HOME > 友達がいない社会人や主婦。コロナでどう変わった?【ミニマリストの友達観】

友達がいない社会人や主婦。コロナでどう変わった?【ミニマリストの友達観】

作成

※お得なサービスを賢く活用して得しよう!※
お金・Amazonギフト券などが無料で貰える一覧まとめ

友達がいないとか、少ないというのは、今や珍しい事ではなく、 むしろ主流ではないか?と思っていますが、みなさんはどうでしょうか?

私の学生時代は、中学生まではド田舎で子供の数が少なかったので、 学年全員が友達といいますか・・・ いつも一緒に遊ぶわけではなくても、名前・兄弟・家庭環境などはだいたいみんな知ってる・・・ というようなコミュニティで育ちました。

なので、地域の子供たちは皆友達なのが当たり前で、 友達作りという概念すらなかったです。

その後も、私は、自分から積極的に声をかけたりはしない方ですが、 たまたま席が近かった子となんとなく仲良くなったり、 部活やサークルに入ったりすることで、共通点のある人と出会って親しくなったりで、 その時々の友達と、楽しい時間を過ごしてきました。

そして、社会人になると学生時代の友達とは疎遠になり、 結婚をすると独身の友達とは疎遠になり・・・というよくあるパターンで、 今も継続的にやり取りをしているのは、片手に収まる範囲です。

いや、ちょっと見栄を這っちゃいました。 一人の親友がいるだけで、あと数人は、 ごくまれに、思い出したようにちょっとしたやり取りをする程度です。

年賀状のやり取りをしていた時はもう少し多かったのですが、 辞めたら、こういう状態になりました。

なので、暇ができた時に「ご飯でも行かない?!」なんていう友達はいません。

ということで、「ミニマリストの私の友達観とコロナで友達観がどう変わったか?」 についてまとめてみました。

友達がいない理由

私のように、友達が一人しかいないというと、 寂しい感じがしますが、 社会人や主婦になると、「やることがなくて、ご飯にでも行くか・・・」 という事自体がなくなる人も多いのではないでしょうか。

仕事や家事で、できていないことは永遠にありますから、 考えようによっては、暇すぎるなんてことはなくて、 ちょっと余裕ができたら、 私は、体を休めたいとか、 やりたかった自分の事をやりたい という気持ちが強いタイプです。

やりたかった事が、友達と会って話す事・・という人は、 友達付き合いに時間を割いて、それを大事にすることが人生の楽しみだと思います。 それは素晴らしい事ですよね。

でも私の場合、自分で何かに取り組むことの方に より優先順位が高いようで・・・ その結果、なんとなく気が合うということでつながっている友達が一人しかいないという事です。

まぁ、友達付き合いに時間を割いてこなかったのですから、当然ですよね。

友達ではないけれど交流のある人たち

ですが、私は、趣味の音楽活動を何年も続けていまして、 バンドメンバーだった人や、音楽について教わった人、 一緒にライブ出演した人等との交流はあります。

とはいえ、年齢が10歳20歳違う人もいますし、 生活環境や仕事内容なども全く違っているので、 「なんでも話す友達」という感じにはなりにくいです。

でも、それでいいんじゃないかなと思っています。 みんなそれぞれ自分の人生を生きていけばいい。

それぞれの人生の道は、交差することがあったり、 並行することがあったりするけれど 自分は自分の道を進むしかない。

私のすべてを知っている人はいなかったり、 いつも一緒につるんでくれる人はいなくてもいい。 というのが、私の友達観です。

コロナ騒動によって変化した友達観

コロナ騒動で、友達と会って話すことができなくなりました。 そういうことが人生の大きな楽しみだったという人は とても辛いと思います。

代わりに、LINEなどで友達とコミュニケーションをとることを 楽しんでいる人もいるでしょう。

そんな中で、大きな変化の一つとしては、 友達付き合いは少し減らして、自分一人で過ごす時間の楽しさを 発見した人も多いのではないかなという事です。

一人で部屋に居ながら、LINEやzoomで オンラインのコミュニケーションを取ることはできますが これは、「人間はみんな一人である」という個人を感じやすいように思います。

なので、自分の人生をどう生きるのか?自分は何をするのか?と、 今までよりも深く考えるようになるでしょう。

そして、オンラインコミュニケーションの良いところは、 リアルで出会うのとは比べようもない位、 ものすごく沢山の人と出会える可能性があるので、 考え方の近い人や、自分と同じようなことをやっている人などと より簡単に繋がれることです。

未来では、こういう出会いやつながりの事を 友達と呼ぶようになるのかもしれません。

私は、今までも、なんとなく気が合うだけの友達を たくさん増やしたいとは思いませんでしたが、 コロナ騒動によって、オンラインでのつながりの良さを再確認して 「自分のやりたいことをちゃんとやっていこう」 という気持ちが強くなりました。

そして、そうすることの先に、 それぞれの活動を通して、出会える人がいるでしょう。

その人が、友達になるのか?ライバルになるのか?憧れの人になるのか?師匠になるのか? 分かりませんが、 そういう出会いを楽しみつつ、 自分は自分の道を進んでいこうと思っています。



スポンサードリンク
HOME > 友達がいない社会人や主婦。コロナでどう変わった?【ミニマリストの友達観】

こちらの記事も参考にどうぞ