。スタントマンも危ないことをやるのが仕事です。オフィスワークにしても、長時間座ってパソコン画面を見続けることは重篤な健康被害を及ぼす危険があるという説もあります。

どんな仕事でも、事故をおこしたりけが人を出したら困るので、安全対策はしっかりとされています。あとは、それぞれの人が注意して作業に当たれるかというところでしょう。

工場勤務の仕事はやめておいた方がいいのか?

工場勤務が底辺だと言われるのは、先にあげた3つのそれなりの理由があります。

でも、「頭の悪い人が多い」「つぶしがきかない」というのは、自分次第でどうにでもなることです。

「危険が伴う仕事がある」ということも、大きな機械を扱う製造業という特性上、仕方のないことですし、他の仕事には全く危険が伴わないわけではありません。

仕事にやりがいを持てず、お金が無くて毎日つまらない底辺生活をしている人はどの業界にもいます。

職業だけで人を底辺あつかいしてくる人は大した人間ではないと思うので、気にしなければいいでしょう。

工場勤務で働く人の中には、底辺生活の人もいますし、充実した楽しい毎日を送っている人もいて、どのような人生にするのかは自分次第です。

工場勤務だから必ずしも底辺生活者になってしまうわけではありません。

自分は工場の仕事しかできない・・・という人も、条件のよい仕事はありますので、仕事選びを頑張ってみてくださいね。



高給&好条件の工場仕事を探せます。
↓ ↓ ↓




人気記事工場派遣・製造業求人サイトおすすめ4選

既卒の就活トップ > 工場勤務が底辺と言われる3つの理由!工場勤務仕事は辞めたほうがいいのか?

こちらの記事も既卒の就活の参考になります